人は誰からジュエリーを贈られるか、どんなシチュエーションで贈られるかなどその時と場合に応じてもらって嬉しいものが変わってきます。
たとえば父親から娘へのプレゼントと夫から妻へのプレゼントでは、贈る人や受け取る人の気持ちも贈るアイテムも違ってくるでしょう。
そんな贈る相手との間柄を考えてどんなものを贈ったら良いのか、金額相場、贈るアイテム、デザイン性、プレゼントするタイミングなどに焦点を当てて比較解説していきます。
大切な人に贈り物をしようと考えている人は、ギフトジュエリー選びのヒントにしてくださいね。

夫から妻へ感謝のギフトジュエリー

夫から妻への贈り物は、どうしても照れくさくて先延ばししてしまうことが多いでしょう。
でも日々感謝している妻にこそ、ギフトジュエリーを贈ると喜ばれます。
家計を一緒にしている夫婦間では、そんなに高価ではなくても男性が少しずつ貯めたお金で1~3万円ほどのギフトジュエリーを買うと良いでしょう。
高すぎると嬉しい反面、女性は家計のことが気になってしまうこともあるので、どうしても高価なものをプレゼントしたいときには、家計に影響のないお金を使うことや前もって伝えるなど工夫が必要です。
また夫婦ならプレゼントしたいのでアクセサリーを選んでほしいとデートに誘ったり、一緒に好みのものをネットショップで探して購入したりすると、どんなプレゼントが良いか悩むこともなく妻を喜ばせることができます。
また家事や育児をしている妻には装飾のついていないシンプルな指輪や、小さめの邪魔にならないピアスがおすすめです。
渡すタイミングとしてベストなのは特別な記念日を利用してみるのも良いですし、あえて何もない日にサプライズプレゼントをすると自然で構えなくてよいので喜ばれます。
忙しく働く男性にとってすれ違いや物足りなさを感じている人も多い夫婦の関係ですが、いつも傍らで支えてくれている妻へギフトジュエリーを贈って、二人の関係もスムーズにしてみましょう。

彼から彼女への愛を込めた贈り物

大切な恋人へのギフトジュエリー選びは、どんな顔で喜んでくれるか考えると、ワクワク心が躍ってつい奮発してしまう男性も多いと思います。
でも気を付けたいのは相手に気持ちの伝わるものをチョイスすることと、相手に重荷にならない価格のプレゼントを選ぶことです。
価格相場は付き合いの深さや贈るタイミングにも左右されますが、一般的に贈る女性が20代なら8,000~3万円、30代なら2~5万円、40代なら3~10万円と年代別に考えてみると良いでしょう。
さらに誕生日やクリスマスに向けてお金をためて準備をして特別なプレゼントをするなど、自分のためにかけてくれたプレゼント選びの時間も嬉しく感じるのが、恋人関係のギフトジュエリーの特徴です。
好きな人のプレゼントはいつも身につけられるアイテムが良いと感じる女性が多いため、その女性のライフスタイルに合わせてピアス、ネックレス、指輪、ブレスレットの中から選ぶと良いでしょう。
またデザインも重要で彼女の普段のファッションの雰囲気に合わせるなど、どんなスタイルにも合わせやすいデザインのアクセサリーを贈ると日々のコーディネートが簡単です。
女性が毎日鏡に向かい笑顔でアクセサリーを身につける姿を想像して、最高のギフトジュエリーをチョイスして贈りましょう。

父親から娘へのファーストジュエリー

父親の贈るギフトジュエリーが娘にとって初めて身につけるアクセサリーで、ファーストジュエリーとなることは、贈る側の男性としてとても嬉しいことでしょう。
娘に贈るファーストジュエリーはずっと大切にしてもらいたいとの思いから、価格相場は上がりがちですが6,000~1万円程度のものが理想です。
その年齢に見合ったアクセサリーを身につけることが、その女性の魅力を最大限に引き出すので、娘の年齢に似合うギフトジュエリーを贈りましょう。
一方で贈るタイミングは子供が進学するときのご褒美ジュエリーや、何か目的を達成できた時のお祝いとして渡すのが記憶に残ります。
また成長期でこれから成熟していく女性は指輪のサイズの変動が激しいので、ネックレスがおすすめです。
ピアスは学生なら禁止されていることが多いので、父親からのプレゼントとしてはモラル的にタブーな面もあるため慎重に考えて検討するようにしましょう。
さらにデザインもゴージャスすぎるセクシーな印象のアクセサリーではなく、父親の願いを込めてスッキリ清純なイメージのジュエリーを贈ることで、理想的で上品な女性に育っていってくれるはずです。
父親からの思いを込めて大切な娘に素敵なギフトジュエリーをプレゼントしてくださいね。

息子から母への記念日ジュエリー

照れくさくてなかなか母にありがとうを言えない男性は、大人になっても溢れています。
でも母に感謝していない男性も、この世にはほとんどいないはずです。
そんな息子から母へのプレゼントに価格相場はありません。
息子からもらうギフトジュエリーなら、折り紙で作った指輪でも高価な宝石をあしらったネックレスでも母親にとっては同じだけの価値があります。
ですからどんなものでも構わないので、思い立ったらすぐにギフトジュエリーを贈りましょう。
母親はいつも息子を思っているので、顔を合わせたその時がベストな渡すタイミングです。
母に贈る場合のジュエリーデザインは、年をとっても使いやすい小ぶりで控えめなデザインが人気を集めています。
もし高齢の母にプレゼントする場合は、視力が落ちてきてもつけ外し簡単なネックレスやピアスの金具がおすすめです。