彼女が学校を卒業して社会人になったら、誕生日プレゼントの選び方も変えていきましょう。
学生から社会人になって、環境や価値観も大きく変わってくるので、それに合わせたプレゼント選びが重要。どのような変化があるのか、どんな視点でプレゼントを選んだら良いのか、解説していきます。

社会人になると価値観が変わる

新社会人ということは、彼女の年齢は10代後半~20代前半くらいでしょう。ファッションや考え方がちょうど子どもから大人に変化する年代です。
「大人の女性として見られたい」「一人の女として見られたい」そう思う女性も多いものです。

特に学生のうちは同年代の人との接点がメインでしたが、社会人になると先輩や上司あるいは取引先など、幅広い年代の人と接する機会が多くなるので、その中で「大人のファッションとはどういうものか」ということを考え、ファッションの価値観というものも変わってきます。

これまで「かわいいもの」「派手なもの」を好んでいた彼女が、「大人っぽいもの」を選ぶようになるという変化も見られるでしょう。

新社会人の彼女への誕生日プレゼントにはアクセサリーがおすすめ

そこでおすすめしたいのがアクセサリーです。女性が欲しいプレゼントの定番でもありますし、10代後半~20代前半にオシャレに目覚める女性も少なくありません。社会人になるとTPOをわきまえたものを身に着けることが求められるため、アクセサリーを新調しなければいけないということもありえます。

とはいえ、社会人になると何かと入用。スーツやバッグ、仕事に必要な手帳や筆記用具などを揃えなければいけません。しかも新社会人は給料をそれほどもらえるわけではありませんので、存分にファッションが楽しめるという女性はなかなか少ないものです。

そこで、アクセサリーを誕生日のプレゼントとして贈れば、大人としてファッションも楽しめ彼女に喜ばれるのではないかと思います。

新社会人の彼女への誕生日プレゼントにふさわしいアクセサリーを選ぶ3つのポイント

「アクセサリーと言われてもどう選んだら?」「女性ものってよくわからないんだよな」と悩んでいませんか?
そこで、新社会人の彼女への誕生日プレゼントでアクセサリーを選ぶポイントをご紹介します。

安すぎないこと・高価すぎないこと

アクセサリーと言っても千差万別。数千円で買えるものもあれば、何十万、何百万と上を見ればキリがないほど高価なものもあります。

あまりにも安いものだと作りが悪かったり、偽物だったりする可能性があり、誕生日プレゼントで貰ったとしても良い気持ちにはなりません。

逆に気合を入れすぎて10万円など高価なものも考えものです。逆に彼女に「申し訳ない」「お返ししなきゃ」という思いをさせてしまうことにもなりかねません。
だいたい、新社会人へのプレゼントであれば7千円~2万くらいが適正価格だと考えられます。

また、渡すときにはなるべく金額がわからないようにしましょう。「これ2万もしたんだぜ」というのは論外です。恩着せがましい印象を与えてしまいます。

派手すぎないものを選ぶ

心葉 ダイヤモンド 馬蹄ネックレス K10


職場に身に着けていくことを考えると、なるべくシンプルなものを選びましょう。あまりにもジュエリーが大きすぎるもの、金ピカで目立つものなどは若い女性には少しミスマッチです。

派手なアクセサリーを身に着けていると、上司や先輩から「社会人にはふさわしくない」咎められる可能性もあります。また、いわゆる「お局さん」から「あの子感じ悪い」「新人のくせに」と目をつけられることにもなりかねません。

特に先輩から嫌われると、仕事が教えてもらえなくなったり、人間関係で悩んだりするなど、実害も出てきます。

男性でも新入社員のうちはブランド物の時計を仕事で使うのに気が引ける、通勤を考えると高級車や外車は選びにくいというのと一緒です。
職場で嫌味なく、さり気なく身に着けられるものをプレゼントすると喜ばれます。

ギフト包装にもこだわろう

商品そのものもプレゼントですが、ジュエリーボックスや手提げバッグといった包装もプレゼントに含まれます。

開けるときのドキドキ感・ワクワク感も演出できますし、包装に高級感があれば、アクセサリー自体もより良い物だと感じるものです。

同じ物をもらっても、格安量販店のビニル袋に入っているものと、高級ブランドの紙袋に入っているものでは受ける印象が大きく異なるでしょう。

ジュエリーショップROLAで新社会人彼女への誕生日プレゼントを選ぼう

ジュエリーショップROLAであれば、予算や年代でアクセサリーが選べるのでとても便利。職場でさり気ないオシャレが楽しめるアクセサリーが揃っています。

宝石鑑別士が厳選したものだけを扱っているので、全てホンモノ。アクセサリーの質はもちろん、ジュエリーボックスや包装、手提げバックにもこだわっています。

今回ご紹介したポイントを参考にして、ぜひ新社会人の彼女にぴったりな誕生日プレゼントを選んでみましょう。