誕生石を大切な人に贈れば、幸運や健康などさまざまな恩恵をもたらしてくれます。でも、「誕生石っていつプレゼントすればいいの?」「どんな誕生石ジュエリーを選べばいいの?」と悩むこともあるのではないでしょうか?そこで、誕生石の起源からプレゼントするタイミング、さらにどんな誕生石ジュエリーのアクセサリーを選べばよいかについてご紹介します。

誕生石の起源

誕生石の起源は古く、聖書が書かれた時代にまで遡ることができます。

当時、大祭司が身に着けていたエフォドと呼ばれる胸当てがありますが、この胸当てには12個の宝石が付けられていました。

12個の宝石はイスラエルの12部族を表しており、大祭司がイスラエル国民の命運を左右する重大問題を神に問う時、そして神への犠牲の捧げものを捧げる時にエフォドを着用しました。

現在知られている誕生石を提案したのは、ポーランドのユダヤ人宝石商だったとされています。18世紀には、ヨーロッパを中心に誕生石を身に着ける習慣が生まれました。さらに1912年にはアメリカの宝石組合大会で、それぞれの月の誕生石が統一されることになりました。

アメリカをはじめ、イギリスやフランスなど誕生石は国ごとで若干の違いはあるものの、宝石に込められた意味は同じく、ジュエリーを身に着ける人の幸せを願うものです。

日本に誕生石が紹介されたのは1958年のことですが、アメリカで定められた誕生石の基準を採用すると共に、サンゴや翡翠(ひすい)などの宝石も日本独自の誕生石として組み込んでいます。

大切な人の幸せを願う誕生石

誕生石は、大切な人の幸せを願うために贈られます。それぞれの宝石には象徴的な意味が込められており、誕生石のジュエリーを身に着けることで宝石の持つ力が発揮され、幸運を招くといわれています。

国内で定められている各月の誕生石と、石が象徴する主な特色は下記の通りです。

1月:ガーネット
友愛・忠実・真実
2月:アメジスト
平和・誠実
3月:アクアマリン
勇敢・聡明
ブラッド・ストーン、サンゴ も3月の誕生石として知られています
4月:ダイヤモンド
清純

5月:エメラルド
幸福
翡翠(ひすい)も5月の誕生石として知られています
6月:真珠(パール)
健康・長寿
ムーンストーンも6月の誕生石として知られています
7月:ルビー
情熱・仁愛

8月:ペリドット
夫婦の幸福

9月:サファイア
誠実・慈愛

10月:オパール|トルマリン
安楽・歓喜

11月:トパーズ|シトリン
潔白・友情

12月:タンザナイト|ターコイズ
成功
ラピスラズリも12月の誕生石として知られています

誕生石ジュエリーをプレゼントするタイミングは?

基本的に誕生石ジュエリーは、いつでもプレゼントすることができます。

大切な人の誕生日に、誕生石ジュエリーを贈るのもロマンチックでしょう。

また、二人が付き合い始めた記念日や結婚記念日、そしてバレンタインやクリスマス等の機会に贈ることもできます。

誕生石の楽しみ方-月替わり式と固定式

誕生石をプレゼントする場合、「月替わり式」と「固定式」のどちらにするかを決めておくと良いでしょう。

一般的に、誕生石を大切な人にプレゼントする場合には、その人が生まれた誕生月の宝石を贈る「固定式」が採用される場合が多いかもしれません。

例えば「固定式」だと、4月生まれの人には、4月の誕生石であるダイヤモンドのジュエリーをプレゼントすることができます。
誕生月の宝石を贈る「固定式」はロマンチックな印象を与えますが、必ずしもすべての人が喜ぶものではありません。
中には、「4月生まれだけどダイヤモンドは好みではない」と、自分の誕生月の宝石があまり好きではない、という人もいるでしょう。

一方、「月替わり式」の誕生石利用法とは、月ごとに宝石を変えてプレゼントする方法です。
この場合だと、例えば4月生まれの人であったとしても、七夕の日にプレゼントをするのであれば、7月の誕生石であるルビーをプレゼントすることができます。
「月替わり式」の場合には「固定式」の誕生石よりも、「贈られる側の好みの宝石」をプレゼントできるというメリットがあります。

そのため、誕生石を贈ろうと考えているのなら、贈られる側が自分の誕生石についてどう感じているのかを事前に調べてみると良いでしょう。
その後、プレゼントとして「月替わり式」を採用するのか、それとも「固定式」を採用するのかを決めることができます。
<ポイント>
・固定式   - プレゼントしたい相手が生まれた月の誕生石を贈る
 メリット  - ロマンチックな印象を与える
 デメリット - プレゼントの受け取り側が好みではない宝石を贈ってしまう可能性も

・月替わり式 - プレゼントする予定の月の誕生石を贈る
 メリット  - プレゼントの受け取り側の好みの宝石を贈ることが可能
 デメリット - ロマンチックな印象が薄くなってしまう

プレゼントするならリング?それともピアス?アクセサリーの種類と意味

誕生石ジュエリーとひと言にいっても、その種類はさまざまです。

リングやネックレスをはじめ、ピアスやブレスレットなど、あらゆるタイプのアクセサリーの中からふさわしい種類のものを選ぶことができるでしょう。

実は、アクセサリーは着ける部位やモチーフ、左右どちらに着けるかなどによって意味が異なってきます。

ただ身を美しく飾る装飾品としてだけではなく、誕生石ジュエリーの場合には、石の持つ影響力なども考慮してどんなタイプのアクセサリーをプレゼントするかを決めると良いかもしれません。

下記に、アクセサリーを着ける場所と主な意味についてまとめてみました。

耳(ピアス・イヤリング)
直観力や判断力を高める
首(ネックレス)
コミュニケーションを円滑にする
胸(ロングネックレス)
運気を上昇させる
腕(ブレスレット)
パワーを充電する
左手薬指(リング)
愛の絆
足(アンクレット)
左足首に着けると「恋人」がいる証拠に、右足首に着けると「恋人募集中」の意味になる

誕生石ジュエリーを選ぶポイント

誕生石ジュエリーをプレゼントする際には、下記のポイントに注意してアイテム選びをすると良いでしょう。

  • プレゼントしたい相手の好みの宝石であるかどうか
  • どんなタイプのアクセサリーをプレゼントするか

もしも、誕生月の宝石がプレゼントしたい相手の好みと一致しているかどうか判断できない場合には、どうすれば良いのでしょうか?

中には、「サプライズで誕生石をプレゼントしたい!」「事前に好みを知るチャンスがない」という人もいらっしゃるでしょう。

そのような場合には、誕生石の付いたネックレスやリングよりも、付け替えのしやすいピアスやブレスレットを選んだほうが良いかもしれません。

当然のことながら、プレゼントされる側からすれば、どんなジュエリーでも気持ちを込めてプレゼントされると嬉しいものです。

しかしながら、自分の好みのテイストにぴったり合ったジュエリーなら、さらに一層嬉しく思うことでしょう。

誕生石のジュエリーを選ぶときには、「固定式」か「月替わり式」のどちらを採用するかを検討して、ぜひ贈られる側の好みに合ったジュエリーを選ぶようにしましょう。

ネックレス、ピアスのプレゼントは、宝石鑑別士のいるお店ジュエリーローラでお選び下さい♪