職場や学校に憧れの女性がいるけれど、なかなか距離を縮めにくい。そんな悩みはありませんか?
仲は良いけれど、なんだか弟扱い。先輩と後輩という関係から、恋愛を意識した関係に持っていくにはどうしたらいいのか?そんな方に、おすすめの方法をご紹介します。
それは、お祝いにはジュエリーネックレスを贈ること。その3つの理由をご紹介します。

1. 後輩からでも女性扱いされるのは嬉しい

一人の異性として特別視していない人からでも、女性らしいプレゼントをされたらドキッとしてしまうもの。スイーツや雑貨のようなどこにあるものではなく、ジュエリーを贈られたら緊張してしまいます。
異性としての特別な意味を感じ取り、相手の気持ちを即座に理解するでしょう。
もしも、男として意識されていないかも?と感じたら、プレゼントにネックレスを選んでみてください。美しい輝きを放つジュエリーネックレスは、最高に女性らしさを感じ取るプレゼントです。自分を女性として見てもらえたことに驚きつつも、喜びの気持ちを隠せないでしょう。
遠慮して断ったとしても、気持ちとしてはとても嬉しいはず。彼女に一歩近づきたいのなら、恋人に贈るようなネックレスを選ぶのがおすすめです。

2. かわいいと思っていた彼の大人っぽいチョイスにドキッとする

後輩男子をお子さま扱いする女性は多いもの。精神年齢が先に成長してしまいがちな女性にとっては、同年代の男性だって、「子供っぽい」と思ってしまうものです。
プレゼントを渡す際、チョイスを間違ってしまっても、ガッカリされることはありません。ヘタなチョイスのプレゼントでも、微笑ましく受け入れてくれるでしょう。
ですが、それではかわいい後輩キャラから卒業することはできません。男らしさを見せたいのならば、ぜひ、ネックレスを選んでみてください。
美しいジュエリーネックレスをプレゼントされたら、そのセンスに驚きます。恋人でもないからと気を使い過ぎてしまうと、無難なものを選びがちになります。そのため、せっかくのイベントを活かしきれず、その他大勢の男性から抜け出すことができません。
プレゼントと同じ価値の存在感しか、残せないのです。
「重荷に思われたらどうしよう?」と小さく怯えず、サラリとネックレスを用意できる男気には、ドキッとさせられてしまうもの。後輩を見る目が変わり、大人として意識してしまいます。

3. 興味本位ではない、真剣な気持ちが伝わる

普段から好意を伝えているのに、まったく相手にされない。そんな後輩男子にこそ、ネックレスがふさわしいでしょう。
決して嫌われてはいないのに、うまくいかないのは、「彼はきっと、興味本位で自分に近づいてきているのだろう」と、誤解されているからかもしれません。特に年齢が離れるほどに、彼女は自制心を働かせてしまいます。世の中では、若い女性が好まれる傾向にあることから、自分に本気になるはずがないと思ってしまうことも。
女性にとっては、相手の男性が年下であることが、積極的になれない理由になることも珍しくないのです。
そんな彼女に本気な気持ちを伝えるのならば、やはりプレゼントであらわすのがいいでしょう。言葉よりも説得力が増し、本当に好きな気持ちが伝わるようになります。
好きな女性、愛する女性にしか選びたくないプレゼントを選び、思いをぶつけてみましょう。

なぜ、ジュエリーネックレスが向いているのか?

身を飾るだけのファッションアクセサリーよりも、女性らしい華やかなジュエリーが必要なことが理解できても、ネックレスである必要性が分からない人も多いでしょう。
ネックレスはピアスやイヤリングよりも存在感がありつつ、指輪よりも選びやすいもの。ピアスやイヤリングでも構いませんが、誰にでも似合う小ぶりのデザインでは説得力が弱く、デザイン性のあるものは、彼女の趣味に合わないリスクが増します。単純に男性から女性から贈るプレゼントではなく、「異性として意識させる」という大きな目的があるため、ピアスよりも大きな輝きを持つものが、ふさわしいでしょう。
指輪はサイズが分からないと贈りにくいため、恋人でも内緒で選ぶのが難しいアイテムです。ネックレスは、小ぶりなタイプでも存在感が大きく、強い愛情をあらわすにはピッタリなプレゼント。
彼女の女性として魅力的なところを伝えつつ、幸せを願うような優しいデザインを選んでみましょう。
K10WG アクアマリン ネックレス

彼女の誕生日や昇進祝い、ホワイトデーのお返しなど、プレゼントをあげても不自然ではないイベントをおおいに利用し、強く仕掛けてみてください。
一瞬とまどわせてしまっても、男性として意識させることができれば、今までとは違う関係が始まるかもしれません。
もちろん、すぐに恋人になれるとは限りませんが、まずは可憐なジュエリーネックレスで、彼女の気持ちを動かしてみましょう。年齢差を感じさせない誠意ある行動に、きっと喜んでくれるはずです。