私たちの体には7つのチャクラがあり、それぞれのチャクラからエネルギーを取り込み循環させています。
足元から頭頂まで、赤、オレンジ、黄色、緑、青、藍色、紫と並ぶ7つのチャクラ。さらに第8のチャクラがあり、その色はマゼンタで表されます。
そんな第8チャクラの色であるマゼンタカラーの効果と、マゼンタの宝石のサポートについてご紹介します。

私たちの体のチャクラとは?

まずは、私たちの体にあるチャクラについて、簡単にお話しします。
チャクラとは、サンスクリット語で「車輪」という意味です。ヨガやアーユルヴェーダの世界ではおなじみのチャクラですが、近年私たちの日常でも多く使われるワードとなりました。

身体の足の部分から頭頂まで、下から順に配列されているチャクラは、以下のようになっています。

第1チャクラ…赤(足元から尾てい骨のあたり)
第2チャクラ…オレンジ(おへその下、丹田)
第3チャクラ…黄色(胃のあたり)
第4チャクラ…グリーン(心臓、ハート)
第5チャクラ…青(のど)
第6チャクラ…藍色(眉間、第3の目と言われる場所)
第7チャクラ…紫(頭頂)

チャクラとは、私たちの体や精神の主軸となるエネルギーセンターのことで、外側から様々な「気」や微細エネルギーを受け取り体内に循環をさせる働きをしています。

チャクラの色は虹の色と同じ7色ですね。
そして、この第7チャクラのさらに先にあるのが、第8チャクラであるマゼンタなのです。

チャクラから取り込まれたエネルギーは、循環し続けるものです。第1チャクラから大地のエネルギーを取り込み、体に沿って上昇し、第7チャクラまで届いたエネルギーは再び第1チャクラへと戻ってきます。
マゼンタの色は、この第1チャクラである赤と第7チャクラである紫が混ざった色。
そして、マゼンタすべてのチャクラの色が混ざっているとも考えられており、
全てを統括するマゼンタは、愛そのものなのです。

マゼンタの配合

マゼンタという色は、和名では赤紫。赤と青で赤の方の配合が多い場合や、赤と紫が重なるとマゼンタになります。

赤色が持つ「現実世界をしっかりと生きる」という側面と、紫色が持つ「神の御心のままに」という高い精神性を表す側面が合わさって統合されています。

ゲーテの色彩論においては、マゼンタは「見えざる色」と言われるほど、高貴な色とされていました。そのため、「見えざる神の領域の愛の色」として、天から無条件の愛が降りてくる様子を意味しています。
自分の心の中が荒んでしまい疲れてしまい、「もう一度神聖なものを取り戻したい」と願うのであれば、心の中にマゼンタのエネルギーを感じてみると良いでしょう。

マゼンタカラーの効果と特徴

マゼンタは、愛と奉仕、自己愛、自己ケア、高い精神性、配慮など、愛にまつわることの象徴と言われるカラーです。
マゼンタ色を身につけることで、深い癒しやヒーリングが起こることや、天からの惜しみない無条件の愛や恩恵を感じることが出来るでしょう。

マゼンタの色に惹かれる人は、日常のあらゆる場面に愛をもたらしながら、周りの人に配慮ができる人、そして利他のために愛を注ぐことができる人です。
マゼンタは、看護師さんやセラピストなど、人のお世話やケアをしている人全般に必要なカラーだと言えるでしょう。

お母さんはセラピスト

人のケアをしている人は、ついつい自己犠牲を払ってでも他人に愛を送るという選択をしてしまいがちです。

家の中では、お母さんがその役割です。ご主人やお子さんのお世話を最優先にして、自分のことはいつも後回しというお母さんは多いのではないでしょうか。

でも、お母さんこそ家の中で一番大切な存在です。お母さんに元気がない家は、家族の心に火がともらなくなってしまいます。逆にお母さんがいつも笑っている家は、家族みんなも安心して生き生きと幸せを感じることが出来るのです。

だから、お母さんたちは自分以外を優先するのではなく、まず自分ことを最優先にしていくことも実践してみましょう。
お母さんは、家族のセラピストであり、セラピストには、人一倍愛が必要なのです。

マゼンタの特徴「無条件の愛」とは?

マゼンタの特徴の1つとして、「無条件の愛」というものがあります。マゼンタのカラーにご縁がある人は、相手に見返りを求めない無条件の愛を送ることができる才能があるのです。

自分の人生を振り返ってみた時、人をケアすることが多い人生だったのではないでしょうか。
自分がきつい時でも、他の人が苦しんでいないかどうかということを気にかけてきた人が多いでしょう。

マゼンタ質の人は、時に自己犠牲の愛を使うことが出来ます。自分がきつくても、一緒にいる人がみんな笑顔であってほしい、その人の笑顔を見たいという一心で頑張ってきたから、無条件の愛を使うことが出来るのです。

しかし、もう人のことばかりしてきたあなたには、そろそろ休息が必要です。今度は、自分のことを癒し自己ケアをしていくのです。

「自分に優しくするのは初めて」という人もいるでしょう。でも自己ケアなしに相手のケアをすることは出来ません。
まずは自分のことを「自分は世界にたった1人の人間で、大切で愛おしい存在なんだ」という風に思うことから始めてみましょう。

人をケアする人にこそ、マゼンタの癒しを

人をケアする立場の人は、自分でも気づかないうちに、体にも心にも疲れが溜まっているものです。
そんな時には、マゼンタの宝石のサポートを受けてみるのもオススメです。

マゼンタの質を持つ宝石は、ピンクトルマリンやアメジストなどです。
ピンクトルマリンは愛の石と呼ばれ、なかなか癒すことが出来ない過去のトラウマなどを解放する役割があります。これまで頑張ってきた自分を癒す自己ヒーリングにおすすめの宝石です。
アメジストは、古来より貴重な宝石として重宝されてきた宝石の1つです。高い霊性を持つ人をサポートするアメジストは、人をケアする人に深い慈悲と癒しを与えてくれます。

そんなピンクトルマリンとアメジストが組み合わされたジュエリーは、マゼンタ質の癒しとしては最強の組み合わせです。
K10YG ライトアメジスト ピンクトルマリン ロードライトガーネット 淡水真珠 ピアス

いつも育児、介護など人のケアを頑張っている奥様へ、心から癒されるような宝石をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

マゼンタカラーの特徴と、マゼンタ質の宝石についてのまとめ

マゼンタカラーの特徴や効果、マゼンタが好きな人の傾向、マゼンタ質を持つ宝石についてご紹介しました。
人を癒す仕事の人は、マゼンタがテーマであることが多く、マゼンタのものを生活に取り入れることで癒しを感じることもあります。

マゼンタの質を持つ宝石のサポートは、ヒーリング効果や自己愛、セルフケアなど、すべてが持ち主の癒しに繋がります。
自分の心が疲れたなと感じるときは、マゼンタ質をサポートするピンクトルマリンや、アメジストを身につけてみることをお勧めします。
与えるばかりの愛は卒業して、しっかり自分も受け取ることを意識します。すると、癒しのシャワーを浴びるように、愛と豊かさを感じることが出来ますよ。