男性から女性に向けて贈り物をする時に、どうしても悩んでしまうのが渡すシチュエーションです。
どんなふうにプレゼントを贈ると女性が喜んでくれるのか、またスマートに素敵な贈り物ができるのかそんな心配で頭がいっぱいの人におすすめのアクセサリーをプレゼントするシチュエーションを4パターン伝授します。
ここではディナーの時やデートの別れ際に渡す王道は紹介せず、誰にでもできる素敵で照れくさくない渡し方をわかりやすく説明していくので、女性にアクセサリーを渡すときの参考にしてみてくださいね。

目覚めるとテーブルの上にプレゼント

彼女の家に泊まったり彼女が家に泊まりに着たり、一緒に住んでいるなど寝起きを共にする仲なら、彼女が目を覚ます前にテーブルにプレゼントのアクセサリーをそっと置いておきましょう。
面と向かって渡すのは照れくさいという人や、緊張してスムーズに渡せないという人におすすめの方法です。
自分は先に起きてさりげなく朝の支度をしていると後から起きてきた彼女がプレゼントの箱を見つけたり、前日の寝る前にテーブルに置くと先に起きてプレゼントを見つけた彼女に満面の笑みで起こされたり、朝からお互い幸せな気持ちになれるでしょう。
また感謝の気持ちや労いのメッセージを書いたカードと共にスタンバイすると、女性は男性からの気持ちが伝わりさらに喜びが倍増します。
メッセージカードには何を書いたらいいか迷ってしまう人も、プレゼントの横には彼女へのプレゼントとわかるように名前を添えることは忘れないようにしましょう。
自分のほうが先に仕事に出掛ける人も、女性がどんな顔で喜ぶかを想像しながら一日過ごして家に帰宅する楽しみがあり、彼女のとびっきりの笑顔が見られます。
大人になるとサンタクロースも来ない、サプライズも大がかりだと途中で気が付いてしまったりするので、自然なさりげないサプライズで女性をドキッとさせてあげましょう。
この方法なら長年連れ添った相手にも照れずに日頃の感謝を伝えられて、さらに愛が深まるはずです。

着替えの上にアクセサリーをスタンバイ

もしも彼女がシャワーを浴びているシチュエーションを利用してプレゼントを仕込める間柄なら、入浴中に彼女の着替えの上にそっとアクセサリーを置いておきましょう。
この時にポイントなのはプレゼントを完全にラッピングされた状態ではなく、中身が見えるように置くことです。
ラッピングされたままだとそのまま箱を開けずに手に持って出てくる可能性が高まりますが、ふたを開けて少しアクセサリーが見えるようにしておくと、洗面台の鏡を見ながらアクセサリーをつけて、女性が嬉しそうに登場する姿が見られるかもしれません。
またこの方法はピアスなどちょっとしたときにプレゼントする場合にも使えて、お風呂上がりの爽快感も手伝って女性の満足度も高めてくれるでしょう。
日常の何気ない中での思いがけないプレゼントは幸福度を最高潮にしてくれるので、記念日など女性が構えていない日のプレゼントがおすすめです。
お互い忙しくてすれ違いの生活を送っている時期や、毎日の生活がマンネリ化してきている時に女性へアクセサリーを贈ると変わらぬ愛情がそこにあると女性に伝わり、二人の関係を見直す突破口になるでしょう。

ショートケーキと一緒にアクセサリーのプレゼント

家で待っている奥さんや彼女の家を訪ねる時に、たまにお土産を買って帰ることがある男性は少なくないと思います。
ですから仕事帰りにさりげなく買って帰るお土産の中にプレゼントを忍ばせて、サラッといつも通りに女性に手渡してみましょう。
この時にポイントなのは特別なお土産ではなく「帰り道に美味しそうなケーキ屋さんがあったから」とショートケーキを一つ買い、その箱にアクセサリーの箱も一緒に入れておくのがベストです。
まさかケーキの箱にアクセサリーが入っているとは思わないので、ケーキだけでも喜んでいた女性の笑顔は箱を開けた瞬間に5倍や10倍になるでしょう。
一緒に住んでいなくてもできる方法なので、彼女の家を訪ねる際はお試しくださいね。
普段から不器用な男性でもサラッとケーキの箱を渡すだけなので、スムーズにプレゼントを渡すことができます。
もしもケーキを買っていく柄じゃないという人や、普段からあまりお土産を持って帰らないという人は、会社の人や取引先の人にもらったからということにして手渡しても良いでしょう。
彼女の無邪気に喜ぶ姿が見たかったら、一度は試してほしいおすすめの方法です。

お部屋のインテリアにこっそりと追加

一緒に暮らしている場合や頻繁に彼女の家を訪ねる間柄なら、ちょっと遊び心の溢れるサプライズプレゼントをしてみましょう。
ただこの方法はその日に彼女が気づくとは限らないので、記念日など決まった日に渡したい場合は少し技術が必要です。
まずお部屋のぬいぐるみにアクセサリーを持たせてみたり、テレビ台の上に置いてみたり、観葉植物の根元にそっとおいてみたり、とにかくお部屋のインテリアにプレゼントを紛れ込ませて、いつも通りに過ごします。
そして彼女が自然にプレゼントを見つけるのを待ちます。
完全に隠してしまうのではなく、見えるところに置いていたほうが見つけるまで眺めている男性は楽しめるでしょう。
飾り棚にこっそり陳列したり、ティッシュ箱の上にスタンバイしたりするのもおすすめです。
これは小さな贈り物のときにしか使えない方法なので、大好きな女性がびっくりした顔を見るのが好きな人は、アクセサリーをプレゼントするときにお試しくださいね。
一緒に家にいる間に気が付いてもらえなかったら自然に気が付くまで数日待つか、最終手段は電話で誘導しましょう。
そうするとびっくりした彼女が「いつからここにあったの~?」と大喜びする声が聴けるはずです。