色と遊ぶと書いて遊色効果、オパールに見られる光学的な現象のことですね。まどろみの中に虹を閉じ込めたような幻想的な姿は人々を魅了してなりません。

その中でもカンテラオパールと呼ばれるオパールは、まるで小さな卵に虹を詰め込んだような独特な姿を見せ、石フリーク達の心を鷲掴みにしています。

今回はそんなカンテラオパールの魅力を徹底解剖していきたいと思うので、ファイアーオパール、ウォーターオパールとはまた異なるオパールの魅力を皆さんにお届けしていきたいと思います!

カンテラって何?カンテラオパールと普通のオパールの違い

カンテラオパール、なんか聞いたことあるぞという方もいることでしょう。オパールだけど、オパールっぽくないそのルックス、ここではその正体と溢れんばかりの魅力についてお話していきたいと思います。

カンテラオパールは母岩付きオパールのこと!

カステラではなくてカンテラ。カンテラオパールのカンテラっていったい何なのでしょうか?カンテラとはスペイン語でCanteraと書き、「採掘場、石切り場」を意味します。意外にも宝石名にスペイン語が付けられることは少なくなく、その理由は主に産出場所に関係しています。

つまるところ、スペイン語が話される地域で取れるオパールであり、そのネーミングからわかる通り、遊色効果がギラギラのオパールというよりはどこか土臭い印象を感じさせます。

ここで正解を言ってしまうと、カンテラオパールは主にメキシコで産出されるオパールのことで、母岩に抱かれたオパールのことです。母岩付きのオパールという訳で、その前面がギラギラの遊色効果を見せるわけではなく、あくまで研磨された一部分に妖し気な遊色効果を覗かせる、まるで卵のようなルックスのオパール。

鮮やかなオレンジ色が美しいファイアーオパール様のカンテラオパールがあれば、澄んでブルー系の色合いを見せるウォーターオパール系の物も少なくありませんし、ほとんど遊色効果が見られないカンテラオパールもあります。一言でカンテラオパールと言っても、その特徴は一言で述べることはできない美しさを誇ります。

基本的にカンテラオパールがファセットカットを施されることはなく、その母岩、オパール部分を丁寧に研磨したカボションカットとして市場に流通しています。

気になる産地はどこ?カンテラオパールはメキシコ産一択?

カンテラオパールは基本的にメキシコで産出されたものを、カンテラオパールと言います。しかしオパールはメキシコ以外でも、オーストラリアやエチオピア等でも産出しますが、それらも母岩付きならカンテラオパールと呼ぶのでしょうか?

その語源から考えても正統なカンテラオパールはメキシコで産出され研磨されたものをいいますが、実際はオーストラリア産などのオパールも特徴的なオバールフォルムに研磨された母岩付きのオパールならばカンテラオパールとして認知しているのが現状です。

厳密に言えば産地によってオパールの種類も異なるので、メキシコ産のカンテラオパールと混同するのは推奨できませんが、母岩付きのオパールを総称としてカンテラオパールというネーミングで呼んでいます。

偽物が市場に多く氾濫している!?

多くの宝石の偽物が市場に流通するように、愛好家に愛されるカンテラオパールの偽物もしばし確認されます。

例えば遊色部分が母岩に対して明らかに多い、吸い込まれるようなブルーのオパールが美しくコンパクトに収まっているもの、様々なオパールが一つの母岩に点在しているものなどは要注意!

その真贋は難しいのですが、オパール部分の縁の部分にどこか不自然なラインを見かけたら、それらは接着剤の可能性高し。ツルリとした滑らかな肌触り、そんな本物のカンテラオパールを見慣れたら、偽物の違和感ある見た目にハッとすることでしょう。

もし一目を引くような、「これは欲しい!美しい!」と思うカンテラオパールを見かけたら、もしかして……と疑う姿勢も必要になってきます。

カンテラオパールはオパールの中でも比較的手の届きやすい値段ではありますが、中にはこのような模造オパールが紛れ込んでいるので、見た目の割に安いものを見かけた際は安易に手を出すのは厳禁です。

天然カンテラオパールのジュエリーがカワイイと話題!?

カンテラオパールのルース自体は多くのジェムショー、宝石店で販売されています。卵型のツルリとしたカンテラオパールは宝飾用というよりは、観賞用として人気が高くなっています。

しかし中にはそこはかとなく覗く遊色効果を楽しむ為、アクセサリーとして身に着ける方も少なくありません。ここではそんな身に着けるカンテラオパールの楽しみ方について解説していきたいと思います。

原石をたっぷり使ったアクセサリーはポップな可愛さで人気を集める

基本的にボルダーオパール、ファイアーオパール等と異なり、遊色効果が限局されていること、ファセットカットに研磨されないことなどからジュエリーとして加工されることは多くありません。

しかし恐竜の卵のようなキュートなシェイプが逆に強烈な存在感を見せることあり、特にシルバーを使ったアクセサリーに多用されるようです。

カンテラオパールのオリジナルシェイプを大胆にフィーチェーしたペンダントヘッドは非常によく見かけます。母石の大地色とシルバーが共鳴し合うように重なり合い、何とも得ない渋い魅力を醸し出します。

この他にも遊色効果が比較的大きいカボションカットのカンテラオパールはリングとしてセットされることもあり、いつものオパールとはまた異なる独特な輝きを指先で楽しめます。

スタンダードでジュエリー加工向きの宝石ではありませんが、日常使いにピッタリな使いやすさとオリジナリティーの高さが共存するアイテムになることは間違いなし!

比較的小粒でカボションカットの物であれば、アイデア次第でキュートなオリジナルジュエリーとして楽しむこともできるので、ちょっと異端なオパールジュエリーをコレクションに加えるのも面白いかもしれませんね!

まとめ

今回は特に石マニアの方に人気の高いカンテラオパールの魅力について解説していきました。

オパールは好みが分かれる宝石ではありますが、このカンテラオパールは心のワクワクを刺激するようなキュートな卵型、円形の物が多く、鑑賞用としても十分楽しめる宝石です。

遊色効果の強弱、その色合いはまるで十人十色の人の個性のようで、どんなカンテラオパールに巡りあえるのかを楽しみにしながら、お気に入りの子を探してみるのも楽しいかもしれませんね!