「ワンツーコーデ」という言葉を聞いたことはありますか?聞いたことはなくても実際には何気なく着こなしているという人がたくさんいる定番スタイルのひとつです。ワンツーコーデとは、トップス1枚ボトムス1枚の計2枚で構成するスタイルを指します。カットソーにパンツ、ブラウスにスカートなど…。特に薄着になる夏にはおなじみの着こなしなのではないでしょうか。

ワンツーコーデの魅力は?

ワンツーコーデは簡単にコーディネイトを完成することができるのが最大の魅力です。重ね着必須の冬や、羽織物を持ち歩く春や秋とは違って、夏はシンプルな装いを楽しみやすい季節です。特に昨今の夏の気温はとても高く、少しでも薄く涼やかにと考える人が多いですよね。そんなときにこそ2枚で成立するワンツーコーデです。
ただしワンツーコーデは誰しもが簡単に取り入れるスタイルです。適当にチョイスしてしまうと、いかにも普段着といった装いになりがち。お友達とのランチやショッピングから授業参観などの学校行事。ワンランクアップさせたいきれいめワンツーコーデを目指すなら、押さえておきたいポイントがあります。

ワンツーコーデをワンランク上げるために

●テキスタイルにこだわる
スッキリとした無地の美しさはワンツーコーデにはシンプルすぎて少し物足りなさを感じることがあります。そんなときにはドットやフラワープリントなど様々なテキスタイルの中から自分らしいものを選ぶのもいいですね。その1枚がコーディネイトの主役となりバランスが整います。
●デザイン性の高いものをチョイスする
トレンドの変化に詳しい人はそのときに流行しているデザイン性の高いアイテムを取り入れるのもいいですね。例えば同じ単色のボトムスでもフルレングスのようにボリュームのあるものが人気の年もあれば、ぴったりとしたスキニー型が流行る年もあります。
他にはスリーブにボリュームを持たせたデザインのトップスもおすすめです。ジャケットやカーディガンを重ねないのでスリーブデザインそのものをたっぷりと見せることができます。
●バッグやストールなどの小物でアクセントに
お洋服2点のみで構成するということは必然的に小物が占めるバランスが大きくなります。シンプルな装いだからこそ、手にする小物類にも気を配りたいですね。帽子、眼鏡、ストール、バッグなど…小物の大きさや配色などもポイントになります。
●こだわりの靴と合わせる
靴に気を配っているなと感じるスタイルは、全体的にオシャレに見えるもの。高いヒールを履くという方法以外にも足元に差し色を持ってくるなど、靴のオシャレまで気を配ることができると楽しさの幅がグッと広がります。サンダルやミュールなど夏の靴は気分を上げてくれるものがたくさんあります。足元の装いも色々楽しんでください。
●アクセサリーで華やかさをプラス
シンプルにまとめたワンツーコーデに大人の雰囲気を加える簡単な方法が、上質なアクセサリーを付け加えるという方法です。アクセサリーの嬉しいところはさりげなく寄り添うところ。何パターンにも及ぶワンツーコーデに合わせることが可能で、そのそれぞれの着こなしを華やかに変化させてくれるパワーがあります。
シンプルな着こなしになりがちなワンツーコーデでは少し大ぶりなピアスなどを選んでもくどくなりません。アクセントになるようなものを選ぶとスタイルも締まって良いでしょう。

きれいめスタイルに合わせる大ぶりなピアス

ワンツーコーデに映える少し大ぶりなピアスを集めてみました。本物のジュエリーは大ぶりでも品格があります。大ぶりなピアスは少し抵抗があるな…という考えもあるかと思いますが一度試してみてください。その活躍の幅を感じていただけるかと思います。大人のきれいめワンツーコーデに欠かせないアイテムです。
K18YG アコヤ真珠 フックピアス

柔らかさとスッキリ感が混在する、デザイン性の高いピアス。パールの品格がキレイめスタイルにスッとハマります。揺れ動くタイプは涼やかに見えてワンツーコーデの季節にもピッタリです。

K18YG フックピアス

お花のようにも見えてフェミニンな印象のピアス。ドレープなどと組み合わせてきれいめスタイルを作り出すのはいかがでしょうか。花びら部分の一枚一枚にカットが施され、より美しく見えるよう追求されたデザインになっています。揺れるたびに輝き、華やかに見せてくれます。

K18YG フックピアス

どこかエスニックな雰囲気漂うピアス。その雰囲気からノースリーブとの相性も良く、シックなシンプルコーデに合わせるとお顔周りがパッと明るくなる一品です。大ぶりですが透かし模様で軽やかな印象を受けるデザインです。

まとめ

簡単に仕上がるワンツーコーデだからこそ、細かいところに気を配りたいものです。普段着と差をつけるきれいめワンツーコーデのポイントを押さえておけば、簡単にその日のスタイルが決まります。薄着を楽しむ季節に大活躍のコーディネイトとなるでしょう。