我が子が誕生した瞬間から親はその子の幸せを願い続けるものです。もしも女の子だった場合、成長を刻む節目にジュエリーを贈るのもステキではないでしょうか。ジュエリーから放たれる永遠のきらめきに子どもの幸せという願いを込めて。
そんな親からの愛情いっぱいの贈り物は娘にとって大切なものになること間違いなしです。おしゃれが好きでいくつものアクセサリーを持っている娘さんでも本物の輝きを持つようなジュエリーを手にする機会はそうないかもしれませんよね。
また長く使えるようなものをチョイスすると、ものを大切にする気持ちも伝えることができます。本当に必要なものだけを選んでシンプルに暮らすのは若いうちは難しいかもしれませんが、折ある機会に大切なものを見極める目を育てることはとても重要ですよね。

今回は我が子に贈るジュエリーをタイミングとデザイン両方の視点から考えてみたいと思います。

成人式。育て上げたと肩の荷を下ろすとともに大人の仲間として迎え入れるときに

ついこの前生まれたと思った我が子がもう成人に。それは感慨深いものですよね。長い人生においてわかりやすく一区切りつくタイミングです。着物を着て成人式に出ることは親にも本人にもけじめとなることと思いますが、家族でのお祝いの場で親から子へ贈り物をするのにもピッタリの機会です。
質の良いジュエリーは長年輝きを失わないもの。中でもダイヤモンドは長く愛されるジュエリーです。シンプルなデザインを選ぶとお子さまの年齢が変わってもずっと使うことができ、その後の娘の人生に寄り添うジュエリーとなるでしょう。
K18YG ダイヤモンド ピアス

進学で親元を離れる。目が届かなくともいつでも見守っているよというエールとともに

進学というステップアップで、生まれて初めて親子が離れて暮らす……そんな人もいることと思います。たくさんの希望や喜び、新しいものへの緊張感やワクワク感、そして少しの不安などたくさんの感情を胸いっぱいに詰め込んで旅立つ娘の姿をどのような気持ちで見送るのでしょう。寂しさを隠していってらっしゃいと声を掛けるとともにお子さまが新しい世界で立ち止まったときに寄り添ってあげられるようなジュエリーをプレゼントしてはいかがでしょうか。

四つ葉という形は「幸せ」を意味します。いつも幸せが彼女を包んでくれますようにと願いを込めて。四つ葉があしらわれたデザインのものなどいかがでしょうか。中にはお子さまがまだ小さい頃に本当の四つ葉のクローバー探しをしたお母さんもいるかもしれません。かけがえのない思い出とともに贈るジュエリーは最高のプレゼントになります。
心葉 ピンクトルマリン シトリン クローバーネックレス K10

こちらのデザインは四つ葉であるとともにピンクの愛らしい配色がキュート。若々しいイメージで進学する年齢にもピッタリです。

就職。いよいよ厳しい世界に羽ばたく社会人として一歩を踏み出すときに。

それぞれがその人なりの道を歩み、いよいよ社会人の仲間入りをするとき。どんな世界進むとしてもその先にたくさんの厳しい状況が待ち受けているのも親は知っています。それでも親がしてあげられることはそんなにありません。健康に気を配りただひたすらに応援することだけかもしれません。
そんなときにパワーを秘めた宝石「真珠」を贈るのはいかがでしょうか。真珠は一粒身に着けると秘めた能力を引き出してくれるパワーがあると言われています。大切な仕事であなたらしい自分の力が最大限に活かせますようにとの願いを込めて。
K10WG アコヤ真珠 ネックレス

こちらのネックレスはスタイリッシュなデザインでスーツにもよく似合います。年齢も選ばないデザインなので長く続く社会人にはぴったりではないでしょうか。

出産。人生最高のきらめきの瞬間に感謝と変わらない親の想いを伝える

人生のステージが変わるタイミングをこれまで「成人」、「進学」、「就職」……とさまざまな角度から見てきました。けれども娘であるからこその大きく世界が変わるタイミングのひとつに「出産」があると思います。
実は出産って生まれてきた赤ちゃんにはたくさんのお祝いや贈り物をいただくのですが、同じだけ頑張ったママには案外プレゼントって少ないものですよね。
我が子が無事にお産を終えたそのとき、生まれてきた孫の愛らしさをかみしめるとともにきっと我が娘を誇りに思うことでしょう。そんな日の我が娘に贈りたいジュエリーを考えてみました。
生命に感謝。親から子へそしてそのまた子へと続く絆に想いを馳せて。そんな気持ちを伝えるのにジュエリーはピッタリの贈り物です。
K10PG ダイヤモンド ネックレス

ダイヤモンドがあしらわれたこちらのネックレス。ダイヤモンドは世界一硬いジュエリーといわれているところから変わらない心を表し、それは親が子どもを想う気持ちにつながります。たとえ子どもが親となったとしても自分にとっては子どもなのですから。
またこのデザインは3つ並んだジュエリーが親子3代もイメージできておもしろいですね。

大切な娘の人生の節々に贈りたいジュエリーについて考えてみました。
ジュエリーの輝きは色褪せることがありません。そしてジュエリーには秘められたパワーがあります。長く輝く娘の人生に寄り添って応援する。幸せであれと願う親の気持ちが込められた贈り物にジュエリーほど最適なものはありません。