オールホワイトコーデってどんなもの?

ここ数年「オールホワイトコーデ」と呼ばれるスタイルが人気のひとつとなっています。白に限らず全身を同じ色でまとめ上げることって慣れるまでは少し抵抗があり難しいかもしれません。でもたくさんの素材が出回っている昨今、異素材を上手に組み合わると案外簡単にできるもの。白ニットなどをチョイスすれば秋冬仕様でこれからのシーズンにもピッタリです。膨張して見えそうだな…とか、全体的にぼやけそうだな…と不安な方は小物やアクセサリーなどにも気を配ってメリハリを付けながら組み合わせてみてください。一気にオシャレ上級者に見えますよ。

秋冬は真っ白よりオフホワイトがおすすめ

秋冬シーズンのオールホワイトコーデにはオフホワイトがおすすめです。クリーム色のようなものも温かみがあってこれからのシーズンに向いています。
そこにゴールドのアクセサリーを加えると大人なオールホワイトコーデの完成です。ゴールドもクリーム色も同じくイエローが入っているので相性よしの組み合わせ。落ち着いたオールホワイトコーデになりますよ。
またゴールドは大人っぽい印象を与えます。目を惹くオールホワイトコーデに洗練された大人の雰囲気をミックスしたバランスの良いスタイルになることでしょう。
18金イエローゴールド ピアス

ゴールド1色のデザインですが、光沢感とマット感の両方があしらわれたデザインは単色とは感じさせない深みがあります。大きすぎない品の良さを感じる重なったリングは動くたびに揺れて躍動感と存在感を与えてくれます。

オールホワイトコーデにアクセントをつける

全身が一色なのがこのスタイルの基本になりますが、ポイントポイントに目を惹くカラーを加えると遊び心があって楽しくなります。
上から下まで白一色だと膨張して太って見えそう…。印象がぼやけてしまいそう…などといった心配も回避できます。ぜひ帽子やバッグ、靴下などの小物でバランスを取ってみてください。オシャレを楽しんでいる様子が伝わってきてとても生き生きとした印象になりますよ。またシャツなどファッションの一部に柄が入っているものを組み合わせてもいいですね。
そのとき耳元のピアスがさりげなく同系色ならさらにまとまります。全身を使って色遊びをしたらオシャレの幅はグッと広がります。
K18YG シトリン ピアス

このピアスはシトリンが使われています。シトリンは柑橘を意味するシトロンとつながっていて、その名の通り柑橘のような爽やかな印象を受けるジュエリーです。ゴールドとの組み合わせが美しく差し色に使いやすい配色です。茶系のベルトや靴とも合わせやすいですよ。

フェミニンスタイルとメンズライクのどちらを目指す?

オールホワイトコーデの中にはカーゴパンツやオーバーオールを着こなすメンズライクなものから、レース素材やシフォンと組み合わせたフェミニンなものまでたくさんあります。
ジャケットだけを取り上げて見てもミリタリータイプのものから、ボアがあしらわれた女性らしいコートまであらゆるもので白いアイテムを探すことができます。
トップスがガーリーならパンツで外すとか、シンプルなトップスには小物で冒険するなど「白」というテーマでまとめてあるため意外と何でもできちゃうのもオールホワイトコーデのおもしろさ。それに自分の好きな路線から外れることなくトライできるのも嬉しいですね。

また気分によっていろいろなスタイルを楽しみたい方には、そのたびに上質なアクセサリーを次々とかえることはなかなか大変ですよね。そんな人におすすめしたいのがどんなタイプのファッションにもマルチに活躍してくれるデザインのピアスです。
耳元をシャープに見せるか幻想的に見せるかはその人の持ち味次第。どんな雰囲気にも染まりやすいシンプルなピアスは様々なテイストのファッションで使えてお役立ちの一品になります。
14金ホワイトゴールド ピアス

このピアスはラインの細さが特徴的です。クロスモチーフは直線のイメージからクールな印象を受けることも多いですが、この華奢で繊細なラインからは女性らしい柔らかさも感じることができます。ホワイトゴールドを使用。このゴールドはその名の通りホワイトコーデとの相性も抜群です。

白に白を重ねるのは秋冬シーズンならでは

夏のオールホワイトコーデと大きく違うのは、秋冬シーズンでは重ね着ができるということ。白とひとくちにいってもいろんな白がありいろんな素材があります。ちょっとずつ違う白を組み合わせるとおもしろいコーデのできあがりです。

今回はオールホワイトコーデについて取り上げてみました。白はオシャレ上級者のイメージがありませんか?そのうえ全身を白だけでまとめるというのはなかなか勇気がいるかもしれません。
それでもピュアでありながら華やかで柔らかい印象の白は女性らしさの象徴ともいえる魅力的なカラーです。ピアスやネックレスなどのジュエリーの魅力と重ね合わせてより楽しんでくださいね。