夏といえば、爽やかなワンピースを1枚で身に纏いたくなる季節ですよね。
そこでおすすめしたいのが、「クラシカルなワンピース」です。
1960年代の映画に出てくるようなレトロでモダンなファッションで、年齢を問わず着ることができます。

小物との相性も抜群で、1枚持っているだけで何通りものコーディネートを楽しめます。
今回は、思わずそのまま海に出かけたくなってしまうような、クラシカルなワンピースの魅力についてご紹介します。

クラシカルなワンピースとは

クラシカルの意味は、「最高クラスの」「一流の」です。
西洋の女性が1960年代に着ていたような格式あるワンピースのことを、「クラシカルなワンピース」と言います。
特徴は、襟がきちんとあってスカートの丈が長い上品なデザインであることです。

昔のファッションの主流は、1人1人に合わせた洋服を作ってもらうオーダーメイド型でした。
今のような大量生産・大量消費ではなく、自分の体型に合った服を着ることが当たり前だったのです。

そのため、ヴィンテージのクラシカルワンピースはとても丁寧に作られています。
現代では味わえない雰囲気と高級感を感じられるのも、クラシカルなワンピースの魅力です。

オードリーヘップバーンのような世界観を表現

「ティファニーで朝食を」や「ローマの休日」で有名な女優オードリーヘップバーン。
彼女のヘアスタイルやファッションは、まさにクラシカルです。

着ているワンピースは、どれも派手なものではありません。
にも関わらず上品な存在感があり、貴婦人としての魅力に溢れています。
そんな彼女に憧れている女性は、現代でも多いのではないでしょうか。

クラシカルなワンピースを着ることは、そんな彼女に近づく第一歩です。
映画のワンシーンを思い浮かべながら、自分にぴったりなワンピースを選んでみましょう。

大人女性にこそおすすめな理由

クラシカルなワンピースには、現在のデザインではなかなか表現できない品があります。
年齢を問わず楽しめますが、特におすすめなのは大人な女性です。
体型を綺麗に魅せてくれるのが特徴なので、貴婦人気分を楽しみながら気軽に挑戦できるファッションです。

大人な女性の気品を醸し出せる

クラシカルなワンピースはスカートの丈が長く露出が少ないので、大人の女性でも抵抗なく着用できます。
しっかりとした襟や綺麗に絞ってあるウエストも特徴で、大人な女性の気品を漂わせることができるのも魅力です。

さらに、クラシカルなワンピースはTPOを選ばないというメリットもあります。
フォーマルファッションとしても、普段着としても応用できます。

会食やちょっとしたパーティーにもおすすめですが、普段からカジュアルに着こなすことで、ワンランク上の大人な女性を演出できるのです。

体型のコンプレックスも解消

年齢を重ねると気になるのは、洋服を着た時のシルエットですよね。

クラシカルなワンピースは貴婦人用に、ボディラインを美しく魅せるようにデザインされています。胸元にはふっくらゆとりを持たせて、ウエストラインが細く見えるようになっているのです。

スカート丈も長いので、足を見せる必要もありません。
細身の方からふくよかな方まで、楽しめるのも魅力です。

ただし、自分のサイズに合ったものを選ぶことが一番大切です。
どうしても合うものがない場合はお直しをしてもらって、自分の体型にフィットするワンピースを着用するようにしましょう。

クラシカルなワンピースに合う小物

クラシカルなファッションを完成させるには、小物使いがとても重要です。
特にワンピースはシンプルなものが多いので、小物でアクセントをつけてみましょう。

おすすめは、海外の洋服を扱っている古着屋さんです。
クラシカルなワンピースにぴったりなヴィンテージ小物が比較的安く購入できるので、ぜひ探してに行ってみて下さいね。

個性的な西洋帽子

夏はクラシカルなワンピースに、大きめの麦わら西洋帽子を合わせるのがおすすめです。
女優帽のようなつばが広いものを選ぶことで、よりクラシックな雰囲気を演出できます。

帽子を被る習慣がない方は、ヘッドドレスに変えてみてもいいかもしれません。
チュール付きのものなどは少しオーバーかな?と思われるかもしれませんが、ワンピースがシンプルなので小物は派手なくらいで丁度良いのです。

ヴィンテージの鞄

鞄も、重要なアイテムです。
せっかくクラシカルなワンピースを着ていても、鞄が現代風で合っていないと全体の雰囲気がバラけてしまいます。

おすすめは少しくすんだ、赤色や緑色の革の鞄です。
どんな柄のワンピースにも合わせやすく、革のヴィンテージ感もぴったり合います。

また、夏はカゴバッグにヴィンテージのスカーフやブローチをつけるのもおすすめです。
垢抜けた印象になるので、ぜひ試してみて下さいね。

煌びやかな大ぶりアクセサリー

アクセサリー選びは、ファッションには欠かせません。
クラシカルなワンピースに合うのは、煌びやかな大ぶりのアクセサリーです。

特にピアスやイヤリングなどの耳元にはアクセントとして、大きなモチーフのものを選んでみましょう。

西洋の女性は宝石を愛し、日常的にファッションに取り入れていました。
大きな宝石のアクセサリーを自然に取り入れられるのも、クラシカルファッションだからこそです。
クラシカルなコーディネートを完成させるために、貴婦人になった気分で思い切って煌びやかな宝石ジュエリーを取り入れてみてはいかがでしょうか?
Pt900 エメラルド&ダイヤモンド ピアス

K18WG 18K タンザナイト 1.0ct ダイヤモンド 0.5ct フラワーピアス

クラシカルなワンピースでモダンな女性へ

クラシカルなワンピースは、あなたをワンランク上のモダンな女性へと導いてくれます。
普段とは違ったきっちりとしたお洋服を着ることで背筋が伸び、気持ちもシャンとするものです。
この夏はクラシカルなワンピースで、ヴィンテージファッションを楽しんでみて下さいね。
女優帽と、華やかな宝石アクセサリーもお忘れずに!