パワーストーンの美しさや神秘に興味を持っていたとしても、「宝石やパワーストーンを持ってみたいけれど、どれを選べば良いのかわからない」という人も多いですよね。

宝石やパワーストーンはたくさんの種類がありますが、それぞれでサポートするパワーが変わってきます。
自分を守る保護の力が強い石や、自分にパワーを与えてくれる石、疲れた心に癒しを与えてくれる石、愛されるための愛を授けてくれる石など、自分が望む力を与えてくれるのもパワーストーンの役割です。

そこで、今回は宝石が持つサポートについて、こんなときはどんな宝石が向いているのかという目的別のパワーストーンの選び方についてご紹介します。

パワーストーンの役割とは?

私たち人間に個性があるように、宝石にもそれぞれ個性や得意とする分野があり、癒し担当のクリスタル、愛情担当のクリスタルなどそれぞれでサポートが違います。

宝石たちの得意分野のサポートを受けながら、望む自分へ近づいていくことがパワーストーンを持つ醍醐味だと言えるでしょう。
自分を守る守護として持つのか、欲しいパワーを得る為に持つのかによって、選び方も変わってくるのです。

まずは自分の望みにフォーカスして「自分が今、どんな風になりたいのか」ということを探ってみましょう。
すると、「自分は今目的に向かって進みたいと思っているな」とか「人間関係を円滑にしたいと思っているな」とか望みが湧き出てくることでしょう。

それでは、自分の目的別に沿ったパワーストーンを決めていきましょう。

自分を守ってくれる守護石の選び方

宇宙の中で、地球の誕生とともに生まれた宝石は、とても神秘的です。地球の保護としても存在している宝石は、私たちの手元にやってくるとその持ち主を全力でサポートしてくれます。
古代の人々は、国を守る守護や、神官たちのお守りとしてパワーストーンを愛用してきました。
自分を守るパワーストーンとしてパワフルなのは、アメジスト、ローズクォーツ、アクアマリン、オニキス、シトリンなどです。これらの宝石は、自分を守る守護石となって全力でサポートしてくれますよ。

特にオニキスは、身体や命を守るパワーストーンとして用いられてきた歴史があります。
また、体の部位ごとを保護したいときは、それぞれのパワーストーンを身につけることをお勧めします。

頭に関する症状で悩んでいるときはアメジスト、首や喉の症状で悩んでいるときはアクアマリン、心の悲しみや愛の問題で悩んでいるときはローズクォーツ、胃や十二指腸などのトラブルで悩んでいるときはシトリンがおすすめです。

現代医学が発展した今に、宝石に医療効果があるというわけではないのですが、人々と宝石の歴史の中には、クリスタルで病を治していた時代もありました。古代メソポタミア文明で用いられてきた「石薬」は、クリスタルを削って引用することや、煎じ薬として用いられたりしてきた歴史があります。
比較的新しい時代では、チベット医学の分野において、宝石を薬草とともに煎じて毒抜き薬を作っていました。

彼らは、目的を持って宝石を扱っており、その神秘に敬意を払っていたのです。私たちも同じように、宝石やパワーストーンに願いを込めてみましょう。
K18YG アメジスト ネックレス

恋愛を高めたいときにオススメのパワーストーンの選び方

好きな人と結ばれたい、恋愛運を良くしたいと願う時は、ピンク系の宝石がオススメです。
また、フォルムとしては、良い後縁結びという意味合いを持つ丸い形のパワーストーンを選ぶと、より恋愛運が高まります。

パートナーから愛される存在になりたいときは、ローズクォーツがオススメです。ローズクォーツのサポートを受け取ると、愛し愛される喜びを知ることになるでしょう。

今のパートナーとのご縁をより深くしたいと願う時は、ピンクアクアマリンの宝石を身につけることもおすすめです。

また、恋愛運を高めたいときは、ネックレスがオススメです。胸元にくるネックレスは、ハート(愛情)のサポートになりますので、あなたの愛を満たしてくれるとともに、大切な人へその愛を届けるための湧き水となってくれます。
心葉 ローズクォーツ ホワイトトパーズ ネックレス K10

仕事運を高めたいときに効果的なパワーストーンの選び方

今自分が向かっている目標を達成したいときや、プロジェクトを成功させたいと強く願うときは、多面体カットの宝石を選ぶことをオススメします。
多面にカットしてある宝石は、多方面に光を放つと言われるため、より光のサポートを受けて、そのエネルギーを増してくれるのです。

仕事運全体を高めたいときは、サファイアなどのブルー系の宝石を選ぶと、より仕事に対して向き合うサポートになりますよ。

仕事をする中でも、プロジェクトを成功させたいときにはカーネリアンの宝石を、自分自身のスキルアップを高めたいときにはラピスラズリやアメジストの宝石がオススメです。

また仕事をする上で大切なのは、人とのコミュニケーションの問題です。人とのコミュニケーションを円滑にしたいときも、ブルー系の宝石が役に立ちます。
自分の意見を周囲の人たちに上手に伝えられるようにサファイア、アクアマリンなどのサポートを受けながら仕事に臨んでみましょう。

仕事上で宝石を身につける事ができない人でも、ネガティブなエネルギーから自分を守るために、宝石をポケットに入れておくことをオススメします。
一度持ち主に選ばれた宝石は、身につけていないときも持ち主のサポートをしてくれます。身につけられない人は、制服のポケットに入れておきましょう。
その際、選ぶ事ができるのであれば、左のポケットに入れるのがオススメです。私たちの体の左側は受け取る側、右側は与える側と言われていますので、ネガティブなものを受け取りそうになったときに、左側に入っている宝石が保護してくれますよ。

アクセサリーが禁止の職場に勤めている人の中には、布袋に入れてカバンに入れて持ち歩き、通勤時だけ身につけるという人も多いですので、柔軟に対応してみてくださいね。
Pt850 アクアマリン ネックレス

まとめ

パワーストーンや宝石は、それぞれ石ごとに役割が違ってきます。目的別のパワーストーンの選び方を知っていると、「こんなときはどういう宝石を選んだらいいのかな?」という意図で、今の自分により必要な宝石を引き寄せる事ができます。
パワーストーンや宝石は、持ち主との共鳴でたくさんのメッセージを送ってくれます。そのメッセージに耳を傾けサポートを受け取って行くことで、より人生が展開することを実感していくでしょう。