なにか彼女や奥さんにプレゼントしたいなあ、なんて思われたなら、絶対ジュエリーがオススメ。ジュエリーはできれば男性から贈られたい。そんな考えはやや古いとお思いでしょうか。でも実のところ、さばさばしていて中性的な女性ほど、そんな思いを密かに抱いているものです。ジュエリーを男性から贈られることは、女性にとってひとつの夢なのです。
ここいちばん、という時に彼や旦那様からいただいたジュエリーを身につけていると、守られているようでなんとなく安心できるという女性は多いもの。そもそもジュエリーを身につけることは魔除からきているということから考えても納得ですね。
女性の多くはTPOに応じて、ジュエリーを使い分けています。どんなシチュエーションの時にどんなジュエリーが欲しいのでしょうか。

仕事のシチュエーションではシンプルなデザイン

新入社員になった、新しく職場を変えたなどの記念にジュエリーを贈るととても喜ばれます。
仕事のシチュエーションでは、意外にジュエリーが活躍するので、必需品といってもいいかもしれません。営業、プレゼンテーション、大事なお客様をご案内するなど、本物のジュエリーを身につけているだけで評価がぐっと上がるシチュエーションが多々あるのです。
同僚の女性たちも見ていないようでしっかりチェックしていますし、首元や耳元に本物のジュエリーがあるだけで女性は俄然仕事に身が入ります。
でももちろん仕事の場なのですから、華美なデザインは避けたいもの。ネックレスもピアスも、シンプルデザインが望ましいでしょう。
フラワーモチーフのネックレスなら女性らしく、ルビーの輝きがさりげなく目を引きますからオススメです。
心葉 ルビー ホワイトトパーズ フラワーブレスレット K10

アニバーサリーのレストランではデザイン重視

例えばバースデーや記念日。なにかお祝いごとがあった時、レストランに行くこともあるでしょう。普段行かないようなラグジュアリーなレストランなどで、ジュエリーがあれば女性は少しだけ、胸を張っていることができるものです。
そんなシチュエーションで身につけたいのは、デザインの素敵なジュエリー。ちょっと大き目なデザインだと気持ちも高まりますね。たとえばアメリカンピアスは耳元でゆらゆら揺れて、女性を魅力的に見せてくれます。
大き目のデザインは難しいと思うかもしれませんが、ドレスはごくシンプルにして、アクセサリーはピアスだけにすればとってもスタイリッシュ。シンプルなドレスもついでにプレゼントしてみては?
K18YG ダイヤモンド アメリカンピアス

同窓会ではステイタスのあるジュエリー

女性がジュエリーをつけたいシチュエーション、ナンバーワンかもしれません。かつての同級生たちに、ちょっぴりしあわせを自慢したい、そう思うのは自然なことです。同級生の女性たちのおしゃれ合戦にジュエリーで対抗したってたまにはいいでしょう。
そんな時に身につけたいのは、ステイタスのあるジュエリー。宝石で言えば、ずばりダイヤモンド。ダイヤは婚約の時に贈ったよ、という声もあるかもしれませんが、ダイヤのリングは既婚女性はたいてい持っているものです。ですから、ネックレスやピアスなどで贈りたいもの。
ダイヤモンドだからといって尻込みする必要はありません。ダイヤの輝きは小さくともしっかり目にとまります。胸元や耳元をさりげなく光らせる本物が女性は欲しいのです。それもシンプルなデザインであれば、贈る方も贈られる方も嬉しいギフトになります。
K18PG ダイヤモンド 一粒 ネックレス

入学式など、お子さんのイベントで

ご家庭の一大イベントといえば、お子さんの入学式、卒業式でしょう。おとうさんおかあさんが、お子さんの成長を実感できる大切な1日です。
このような時、女性が身につけたいのはやはり真珠です。結婚式や葬儀などフォーマルなシチュエーションで活躍するジュエリーですが、お子さんのイベントに合わせたコンサバティブなスーツやワンピースにもぴったり。
真珠というと、粒の連なったネックレスを思い浮かべるかもしれませんが、そのようなネックレスは他のおかあさん達とかぶってしまうので、一粒大きな真珠があしらわれているデザインのネックレスだとさりげなくて素敵です。
K18YG アコヤ真珠 ネックレス

また、お子さんのイベントというと、参観日というものがあります。参観日も奥さんが服装で頭を悩ませるシチュエーションのひとつです。派手にしては悪目立ちしますし、地味すぎてもあとでお子さんが恥ずかしい思いをするかもしれない。そんなシチュエーションでは、ジュエリーを身につけることで、コーディネイトがうまくまとまってくれます。
ジュエリーといっても、ちいさくてややカジュアルなデザインの方がいいでしょう。たとえば、ハートモチーフのネックレスであれば、上品で可愛らしく、でも子供っぽくないので、同級生のおかあさん達の受けもいいでしょうし、お子さんもおかあさんを誇らしく思うでしょう。
心葉 ダイヤモンド ハートネックレス K10

女性がジュエリーを身につけたいシチュエーションをご紹介しました。
本物のジュエリーを身につけることで、女性は自分に自信を持つことができ、いつも以上に輝くことができます。
そんなジュエリーをイベントに合わせてプレゼントすれば、あなたの株が上がることはまず間違いないでしょう。