いつも愛してくれてありがとう、これからもよろしく!そんな愛、感謝の言葉と共にクリスマスに送りたいギフト。プレゼントの選択肢こそいろいろありますが、やっぱり女性はジュエリー大好き!

だけどどんなジュエリーを選ぶべきか、またはどんなアイテム、価格帯のものを選んでいいのかわからない男性陣は少なくないはず。今回はクリスマスという特別な一夜にピッタリなジュエリーギフトの選び方、オススメラインを徹底解説してみたいと思います。

クリスマスギフトにジュエリーを選ぶうえで注意したいこと

クリスマス、今年はどんなギフトを選ぼうか?と考えたときに、まず第一候補に挙がるのがジュエリーではないでしょうか?ここではクリスマスプレゼントとしてジュエリーを送るうえで、注意したいこと、覚えておきたいことをまずは考えてみましょう。

女性の年代、美的価値観に合うジュエリーを選ぼう

お金をかければいいというものでもありません、そしてブランドものを選べば万事OKとも言えない、それがジュエリー選びの難しいところでもあります。

男性がジュエリーをプレゼントするにあたり、一番意識してほしいこと、それはプレゼントされる側の年齢、価値観に合うジュエリーをチョイスできるかに限ります。

例えば10代、20代前半の女性に重厚なゴールドチェーンのネックレスや、大振りの宝石がセットされたリングを選んでも、まだまだそれらを使いこなせる女性は少ないはずです。

逆に30代、40代にもなれば良いもの、悪いものの区別がきちんとできているので、それなりの品質のものをTPOに分けて着用するようになります。

このように同じ女性であっても年齢層に合わせたシックリ感はジュエリーを愛でる上で大切な要素になってくるので、彼女の好み、価値観を踏まえて、年代にマッチするデザイン、質のものを予算内でチョイスしていきましょう。

よく聞かれるギフトとしてのジュエリーの予算に関しては、それこそ値段がすべてではないので明確な答えは出せません。参考としてあえて答えるならば、10代で1万程度、20代で数万~5万、30代以降は5万~、といったところでしょう。

覚えておいてほしいのは前述のとおり、プレゼントの価値は値段ではなく、いかに女性の立場でジュエリー選びをできているかに尽きます。彼女が成熟した大人の女性なのか、それともカジュアルなファッションを楽しむ年代なのか、その点を十分留意してクリスマスギフトを選びましょう!

あなたは彼女のリングサイズきちんと把握している?

「おぉ、このリング可愛いかも!」と彼女の喜ぶ顔を思い浮かべても、そういえば肝心のサイズが分からない……というパターンのなんて多いこと!

分かっているようで分からない、それが指のサイズというものです。もちろんサイズ直しをすれば問題ありませんが、やはりギフトとして送るのならば、ピッタリのサイズのものをプレゼントしたいものですよね。

しかし直接彼女にリングサイズを聞くのも頂けない、そう感じる方もいることでしょう。そんな時は、彼女が寝静まる深夜までWaiting。

紙(マスキングテープなど)または糸、プラスチックコードを用意して、プレゼントしたい指に巻き付けて、そっとリングサイズを測ってしまいましょう!

目安としては第二関節当たりに巻き付けて、リングサイズを測るのですが、決して強く巻きすぎないこと!また時間によって指のサイズも異なるので、時間をおいて数回巻き付けて、限りなく正確なリングサイズを測るように心がけましょう。

指のサイズがどうしてもわからない!そんな時はネックレスをオススメする理由

クリスマスに喜ばれるジュエリーはリング、ネックレスそしてブローチと答える女性が多いのですが、大きさを図る必要のないネックレスはクリスマスプレゼントの定番アイテムです。

ゴールド、プラチナ製のネックレスは手持ちのジュエリー、洋服との相性も良いため、季節を通して着用できる点が大きなメリットと言えます。

しかしネックレスは首元のオシャレを司る大切なチャーミングポイント、そのためネックレス選びは慎重になる必要も……。

一緒に買いに行ける場合は問題ありませんが、クリスマスのようなサプライズプレゼントを購入する場合は、基本シンプルイズベストを念頭に選びましょう。

あくまで流行に左右されない日常使いできるシンプルデザインであること、そしてメタルは18Kまたはプラチナなどの高品質なものを選ぶのがベター。

特にオススメはTPOを選ばずに着用できる、一粒ダイヤモンドネックレス。ダイヤモンドネックレスは世代を超えて人気のデザインなので、プレゼント選びに迷ったらダイヤネックレスをチョイスするのもいいかもしれませんね。

聖なる夜にジュエリーをプレゼント!女性が喜ぶデザインジュエリーはコレ

肌寒くなるとぬくもりが恋しくなると同時に、ジュエリーで着飾る機会も多くなります。厚手のコート、セーターには胸元にネックレスが映えますし、リングにブローチだってファッションに合わせて大活躍!

そんなジュエリーが似合うウインターシーズン、いったいどんなジュエリーを選んでプレゼントすればいいの?ここではクリスマスにプレゼントしたい、オススメのジュエリーをご紹介していきたいと思います。

よく見かけるデザインとしてホワイトゴールド、プラチナを使用し、ダイヤモンド、パールなどであしらったものも素敵。特にパールがセットされたジュエリーは、クリスマスシーズンにピッタリなデザイン性の高さが自慢で、20~30代の女性に人気のあるデザインモチーフとなっています。

ただしデザインやパールの使い方によっては、カジュアルな印象を与えることもあるので、大人の女性に贈る場合は季節を通して着用できる、シンプルなデザインのものを選んだほうがいいかもしれません。

またフラワー、ハートモチーフ、またはラッキーチャームとしても有名な馬蹄デザインデは、世代を問わず人気が高いので、これらのデザインを軸にダイヤモンドや誕生石がセットされているものを選ぶのもOK!

クリスマスにはオールシーズンを通して、最もジュエリー選びの幅が充実するときです。モードに合わせたジュエリーをチョイスするのも素敵ですが、日ごろから彼女の指元、首元を見て、彼女の好みを事前に把握しておくことも忘れないでくださいね!

ダイヤモンドもいいけれど今話題の人気宝石もオススメ

ダイヤモンドの永遠の輝きを聖夜にプレゼントする、なんともロマンあふれるチョイスでしょうか。ダイヤモンドはファッションに関わらず映える宝石なので、クリスマスギフト選びの第一候補になりますが、カラーストーンの存在も忘れてはなりません。

様々なカラーストーンがありますが、最近人気の高い宝石をいくつか紹介してみましょう。

まずカラーバリエーションが豊富なトルマリンは、その鉱物的価値というよりも、唯一無二のカラーリングが特徴的。また高貴なバイオレット、そしてその希少価値で人気が鰻登りのタンザナイト、カラーチェンジが魅力のアレキサンドライトも女性に大人気。

カラーストーンは自己主張が強いように思えますが、それぞれの石の意味を込めて愛用する方も多く、プライベートだけでなくビジネスシーンでもファッションのアクセントになるはず。

因みにトルマリンは10月の誕生石で石言葉は「友情」、「忍耐」、タンザナイトは12月の誕生石で石言葉は「神秘」、「誇り高き人」、アレキサンドライトは6月の誕生石で石言葉は「安らぎ」、「情熱」です。

このように石言葉を参照にしながら彼女にピッタリな石を選んだり、今大人気のレアストーンジュエリーをプレゼントするものあなた次第。

あなたの愛と思いはジュエリーの値段を超越した付加価値を生むということを念頭に、後悔のない素敵なギフト選びをして二人の愛を育んでいきましょう。

まとめ

今回はクリスマスに送りたいジュエリーを特集してみました。男性陣にとってジュエリーギフト選びはなかなかハードルが高いかもしれませんが、ぜひぜひ今回のコラムを参考に愛する彼女のために、素敵なジュエリーを選んであげてくださいね!

K18YG シトリン フックピアス