普段仲良く娘さんと接している親御さんであれば直接聞いてお祝いのプレゼントを選ぶことことに困る事はありませんが、密かにプレゼント渡そうとする親御さんも多いことでしょう。実際に何を渡してあげたら喜ぶのかわからないとお悩みの方も少なくないと言えます。
どれが一番いいのか、贈ったものを本当に使ってもらえるのかと考えてさらに不安になる方もいらっしゃるでしょう。就職祝いで受け取っても嬉しくないものは限られますが、使い道の無いものを贈ると残念がられてしまうこともあります。今回はそういった失敗をしないためにも娘さんへの就職祝いのプレゼント選びで大事な3つのポイントをご紹介します。

予算はどのくらいがいい?

就職祝いに渡すプレゼントとしてはあまり大きな金額で贈ってしまうと受け取った側は申し訳ない気持ちになってしまうかもしれない不安があります。しかし、ある程度の予算を用意しておく方がプレゼントの選択肢は広がります。
一般的な就職祝いとして贈られるものが名刺入れやボールペンなどのビジネス関係で使えるものが多く、5000円〜10000円ほどの予算が相場となっていますが、尊敬する親から少し高めのプレゼントを贈られることで嬉しく思うのは娘さんの本音でしょう。
子どもは「親からもらえるのであればどうせだったら高いものが欲しい!」と口には出しませんが少しの期待をしてしまうはずです。もちろん気持ちの大きさも大事ですが、社会に出るに当たって準備するものにはお金がかかるものばかりです。自分の娘さんに役に立つようなプレゼントを贈るためにもある程度の金額を用意しておくようにしましょう。

就職祝いのプレゼントで失敗しない3つのポイント

娘さんの就職祝いに渡すプレゼントを選ぶポイントを抑えることで失敗せずに喜ばせることができます。
1.実用的なものを選びましょう
就職祝いで渡すプレゼントを選ぶポイントの一つとして実用的かどうかを基準として選ぶようにしましょう。娘さんはこれから家を出て一人で生きて行くことが決まっています。私生活でも十分に使える実用的なものを選んでおくと喜ぶことでしょう。また、会社での業務でも使え、休日などでも使えるものであると良く使われることが予想されるので使いやすいものを選ぶことがおすすめです。

2.他の人からもらっているものを確認しておく
娘さんが他の人からもらっているものを確認しておくことは非常に大事です。同じものをまたもらってしまうと「これ持ってるし…」とげんなりしてしまうのであまり喜ばれません。名刺入れを娘さんがもらっていたとすると、ブランドが違うとしてもまた名刺入れを贈られてしまうとどっちを使うか困らせてしまうこともありますので、前もって娘さんが普段所有しているものやもらっているものを確認しておくようにしておきましょう。

3.就職先に適したものを選ぶと喜ばれる
娘さんが就職する会社に適したものを選ぶようにしましょう。社会人になるとスーツで日々の業務を行うことが多くなります。親御さんも会社員であった時はほとんどの時間をスーツで過ごしてきたと思います。会社のビジネススタイルに合ったものをプレゼントするのも一つのポイントです。会社の中にはスーツではなく、カジュアルな服装で業務を行うところも存在するため、就職先に合ったプレゼントをしてあげること使ってもらえる機会も増えるため贈った親としても嬉しいことです。

シンプルなネックレスは働きながらでも着けることができる

シンプルなネックレスは働きながらでも着用することができおすすめです。デザインが落ち着いたネックレスはオフィスカジュアルなファッションにも適しており、普段の生活でも着用することができるため喜ばれるプレゼントです。ネックレスはサイズを気にせずに選ぶことができるため、娘さんに細かいことを聞かずに内緒で選ぶことができます。
また、就職祝いとなるとありきたりなプレゼントにはならないため、他にもらったものと被る事はないでしょう。シンプルなネックレスを贈って喜ばせてあげるのはどうでしょうか。
K18WG バーネックレス

オフィスでも使えるデザインのピアス

ピアスは働きながらでも使えるものもあるため、娘さんにプレゼントしてあげると使用してもらえるため贈った側も受け取った側も嬉しい気持ちになれます。オフィスで使える装飾品は派手すぎると場違いな印象を与えてしまいますが、ビジネスシーンにふさわしいピアスをつけることによって顔まわりを明るくし、横顔の表情を作るメリットがあります。
適切なピアスをプレゼントしてあげることで娘さんに働いている際に役に立つため、デザイン性に気をつけたピアスを贈ってあげることで喜ばれることでしょう。
K14WG フープ ピアス

メッセージを添えて渡してみましょう

プレゼントを贈る際に今の気持ちをメッセージにして一緒に渡してあげるのはどうでしょう。
娘さんは学生という枠組みから外れて一人前の大人としてこれから歩みを進めて行きます。社会人としてたくましくなる娘さんを送り出す喜びと成長して行く姿を間近で見れなくなる寂しさで拭いきれない気持ちになる事は親として当たり前の感情です。しかし、娘さんも同じことを感じています。今まで過ごしてきた場所から旅立つ悲しさや新しいことに挑戦する楽しみで胸を膨らませています。少し照れ臭く感じる部分はあると思いますが、勇気を出して言葉にしてみるのはどうでしょうか。