ガーネット、和名で柘榴石。その美しく深い深紅色が柘榴を連想させる美しい宝石。非常に多くの種類に分かれることで知られるガーネットの中ですが、日本人にとっても非常にスタンダードなのが今回ご紹介するロードライトガーネットです。

ここでは間違って認識されやすいロードライトガーネットの組成から特徴、その意味合いまでを考察していきたいと思います。

ロードライトガーネットは2種類のガーネット固溶体だった!

赤褐色の宝石=ガーネットと認識している方も多いと思いますが、ガーネットはその化学組成の違いにより分類され、非常に多くの種類のガーネットが存在しています。

大きく分けるとアルミニウムを主とするパイラルスパイト、もう一つはカルシウムを主とするウグランダイトに2系統に分かれ、今回ご紹介するロードライトガーネットは前者のパイラルスパイトに属するガーネットです。

ここでは私たちにとっても身近なロードライトガーネットについてお話していきたいと思うので、ロードライトガーネットのジュエリーをお持ちの方はぜひぜひ最後までお読みください。

ガーネット族のおさらいと固溶体の意味

ロードライトガーネットはパイラルスパイトに属するガーネットであるとお話いたしましたが、パイラルスパイトにはパイロープ、アルマンダイン、スペサルタイトガーネットに別れます。

つまりロードライトガーネットは固有の化学組成を有するガーネットとしては存在せず、いくつかのガーネットが混じりあうことで初めてロードライトガーネットが生まれるのです。

この異なる二つ以上の鉱物が混ざることを固溶体と言い、この固溶体グループの存在がゆえにガーネットという鉱物をより複雑にそして興味深いものにしていくのですね!

なおガーネット族には大きく分けて、ロードライトガーネット、マリガーネットそしてマラヤガーネットという3つの特徴的な固溶体が存在しています。

パイロープ、アルマンダインガーネットの固溶体がロードライトガーネット

ロードライトガーネットはパイロープ、アルマンダインガーネットの固溶体であり、独特のワインレッドの色合いが特徴的。見方によってはアメジストにも見えるロードライトガーネットは、ディープレッド、ラベンダー、赤紫色を呈します。

基本的な特徴はパイロープ、アルマンダインガーネット両者のものを受け継ぎますが、鉱物に含まれるパイロープ、アルマンダインガーネットの含有率はそれぞれ異なります。アルマンダインガーネットが多く含まれると暗い赤色、パイロープガーネットが多いとよるクリアなワインレッド色を呈するようになることも覚えておきましょう。

ロードライトガーネットとパイロープ、アルマンダインガーネットの差異に関してですが、ロードライトガーネットが比重、屈折率共に若干低いので、目視での判別は難しいですが専門機関では比較的容易に鑑別が可能です。

またモース硬度は7.5、劈開性もないというパイロープ、アルマンダインガーネットと同様の性質を有しており、どんなタイプの宝飾品にも加工しやすく、日々のお手入れに神経質になる必要がないことは嬉しいですね!
K18YG ガーネット&ロードライトガーネット ピアス

ロードライトガーネットの産地、希少性からスピリチュアル的な意味合いを紹介

ロードライト、ギリシャ語でローズを意味する「Rhodo」そしてライトは「Lite」は石を示し、古来からもその存在が知られてきました。

ここではそんなロードライトガーネットを希少性と絡めながら、その鉱物的な意味合いについても解説していきたいと思います。

美しい赤紫が特徴のロードライトガーネット!気になる産地とそのレア度は?

ロードライトガーネットが一番最初に発見されたのはアメリカのノースカロライナ州です。発見された当時はラベンダー色の宝石であり、それらは20世紀に入りほぼ枯渇してしまいました。

ノースカロライナ産のロードライトガーネットはアルマンダインガーネットが1モル、パイロープガーネットが2モルの含有率で混ざっていたと考えられます。

現在の採掘場所はアメリカではなく、スリランカ、ケニア、タンザニア、マラウィ、ジンバブエなどで産出されます。しかしアルマンダイン、パイロープガーネットと同様に良質な石が多く発掘されるので、期待されるような希少性はありません。

勿論大粒で高品質のものは若干値段が張る石もありますが、基本的にお財布を圧迫することなく楽しめるガーネットと言えます!

ロードライトガーネットがパワーブレスとして人気を博すその理由

パープルガーネットなる紫が強めのまるでアメジストのような輝き、色を持つ比較的お値段が張るタイプのロードライトガーネットも登場してきました。しかし基本は暗褐色~ラベンダー色の安価な物が多いので、ガーネットを選ぶ際はなるべく色の濃いワインカラーを選ぶのがコツです。

前述のように産出量が多く、宝石自体が安定の耐久力を持っていることもあり、様々なジュエリーに加工されています。その中でもロードライトガーネットの宝石言葉にあやかったパワーブレスレットは大人気!

「勝利、実りある人生」などポジティブな石言葉がある点、そして比較的落ち着いたカラーという点からも、仕事に多忙な男性にもブレスレットとして多用されています。困難な状況にいればいるほど、何か神秘的、つまりはスピリチュアルなものにすがりたくなるもの。

ロードライトガーネットを身に着ける=人生が好転する訳では勿論ありませんが、そんな石の力をどこかで期待しながら、深く味わい深い赤紫を楽しんでみるのも粋なお洒落かもしれませんね!
K18YG ロードライトガーネット ネックレス

まとめ

今回はガーネットの固溶体の一つ、ロードライトガーネットについて解説してみました。皆さんの中でもロードライトガーネットは一つの独立したガーネット種だと思っていた方もいることでしょう。

ロードライトガーネットはアルマンダインガーネットとパイロープガーネットが混ざったものであり、その名前はいわゆる商業ネームとして名づけられました。

ガーネットの中ではスタンダードな種類ですが、男性で楽しめる渋く味わい深いカラーなので、リングやブレスレットとして日常使いしてみることもおすすめです。