身の周りのさまざまなデザインにおいて使われている模様のひとつに「ストライプ」いわゆる「縞模様」がありますよね。ファッションひとつ取り上げてみてもシャツやスーツ、スカート、パンツ。たくさんのアイテムにさまざまなストライプが採用されています。スッキリと美しく、その日のスタイルのポイントになってくれるストライプ。シャープで大人っぽい雰囲気のものから爽やかなものまで、デザインの幅も広く多くの人に愛されています。今回はストライプに注目してみましょう。

ストライプとボーダー

日本ではストライプといえば縦縞模様、ボーダーと言えば横縞模様のイメージがあるかもしれません。ですが正確には縦縞も横縞もストライプ。ボーダーは直訳すると「境界」や「縁(フチ)」となり縞模様を表す言葉ではありません。2色以上のカラーの直線を平行に繰り返し並べた模様は、縦でも横でも斜めでもストライプということになります。ただし海外でボーダーと言っても通じませんが、今や日本では十分通用するファッション用語になっています。

「スッキリ見える」ストライプの印象

みなさんはストライプにどのような印象を持っていますか?「爽やか」「軽やか」「シャープ」など動きが感じられるイメージが多く、直線が生み出す作用が雰囲気につながっているといえるでしょう。そしてまたスタイルやお顔映りが「スッキリ見える」と感じられる点も、長年にわたる人気の理由かもしれませんね。
ストライプは老若男女問わず着こなすことができる模様です。縞模様を日々のスタイルに取り入れ、爽やかでシャープな魅力を楽しんでください。

ストライプが映える季節

ストライプはその印象から、春夏のアイテムを多く見かけますが、秋冬シーズンにもおすすめのものがあります。代表的なものではリブストライプ。これは編み方や織り上げ方によって浮かび上がってくるストライプ模様のこと。ニットなどでよく使われています。単色の中で縞が完結するのでほかのアイテムで模様を取り入れてもまとまりがよく合わせやすいという優れもののデザインです。
また年中問わずスーツのストライプデザインも人気。ラインのカラーや素材で実は四季折々楽しめる模様なのです。

ストライプの種類

一口にストライプと言っても実にさまざまなストライプがあります。自分のお顔立ちに合うものを探してみるのもいいですね。

〇ピンストライプ…きわめて細いラインのストライプ。縞の感覚が狭くなることが多くビジネスシーンなどでも使いやすい。
〇ペンシルストライプ…同じく細いラインだけどピンストライプよりはやや太い。遠目に見てもストライプと認識しやすい。
〇ブロックストライプ…太いストライプ。大胆な配置で一見してストライプとはわかりにくいものも。カジュアルスタイルにおすすめ。
〇チョークストライプ…チョークで引いたようなぼやけたラインのストライプ。温かみのある雰囲気があり、秋冬素材と組み合わせやすい。
〇シャドーストライプ…織糸の方向を変えることで浮かび上がってくるストライプ。一見すると無地のようだが、光の加減で縞模様に見える。
〇マルチカラーストライプ…3色以上の直線で構成されるストライプ。配色も楽しめる。
〇ダイアゴナルストライプ…斜めに構成されたストライプ。幾何学的な雰囲気でおもしろい。

ストライプの種類は数多く、その日のスタイルの主役となるものからさりげなく脇役に徹するものまでいろいろあります。ただしさりげないストライプを選んだとしても、柄×柄の組み合わせは難しいものです。ストライプはワンアイテムに収めながらあとはアクセサリーでアクセントをプラスするスタイルがおすすめです。ストライプは基本的にシンプルな模様です。アクセサリーデザインもフェミニンなデザインよりシンプルなものが相性よし。ジュエリーにも直線を生かしたシンプルなデザインのものがたくさんあるのでご紹介したいと思います。

直線のラインが美しいジュエリーデザイン

K18YG アメリカンピアス

長く伸びたバーが直線の美しさをダイレクトに伝えてくれるピアス。耳元でシャープな印象を残し、お顔周りをスッキリと見せてくれます。キリッとしたかっこよさが感じられ開きの大きいネックデザインやモノトーンのトップスと相性の良いデザインです。
K10YG バーモチーフ ピンキーリング

細めのバーがスッキリとひとつ。洗練されたスタイリッシュなピンキーリングです。モダンで小粋、細部までオシャレを楽しむ大人女性にピッタリのデザインです。指先を細く見せてくれる効果もあります。クロスのようにも見え、ラインの魅力を存分に楽しめるアイテムです。

まとめ

無地コーディネートばかりでは単調になってしまう…でもあまり派手な模様は身に着けたくない…といった方でも取り入れやすいのがストライプです。ジュエリーにもストライプのように直線ラインの美しさを求めたデザインのものがたくさんあります。スッキリとシャープで印象が甘くなりすぎない直線ラインのアクセサリーをワンポイントにストライプを身に着けてみてはいかがでしょうか。