父親から娘へのジュエリーのプレゼントは、やってみたくても照れくさくてできないという男性が多いことでしょう。
しかし娘のほうは父親が照れくさい気持ちを抱えながらも、自分のために選んでプレゼントしてくれたジュエリーはとても嬉しいものです。
もし娘さんにプレゼントを贈るタイミングがなくて悩んでいるなら、父の日のお返しギフトとしてジュエリーを贈ってみることをおすすめします。
父の日のお返しがあるとは娘も想像していないため、スムーズにサプライズプレゼントが成功するでしょう。
そんな父から娘へのサプライズプレゼントをより良いものにするために、大切なポイントを4つに絞ってお伝えしていきます。
これを参考にして娘のとびっきりの笑顔を見られるように、ジュエリー選びをしてくださいね。

娘の年齢や状況に合わせたジュエリーを選ぶ

娘の年齢と同じ年頃の女性が職場や身近にいたら、意見を聞いてみると良いでしょう。
またどんな仕事についているかは知っている父親がほとんどだと思うので、職種に応じてニーズに合うものを探すと見つけやすいです。
たとえばまだ学生の娘にプレゼントするなら、ノートを取ることも多いのでブレスレットは邪魔になってしまうので、ネックレスのほうがおすすめです。
また介護や保育お仕事をしている娘なら指輪は仕事の妨げになるので、できるだけ選ばないほうが良いでしょう。
もし選ぶならチェーンに通して仕事中は失くさないように首から下げるか、思い切って豪華なデザインのジュエリーを贈り休みの日だけつけるプライベート用にしてもらうのがベストです。
さらに受付や秘書など人のサポートに回る業務の場合は、派手過ぎない控えめなデザインで上質なジュエリーをチョイスすると重宝されます。
娘の喜ぶ顔をみたいなら、もらって嬉しいアイテムを選びたいですね。
何かの機会で娘の友人と顔を合わせることがあるなら、どんなジュエリーがニーズに合うのか聞いてみるのも良いでしょう。
やはり友人は一番娘の状況を知っている人の一人なので、その意見を参考にすると間違えのない買い物ができます。

彼と被らないアイテムにする

娘にとって父親からのプレゼントはとても嬉しいものですが、一番困るのが彼氏からもらったジュエリーと同じアイテムになりどちらか一方しかつけられないことです。
ですから彼がネックレスをプレゼントしている場合はブレスレットやピアスを選ぶなど、ちょっとした配慮が必要になります。
しかし彼からのプレゼントがどんなアイテムか見当がつかない場合は、薬指を避けた指輪を贈ると良いでしょう。
彼との付き合いが長くいくつものリングをプレゼントされていない限り、なかなか被らないアイテムです。
指輪のサイズは後でサイズ調整可能なデザインを選ぶと、プレゼントした後で本人が自分にピッタリな大きさに変更できるため良いでしょう。
もしもサイズが合わなかった場合はチェーンに通して、ネックレスのトップとして使えるようなデザインを選んでみるのも素敵です。
チェーンにもいろいろな種類や雰囲気があるので、その際はチェーンもイメージに合うものを選んで添えると喜ばれます。
また先に彼からもらった毎日身につけているアクセサリーがある場合、地金の色をそのアイテムと同じカラーにすることでコーディネートがしやすくなるでしょう。
記憶を呼び起こして使いやすいアイテムを選ぶことで、彼からのプレゼントのように毎日身につけてくれるチャンスも格段にアップします。

妻に相談して一緒に探してもらう

お母さんというのはいくら離れて生活していても、不思議なくらい一番娘の好みを知っているものです。
ですから奥さんに相談して一緒にプレゼント選びをしてもらうと、絶対に好みを外さない最高のプレゼントができるでしょう。
娘の好みに合ったジュエリーを置いている店を探すときにも奥さんのほうが詳しいことが多く、とても助かります。
もしも一緒に選んでもらう時間がとれなくても、写真などを見せてデザインの最終チェックをしてもらうと失敗が少ないです。
また奥さんと娘は同性なので、女性目線の良いアドバイスがもらえることが多いでしょう。
協力的な奥さんなら、それとなく娘の欲しいジュエリーを聞き出したり好みをリサーチして報告してくれたり、気づかれないようサプライズにも手を貸してくれるので強い味方になります。
ここは娘の母という強力なサポーターに依頼して、一大プロジェクトを成功させましょう。

意味を込めた贈り物にする

天然石や地金の意味やイメージは様々で、それぞれ独特の魅力を持っています。
ですからせっかくプレゼントするなら、自分の気持ちや娘への願いを込めてジュエリー選びをしましょう。
たとえば清純な心の女性であり続けてほしいという願いを込めて、カイヤナイトやセレナイトをあしらったアクセサリーをチョイスするのも素敵です。
また娘に対する愛情を表現するために確かなるものという意味を含むダイヤモンドのジュエリーを贈るのも良いでしょう。
天然石の意味を調べてから買うのも良いですが、直感で選んだ石が自分に今必要とするパワーを秘めていることも多いので、なんとなく手に取った宝石の意味を後付けで調べてみるのもおすすめです。
さらにベースになる地金にも種類があり、男性のアクササリーよりも細かな色合いや素材の違いがあるでしょう。
プラチナやシルバーに加え、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドなどたくさんのラインナップが揃っています。
たとえば同じ色味の系統でもプラチナやホワイトゴールドは洗練された上品な印象に、シルバーはカジュアルな印象になるので、娘にはどんな雰囲気が似合うか考えてみましょう。
そしてピンクゴールドは柔らかで優美なイメージの女性に、イエローゴールドは華やかでゴージャスな雰囲気の女性にピッタリです。
娘の持つ雰囲気や色のイメージをじっくり吟味して、大切な娘に似合う素敵なジュエリーを贈りましょう。