男性から女性へのアクセサリーの贈り物は、女性にとっても忘れられないプレゼントになります。
そんな大切な思い出になるアクセサリー選びを失敗しないための5つのポイントを抑えて、女性の笑顔が見られる一生記憶に残る贈り物にしましょう。
好みにピッタリのアクセサリーだと一番ですが、自分のことを思いながらアクセサリーを選んでもらった時間は何より嬉しいプレゼントです。
ですから贈る女性を思い浮かべながら、その人に似合う最高のアクセサリーを選びましょう。

普段身につけているアイテムを選ぶ

プレゼントしたい女性が普段から同じネックレスやピアスなどのアクセサリーを身につけていると、それ以外のアイテムをプレゼントしたほうが使ってもらえると思ってしまいがちですが、そこが落とし穴です。
たいていの場合アクセサリーは自分の使いやすいものを身につけているので、その人の持っているアイテムと同じものを選んだほうが使ってもらえます。
たとえば普段からピアスをする女性には指輪やネックレスではなくピアス、ネックレスを毎日身につける女性にはブレスレットよりもネックレスをプレゼントすると喜ばれるでしょう。
いつもつけているものと違う系統のデザインのアクセサリーでも、日によって使い分けたり気分によって変えてみたりできるので重宝されること間違いなしです。

いつものスタイルに合わせやすいものをチョイス

プレゼントにアクセサリーを贈ろうと決めたら、まずはいつもの女性のファッションに注目してみましょう。
どんなスタイルの彼女を想像できますか?その女性の持つ最大の魅力を引き出すアクセサリー選びは、普段のファッションに大きく影響を受けます。
ですからTシャツやデニムのようなカジュアルなテイストが好みの女性にはカジュアルなアイテムを、スタイリッシュな服装の女性には洗練されたシンプルなアクセサリーを選ぶと女性を最大限に輝かせることができるでしょう。
また色使いにも目を光らせてみると、その女性の好みがわかってきます。
普段ピンクやオレンジ、ブラウン、レッドなど暖色系を身につけているなら同じ系統のカラーの天然石や温かみのあるデザインを選び、ブルーやグリーン、グレーやブラックなど寒色系を好む女性には寒色系のアクセサリーを選ぶと身につけた時にとても素敵です。

他のアクセサリーと地金は同色にする

もしプレゼントを贈る相手がいつも身につけているアクセサリーがある場合は、そのアイテムと地金の色を揃えるとスッキリしておしゃれに見えます。
たとえばシルバー系の指輪をしているなら同じシルバーがおすすめ!ゴールドならゴールドの地金のネックレスやピアスを探すと良いでしょう。
またゴールドの中にもホワイトゴールドやピンクゴールドがあり、微妙に色合いが違ってくるので前もってどんな色のアクセサリーをつけているのかチェックしておく必要があります。
地金の色は大きく印象を左右するので、その人の好んでつけている色合いに合わせるのが無難ですが、ネックレスとピアスのセットなどアクセサリーをコーディネートして贈る場合は、あえて普段選ばない地金のセットを贈っても気分転換やイメージチェンジになり喜ばれるでしょう。
男性が自分に似合うと思って選んでくれたものなら、いつもはなかなか挑戦できなくても着けて見ようと思うので、大切な女性の新しい魅力を引き出せるかもしれませんね。

ライフスタイルに合ったデザインにする

オフィスでも目立たないデザインを選ぶOLさん、また家事をやる女性は指輪をしていなかったり、子育て中の人は引っ掛けそうな揺れるピアスのデザインを選ばなかったりします。
ですからライフスタイルに合ったデザインを考えて選ぶと使いやすく、女性から喜ばれるでしょう。
主にチェックポイントは贈る相手の職種や家事育児の有無などですが、趣味やスポーツを楽しむ女性だとその際に使いやすいかどうかの配慮も必要です。
アクセサリーを贈る相手のちょっとしたライフスタイルのリサーチをしておくと、きっとアクセサリー選びの役に立ちます。
また選ぶときに気にして見ていきたいデザインのポイントは、アクセサリーの大きさや形、全体的な印象やカラーです。
贈る相手がどんな一日を過ごすのか、どんな休日を過ごすのか想像しながらピッタリのものを見つけてみてくださいね。
女性のライフスタイルに合ったアクセサリーのプレゼントが出来れば、大切に毎日身につけてもらえるでしょう。

女性が気負いしない金額設定が大切

記念日や誕生日の贈り物など、アクセサリーを贈るシチュエーションは様々だと思いますが、その贈り物の金額がTPOに合っていない場合や、受け取りにくいほど高価なものだとプレゼントが逆効果になってしまいます。
本当は感謝の気持ちを込めて贈ったつもりでも女性にとっては重く感じてしまったり、自分もお返ししなくてはと気負いしてしまったりすることがないよう金額設定を考えましょう。
女性からもらったプレゼントがあれば、その金額に少し色を付けた程度がベストな金額設定と言えます。
さらにそこに感謝の気持ちをプラスしてスペシャルなアクセサリーを選ぶと素敵です。