ファッションのコーディネートを考えていると、ついついあれもこれも…となってしまう経験、ありませんか?
1つ1つのアイテムは素敵でも、全部盛り込んでしまうとごちゃっとした印象になってしまいますよね。
大人の女性スタイルを目指すなら、大切なのは「引き算」です。
少しのテクニックで洗練された印象を与えることができる、引き算ファッションについてご紹介します。

足し算ファッションと引き算ファッション

足し算ファッションとは、あれもこれもとアイテムや色を足していくファッションのことです。
個性的なスタイルを目指すのならいいのですが、すっきりとしたエレガントな大人スタイルには向きません。

反対に引き算ファッションとは、使うアイテムや色をなるべく減らしてシンプルにしていくファッションのことです。
引き算をすると、本当に魅せたいアイテムはどれなのかがはっきりします。
また、引き算ファッションを実行するうえで大切なのは「サイズ感」です。
コーディネートを必要最小限まで削ぎ落とすと、体型や服のシルエットが際立つようになります。
お洒落の基本は、「自分に合った服を着ること」です。

この機会に、クローゼットの中の服が本当に自分の体型に合っているものなのか、自分を素敵に見せてくれるものなのか、見直してみるのもおすすめです。

ココ・シャネルの名言

有名ブランド「CHANEL」の創設者であり、一流デザイナーのココ・シャネルはこう言っています。
「ファッションとは、上級者になるほど引き算である」
「シンプルさはすべてのエレガンスの鍵」

派手で個性駅な印象の彼女ですが、実は引き算ファッションの先駆者だったのです。
シンプルなスタイルで上品さを演出できるのが、大人の女性です。
足すことよりも、引くことを。

日頃から心がけておきたい価値観です。
また、引き算ファッションとは、ただシンプルに地味にコーディネートをするということではありません。
派手なファッションでも、いいのです。

大切なのは少ないアイテムでバランス良く、自分を一番魅力的にしてくれるコーディネートを目指すことです。
むしろ派手なアイテム1点勝負でコーディネートを組めれば、お洒落の上級者になれます。
自分の好きなファッションのまま、引き算を実行してみましょう。

最後に1つ、外して出かけよう

さらにココ・シャネルは、「出かける前に1つアイテムを外すことで、あなたのコーディネートは完成する」と言っています。
引き算ファッションを心がけたコーディネートが完成したら、さらに玄関で1つ、最後の引き算を行ってみましょう。

最初は物足りなさを感じるかもしれませんが、徐々に慣れていきます。
「ファッションは鎧」という言葉があるように、過度な装飾は自信のない自分を守る方法でもあります。
鎧を脱いでありのままの自分になれた時、人は初めて自信を持てるようになるのです。

また、身にまとうものが少ないと身体にかかるストレスも減り、精神的にも良い影響を与えます。
自立した大人の女性スタイルを目指すなら、まずは玄関でのワンアクションを習慣づけてみましょう。

引き算ファッションのコツ

引き算ファッションには、他にもいくつかコツがあります。
ただアイテムを少なくするだけでなく、取り入れる色の数を決めたりその日のコーディネートの主役を決めたりすることで、より洗練された印象を与えられます。
ついつい、足し算してしまうという方はご参考にされてみて下さい。

コーディネートに使う色は3色まで

コーディネートの中にたくさんの色が散らばっていると、雑多な印象を与えてしまいます。
使う色は3色まで、と決めてみましょう。
3色は同色系でまとめると、さらに上級者感が出ます。
例えば、「水色のシャツ+青いスカート+紺色のパンプス」といった感じです。
メインの洋服が白や黒、ベージュなど地味な色の場合は明るい差し色を使うのもおすすめです。
その場合は、「白のワンピース+赤いスニーカとバッグ+緑色のアクセサリー」など、小物でアクセントをつけていきましょう。

ポイントは、差し色のアイテムを2点以上コーディネートに取り入れることです。
スニーカーとバッグを赤色にすることで、統一感が出てこなれ感を演出できます。
自分のよく着る好きな色を参考に、色の組み合わせをいろいろと考えてみましょう。
K18WG ルビー&ダイヤモンド ピアス

ネイルの色はワンカラーに

ネイルをする方は、その日のコーディネートに合わせて色を変えてみましょう。
ネイルで差し色を演出することもできます。

また、ジェルネイルをしている方はワンカラーのデザインがおすすめです。
ジェルネイルは約1ヶ月間同じデザインのままですが、洋服は毎日変わります。

あまり派手で個性的なデザインにしすぎると、服によっては浮いてしまったり合わなくなってしまうことがあるのです。
ワンカラーでおすすめなのは、「白・黒・ベージュ・グレー・コーラルピンク」などの、主張の弱い色です。
自分の普段のファッションを思い浮かべながら、どんな洋服にも合う色を考えてみましょう。
フレンチネイルも、エレガントな印象を与えるにはぴったりです。

コーディネートの主役を決める

コーディネートを考える時には、その日の主役アイテムを決めてみましょう。
主役は帽子やアクセサリーなど、洋服以外でも構いません。
主役が決まったら、そのアイテムの魅力を一番に引き出せるようなコーディネートの組み合わせを考えます。

例えば、淡いピンク色のベレー帽を主役に決めたとします。
全体のコーディネートの中に、ベレー帽より濃い色のアイテムを入れないように注意します。
バッグやアクセサリーは、茶色系やベレー帽と同色系の淡いピンク色にするようにしましょう。

常に「その日の主役」を決めることで、自然と引き算ファッションが完成します。
K18YG オパール エチオピア産 1.6ct ピアス

大人の女性スタイルの鍵は引き算にあり(まとめ)

お洒落が好きな人ほど、たくさんのアイテムを持っているので一気に詰め込めてしまいがちです。
シンプルで洗練されたファッションは、大人の女性の証です。
使う色の数と主役アイテムを意識して、コーディネートを考えてみましょう。
お出かけ前には、1つアイテムを置いていくことも忘れずに♪