女性にジュエリーを贈ろうと思った時、真っ先に気になるのがジュエリーのデザインだと思います。
そして女性に合ったジュエリーを選ぼうと思った時に、そのジュエリーの雰囲気を左右するのがジュエリーの地金の色です。
アクセサリーに使われる宝石のカラーも大切ですが、全体的なイメージを決めるのはベースになる地金と言っても過言ではありません。
ですからジュエリーをプレゼントしようと思い立ったら、まずは地金のカラーそれぞれの特徴やどんな女性に似合うのかを知って、贈り物選びの材料にしましょう。

地金の素材とベースカラーの種類

もともと地金の素材は主にシルバー・ゴールド・プラチナの3種類で、その他にも違う種類の金属を混ぜて作られている18金や10金の表示があるものが存在します。
その地金の素材の中でも、ゴールドはカラーゴールドという他の金属を混ぜる割合によって色味を変化させたものが多数あるので、自分の好みに合ったカラーが楽しめるでしょう。
またカラーゴールドを楽しむ場合は、14金や10金を選ぶとはっきりとした色の違いを楽しめておすすめです。
そして安価なジュエリーの中には表面だけカラーゴールドのように加工されたもので、色の変化や色落ちの激しいアイテムもあるので、しっかり吟味して選びましょう。
色のバリエーションはイエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールド・グリーンゴールド・アンティークゴールドなど、たくさんの中からイメージ通りのものを選べます。
一方でシルバーカラーを持つ地金はシルバーとプラチナの2種類だけで、先に紹介したカラーゴールドのホワイトゴールドを合わせてもシルバーカラーは3つだけです。
地金のカラーをチョイスするときには相手に似合うものをイメージして、その人の雰囲気にピッタリなものを選びましょう。

カジュアルなシルバーの魅力

男性のアクセサリーとして認知度が高いシルバーアクセサリーですが、女性でもカジュアルな服装を好む人やボーイッシュな雰囲気の人に人気が高いです。
シルバーにはよく925の刻印がありますが、これは92.5%が銀でできていることで、純銀に限りなく近いものと言えます。100%銀で作ると硬度に欠けるためほとんどのシルバー製品が銀を92.5%しか使用していません。
シルバーは使い込むと空気中の硫黄成分と反応し、酸化して黒ずんできます。
これはサビとは違いシルバーダスターで拭き上げることで、またすぐにシルバーの輝きを取り戻すのでお手入れも簡単です。
また男性ものなら黒ずんだいぶし銀を楽しむような堀の深いハードなデザインも見かけますが、女性のアクセサリーはまた異なったカジュアルな雰囲気を楽しめるものや、小ぶりでスタイリッシュなデザインのアクセサリーがあります。
あまり気取ってない雰囲気のジュエリーが似合いそうな、デニムコーデなどを楽しむ女性におすすめなのがシルバーです。

様々な肌色に似合うゴールド

ジュエリーの中でも主流の、一番人気の地金カラーがゴールドでしょう。
ゴールドは主に金と他の金属を合わせた合金として販売されているものと、金だけで作られた純金があります。
ただ金だけでは柔らかくて加工しやすいですが耐久性に欠けるため、18金や10金などが近年の人気ジュエリーに多いです。
またカラーゴールドは様々な割合の金属で作られているため色合いが幅広く表現されていて、色白の女性でも小麦肌の女性でも必ず似合うものを見つけられるでしょう。
その女性の雰囲気に合わせて地金のカラーを選びたい場合は、カラーゴールドを利用して選ぶのもおすすめです。
さらにホワイトゴールドはシルバーやプラチナと同じシルバーカラーですが、もともと金の持つ柔らかで上品な輝きがあるため、ホワイトゴールドは優しく温かみのある輝きのシルバーカラーに感じられます。
一方イエローゴールドは日本人に多いイエローベースの肌に映えるカラーで、肌色に合った地金は女性の魅力をポテンシャル以上に引き上げるでしょう。

洗練されたクールな輝きのプラチナ

プラチナはエンゲージリングなどに多く用いられる素材で、ゴールドと並んでジュエリーの地金の主流です。
プラチナの柔らかさも加工がしやすく、パラジウムと合わせて耐久性がある使いやすい形に仕上げています。
またゴールドに比べると高価なので結婚指輪や婚約指輪、記念日の贈り物としてピッタリで、品質が高い失敗のないプレゼントができるので人気が高いでしょう。
シルバーではカジュアルすぎると感じる場合や、フォーマルな雰囲気の服装に合わせたい場合はプラチナをチョイスするとイメージにピッタリです。
高価なものなので簡単に手が出せないという女性も多く、大切な記念日に贈るジュエリーにはプラチナが喜ばれます。
プラチナはクールでスッキリとした輝きが特徴的で、洗練された美しい女性に似合う涼しげな雰囲気を持つジュエリーが多いでしょう。
またシンプルで使う宝石のカラーでイメージがガラリと変わるため、きっと贈る女性に似合うものを見つけられます。