今年の春、子どもさんが幼稚園や保育園に入園する、あるいは小学校に入学するというお母さんも少なくないことでしょう。「はじめての入園式(入学式)だけど、何を着ていけばいいのかわからない!」「アクセサリーはどうしよう!?」と準備に戸惑っている方も多いかと思います。

そこで、今回ははじめて入園式や入学式を迎えるママさんのために、入園式や入学式の服装や、それにふさわしい服装やアクセサリーについてお教えします。

入園式・入学式はどんな服装がいいの?

入園式や入学式は大切な子どもの晴れの舞台と同時に、お母さんとしての晴れの舞台でもあります。
これから長く付き合うママ友ともはじめて顔を合わせる機会。地味すぎず、目立ちすぎず、なおかつ第一印象を良くしておく必要があります。

入園式や入学式はフォーマルな式典のため、保護者もフォーマルウェアがベターです。とはいえ、黒一色のスーツは喪服っぽくなってしまうので、バッグやコサージュ、アクセサリーで変化をつけましょう。

また、春らしくピンクやアイボリーなど明るい色のスーツも素敵ですが、あまり派手になりすぎないようにしましょう。

パンツスーツよりは、やわらかい印象があるフレアスカートのほうが多数派。パンツよりもスカートの方が格が上とされているので、迷ったらスカートの方が無難です。

ストッキングは柄物や黒色のものではなく、ヌードカラーのものを選びましょう。

入園式・入学式にふさわしいアクセサリーとは?

服装もフォーマルなテイストのものでしたら、アクセサリーもフォーマルなものを選ぶ必要があります。
やはり多いのはパールのネックレス。それに合わせて、パールのピアスやイヤリングもおすすめです。

気をつけたいのは、やはり派手すぎるものを選ばないということ。大きなジュエリーがついていたり、ギラギラと光るゴールドのアクセサリーは入園式や入学式というフォーマルな場にはあまりふさわしくありません。

一歩間違えれば、ママ友から顰蹙を買ってしまうことにもなりかねませんので、なるべくシンプルでいて、さり気ないゴージャス感が演出できるものを選びましょう。

入園式・入学式におすすめのイヤーアクセサリー

特に入園式や入学式の服装で難しいのが、ピアスやイヤリングなどのイヤーアクセサリーです。耳は顔の一部なので、アクセサリー次第で第一印象が決定づけられてしまいます。
そこで、ここからは入園式や入学式におすすめのイヤーアクセサリーを4つご紹介します。
特にネックレスと合わせやすいよう、パールを使ったものを選びました。

アコヤ真珠 ピアスキャッチ

ピアスをお持ちであれば、シンプルで、手軽に使えるアコヤ真珠のピアスキャッチがおすすめです。
6mmの上品な光沢がエレガントで、存在感もバッチリ。キャッチの部分は18金ホワイトゴールドを採用。見えないところまでこだわりを感じさせます。

パールのネックレスとの愛称もバッチリです。
アコヤ真珠 ピアスキャッチ

K18PG 淡水真珠 ピアス

少しゴージャス感を演出したいということであれば、こちらのピアスがおすすめです。
先程、「金色のものは控えたほうが良い」とご説明しましたが、こちらの素材は18金のピンクゴールドなので上品。嫌味な印象は与えません。

パールの輝きと、ホンモノのピンクゴールドの輝きは存在感バツグン。耳元を鮮やかに彩ってくれます。
K18PG 淡水真珠 ピアス

K18YG アコヤ真珠 イヤーカフ

6連の3mmアコヤ真珠が美しいイヤーカフは、パールのネックレスとの愛称バツグン。写真で見ると結構派手なように思えますが、小粒のアコヤ真珠なので、フォーマルな場でもさり気なく使うことが可能です。

地金はイエローゴールドですが、6連のパールでそれほど目立たないため、派手すぎるという印象を与える心配もありません。
K18YG アコヤ真珠 イヤーカフ

K10WG 淡水真珠 イヤリング

ホンモノの10金ホワイトゴールドの上品な輝きと、淡水真珠の純白の輝きが美しいイヤリングです。
細かい地金の造形は、小さいところまでこだわりを感じさせる一品。晴れの舞台で少しゴージャス感を演出するにはぴったりです。

決して派手すぎるという印象は与えないので、フォーマルな服装にもよく合います。
K10WG 淡水真珠 イヤリング

入園式・入学式は服装もアクセサリーも上品に装おう

以上、入園式や入学式にふさわしい服装やアクセサリー、そしておすすめのアクセサリーをご紹介しました。

子どもさんの晴れの舞台なので、バッチリ決めたいという気持ちもわかりますが、やはりフォーマルな場なので、行き過ぎは良くありません。
そこで、今回ご紹介したイヤーアクセサリーを使えば、さり気なくファッションを楽しむことができます。

ぜひ、上品に装って、かわいい子どもさんの門出をお祝いしてあげましょう。