今は数多くのテレビチャンネルやレンタル、インターネットなどを介してお手軽に世界各国のドラマを視聴する機会が増えました。海外ドラマの火付け役となったアメリカのドラマを皮切りに昨今大ブームを引き起こした韓流ドラマまで。たくさんのドラマを次々と見ている方もおられますよね。

1シーズン10話前後の日本のドラマとは違ってアメリカのドラマは1シーズンが20話以上。そして人気がある限りシーズン2、3……と続いていきます。こうなると見終わったころにはどっぷりその世界にハマっていることに。
また日本とは全く違ったライフスタイルに驚かされるのも楽しいですね。例えば日常的にパーティーが行われる生活や、仕事帰りにダンスをするために立ち寄るバー。そういった暮らしぶりがステキでオシャレだななんてついつい見入ってしまいます。

今回はおすすめの海外ドラマ3選とともに、そのドラマの雰囲気ネックレスをご紹介したいと思います。

1「デスパレートな妻たち」

2004年~2012年 アメリカ
数多くのドラマを生み出すアメリカドラマの中でも根強い人気を誇る作品のひとつではないでしょうか。郊外に住む4人の女性が主役となって次々と起こる日常の様々な出来事をコミカルに描いたアメリカらしいドラマ。ご近所さんのお付き合いを通して、現代ならではの問題を全てストーリーに取り入れたと言っても過言ではないような中身の濃い作品です。
中でも4人の妻たちの個性がそれぞれに際立っていてキュートです。
また人生のポイントポイントをドレスアップして過ごすのもアメリカならでは。そんなちょっと特別な一日を自分の個性を知り尽くしたステキなファッションでおもいっきり美しく過ごす様子は見ているだけでも楽しくてワクワクします。
K18YG アメジスト ネックレス

4人の主要キャラクターのうち、完璧主義者として秀でている女性ブリー。シーズン当初は専業主婦として毎日完璧な手料理やガーデニングを披露していますが、途中からはその特技を生かした会社を起業し大成功をおさめます。
はっきりした顔立ちと赤毛とのバランス、そして芯の強さを表すような深いパープルが美しいアメジストは彼女の持ち味にピッタリな雰囲気ネックレスです。

2「アリーマイラブ」

1997~2002年 アメリカ
大都会でバリバリ弁護士をしている女の子が主役。また彼女を取り巻く弁護士事務所メンバーの個性がおもしろいドラマです。
ほぼ毎回セクハラネタばかりを請け負う弁護士事務所の仕事ぶりはご愛敬。1話ごとに依頼内容が変わりその内容に応じた音楽のチョイスがすばらしい作品です。
少し前のドラマで超ミニ丈のスカートスーツをまとい法廷ではきはきと弁論を繰り広げるバリバリのキャリアウーマンは現代女性の象徴ともいえるようなスタイル。今の日本でも通ずる魅力があります。
K10YG タンザナイト ネックレス

ボストンという世界でも有数のビッグシティでキャリアを積み上げる主役のアリー。でもお堅いだけではなくドジを踏んだり私生活でとことん落ち込んだりしながら必死で生き抜く様子はとてもかわいらしく親近感を感じます。
このネックレスはスーツにも似合うシンプルなラインが特徴でありながら、ひとつ身に着けるだけで気分を上げてくれるような輝きに溢れた雰囲気ネックレスです。

3「ダウントンアビー」

2010~2015年 イギリス
タイタニック号が沈んだ夜から話が始まる近代のドラマ。イギリスの伯爵制度にまつわる人間模様を中心に貴族の生活の優雅さが美しいドラマです。
建物や身に着けるものはその時代ならではのすばらしさ。戦争などの悲しいシーンもありますが、3姉妹が順番に結婚していくシーンはやはり豪華絢爛です。とくに長女の結婚式は日本ではなかなか理解しにくいレベル。馬車から降り立つ豪華なウェでイングドレスを身にまとった花嫁さんには目が釘付けになります。
ドレス、アクセサリーの他ヘアスタイルなども侍女と呼ばれる職業のいわゆるお世話係さんが仕上げるのですが、その美しさにはうっとりします。
日常的に参考になるものではないですが、美しいものを見て楽しむというのにはおすすめのドラマです。
K18YG ダンシングストーンネックレス

三姉妹それぞれに気品や気位があって見とれるような美しさなのですが、なかでも長女メアリーの存在感は別格です。
伯爵の資産であるお屋敷を守るということに全ての存在価値を結び付けているため一見するとなかなかなクセモノって感じで女性から見ると嫌な女?と感じる部分も無きにしもあらずですが、それが彼女の最大の魅力でついつい目が行ってしまう…そんな女性です。また馬を乗りこなす姿も立派で美しい!紅一点で馬を操る馬術シーンの生き生きとした様子なども印象に残ります。
そんな彼女を表すようなこんな雰囲気ネックレスはいかがでしょうか。馬具というおもしろいデザインの中に気品がギュッと詰まったデザインはインパクトも抜群です。

まずは気になる海外ドラマを1シーズン見てみよう!

いかがでしたか?海外ドラマには日本のドラマとは全く違ったおもしろさがあります。とにかく「ハマる」という響きがピッタリ。どっぷりとその世界に浸ることができるのです。
みなさんもアクセサリーを選ぶ基準になにかお気に入りの海外ドラマという視点で選ぶと、いつもとは全く違ったものをチョイスするきっかけになるかもしれません。
そしてその華やかさは、まるで海外ドラマの中にいるような非日常的な気分にしてくれる一品となるかもしれません。