「プレゼントを渡すのが恥ずかしい」「あげたいけれど、今さらどんな顔で?」そんなシャイな旦那さまも珍しくありません。
妻へプレゼントを贈りたいが、どうやって贈ったらいいか分からないとお悩みの方に、プレゼントの渡し方をご紹介します。
シンプルに手渡すだけが、プレゼントの方法ではありません。恥ずかしがり屋さんでも、奥さんに文句を言われたらとビクビクしてしまう方でも、うまく渡して喜んでもらえる方法を試してみましょう!

普通に渡したいけれど難しい?普通に渡してOKです

決して奥さんへのプレゼントをケチっているつもりはないけれど、なんだか照れ臭い。いまさら?なんて思われたらと、なかなか実行できない旦那さんもいるでしょう。
きっかけを失ってしまい、きちんとしたプレゼントする機会を失ってしまった夫婦もいます。子供も交えて家族で食事に行ったり、忙しくて忘れてしまったりと、なんとなくお祝いせずに済ませていたなんてこともあるでしょう。
照れくさくて迷っている方もいますが、今年からプレゼントする習慣を始めてみませんか?
いきなり!?と思う必要はありません。プレゼントを贈るのに、特別なきっかけなどいらないのです。プレゼントしたいからする。それだけの気持ちで構いません。
そんなシンプルな気持ちから生まれた行動が、奥さんにとっては喜ばしいのです。最初は疑う気持ちが芽生えることもあるでしょう。ですが、今年から習慣にしてしまえば、疑ってしまったことを恥ずかしく思うでしょう。
理由なんて考えず、普通の顔で普通に渡せばOKです。プレゼントを贈るという行為は、親しい間柄にとって、特別過ぎるものではありません。

正面からは渡しにくい?では、こんな方法で

久しぶりのプレゼントは、親しい妻であっても緊張してしまうもの。何か言われたらどうしよう?と、正面きって渡すのは無理なんて人も。
そんなときには、ストレートに手渡ししなくても大丈夫です!たとえば、以下のような方法を試してみてください。
・「ケーキ買ってきたよ」 と、ケーキの箱の中にプレゼントを入れておく。
・枕の下に隠しておいて、出かけた後にLINEで連絡。
・空のお弁当箱と一緒に、さりげなく渡す。
・車の運転中に、助手席にいる妻の膝に置く。

こんな風に、間接的に渡されたら、奥さんも戸惑ってしまいますよね。ですが、「○○のプレゼント」と一言伝えるだけで構いません。あれこれ言ってしまえば、夫の気持ちにケチをつけるようになってしまうため、何も言えなくなってしまうでしょう。
ちょっと疑問に思っても、やっぱりプレゼントを見てしまうと嬉しいもの。「何か隠している?」なんて疑われても、悪いことをしているわけではないのですから、堂々としていれば大丈夫です。

プレゼントの価値が上がる!?上手な渡し方とは?

プレゼントを渡す際には、喜ばれるためのコツを覚えておきましょう。
まず、決して上から目線で言わないこと。恩着せがましくあげないこと。つい恥ずかしがって、そっけなく、乱暴に渡してしまう方もいますが、これはNGです。受け取る方の気持ちを考えながら、渡してあげてください。
プレゼントは丁寧に、壊れ物を扱うようにソーっと、大切に渡すのがコツです。プレゼントがとても高価なものに見えますし、それをもらう自分自身が、とても大切に扱われているかのように感じます。
高級ショップに行くと、バッグやジュエリーをとても丁寧に、手袋をはめて取り扱う姿を見ることもありますよね。少し大げさなぐらいに、触れたら壊れてしまうものを扱うようなイメージで渡すと、貴重な物のように見えてしまいます。
先ほどの渡し方を試すときにも、「プレゼントをしっかりとしたボックスに入れる」「ソーっと置く」といった演出を加えてみてください。
とても大切なものを手渡されたと感じ、奥さんの高揚感を高めてくれるでしょう。

久しぶりのプレゼントにおすすめなのは?

さりげなく、自然に渡しやすいものが向いていますから、ぜひジュエリーを選んでみてください。ピアスやネックレスのような、片手で手渡せるもの、軽くて隠しやすいものだと、渡しやすくて便利です。
最新家電や大きな花束などは、大きすぎて準備も大変。渡すときにも戸惑ってしまいますよね。
デイリー使いがしやすい、小さなピアスやイヤリングなどがおすすめです。これなら、どんなときにも身につけられるため、せっかくのプレゼントを愛用しやすいと感じるでしょう。
小さなピアスなら高価すぎることもなく、プレゼントされても素直に受け取りやすいもの。ですが、キレイな宝石の輝きに、とても喜ばれるはずです。ジュエリーには、デイリー使いしやすいデザインも多くあります。素敵なデザインを、選んでみてください。
K18YG ダイヤモンド ピアス

久しぶりのプレゼントに迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。
女性はいくつになっても、ジュエリーを贈られることに憧れてしまうもの。内心、ひそかにこんな日を夢見ていたなんてこともあるでしょう。
ぜひ、素敵なピアスやイヤリングの中から奥さまにピッタリなものを選び、上手に渡してくださいね。