永遠の愛を誓った結婚式。

みなさんは毎年の結婚記念日にどういったプレゼントを贈っていますか?
そんな記念日にどういったプレゼントをすればいいのか、お悩みの男性は多いかと思います。
ずっと一緒生活していると、毎日の生活に追われてしまいがち。
ですが、年に1回の結婚記念日くらい夫婦でお祝いしたいものです。
ここではそんな結婚記念日に贈るジュエリーの選び方のポイントについてご紹介しましょう。
結婚記念日のジュエリー選びにお悩みの男性の方はぜひ最後まで読んでみてくださいね!

結婚記念日にジュエリーを選ぶ時のポイント

結婚記念日にジュエリーを選ぶ際には何を基準に選ぶか明確にしましょう。
ジュエリーと一言で言ってもアイテムはネックレスやピアス、リングなどがあるため、どれを選べばいいのか迷うでしょう。
最も重要なのは贈る相手にいかに喜んでもらえるかです。
と言いますのも、女性用ジュエリーは人によって好みに差があるため、指輪が好きで付けている女性もいれば、付けるのがうっとおしい・・という女性もいます。また、ピアスの穴が開いている人もいれば開いていない女性もいますし、そもそも耳にジュエリーを付けるのが嫌だという女性もいます。
ですので、贈る相手がどういったジュエリーを好むのか、何気なく観察しておくようにしましょう。
また、全くジュエリーを付けない女性の場合、どういった理由で付けないのかもチェックしてみましょう。
もしかすると、金属アレルギーが原因で身に着けたくても我慢しているのかもしれませんね。
また、仕事の都合上決まりなどで結婚指輪以外の指輪は付加・・という場合もありますし、ジュエリーは全て禁止という職場もあるかもしれません。

ネックレス

心葉 ダイヤモンド ピンクダイヤモンド クロスネックレス K10

ネックレスとは首回りにつけるジュエリーのことでペンダントとの違いと言うと、宝石などが垂れ下がっているものがペンダントで、そうでないものをネックレス・・という点です。
結婚記念日のジュエリー選びに困ったらネックレスを贈ると無難です。
ただ、気をつけるべき色があり、ゴールドと一言で言ってもピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドに分かれており、イエローゴールドはこの中で特にゴージャスなイメージを演出できます。

パーティなど華やかな場面に出ることが多い女性にはイエローゴールドがおすすめ。
いっぽうで、仕事の関係で控えめなジュエリーの方がいい方にはピンクゴールドかホワイトゴールドがいいでしょう。
特にピンクゴールドは日本人の肌の色になじみやすいので華やかでありながら品よく見えます。
贈る女性のライフスタイルによってどのネックレスにするか選んであげるといいでしょう。

リング

結婚記念日に贈るジュエリーとしてリングもおすすめ。
特にエタニティリングはいかがでしょうか?
エタニティリングとは永遠のリングという意味で、宝石がリング全体にあしらわれており、夫から妻へ結婚記念日に贈るジュエリーの定番と言われています。
このエタニティリングにはリングの半分に宝石がついているハーフエタニティと、全体に宝石がついているフルエタニティとがあります。
もちろん、全体に宝石がついているのでフルエタニティは豪華に思いますが、つけている時肌に当たる部分が多かったり、見える部分はほとんどハーフエタニティと変わらないのに高額になるため、フルエタニティを贈る男性が多いようです。
どちらを選ぶにしても、結婚指輪などに比べ細いので重ねづけできますし、上品でさりげないデザインのものが多いためフォーマルなシーンにも似合います。
また、ゴージャスなデザインからシンプルなデザインまでさまざまなものがあるため、リングの幅や材質、大きさ、ダイヤの数・・など、相手の好みに合わせて選ぶようにしましょう。
ぜひ、今後の結婚生活が幸せになものになるよう、結婚記念日の贈りものに美しく上品なデザインのエタニティリングを選んでみてくださいね!

ピアス

ピアスの穴を開けている女性の場合、結婚記念日にピアスを贈るのもおすすめ。
ピアスにはさまざまな種類があり、つい安いものに目が行ってしまいますが、せっかくの結婚記念日ですから奮発してみましょう。
ある程度の年齢の女性ならシンプルでありながら上品で上質なピアスを選びたいものです。
おすすめの材質としてはホワイトゴールド、プラチナ、ゴールド・・などですね。
上質なピアスならデートはもちろん、ちょっとしたパーティや冠婚葬祭にも身に着けられるので、きっと喜んでもらえるはずですよ。

結婚記念日にジュエリーを贈る際の選び方のポイントをご紹介しました。
日ごろ感謝の気持ちを伝えるのは照れ臭いですし、恥ずかしいものです。
でも、結婚記念日はジュエリーを添えて日ごろの感謝の気持ちを素直に伝えられるチャンスです。
ぜひ、ここでご紹介したポイントを押さえていただき、奥様が喜んでくれそうなジュエリーを選んであげてくださいね!