6月に入り、だんだんと梅雨特有の湿気とジメジメ感が辛い季節になってきました。

そんな時期に毎朝憂鬱なのがヘアアレンジだ、という人も少なくないのではないでしょうか。

今回は、梅雨で髪の毛がまとまらないとお悩みの人に向けて、日ごろからできる髪のお手入れと、簡単なヘアアレンジ方法をご紹介していきます!

元々の髪質だから、とあきらめていた人もぜひ参考にしてみてくださいね。

セットの前に…簡単ケアにチャレンジ!

いざヘアアレンジ!となる前に、毎日のお手入れでも簡単に梅雨対策はできます。ポイントごとに、詳しく見ていきましょう。

トリートメントを有効活用しよう!

梅雨時期はとにかく髪のパサつきとうねりが気になりますよね。毛流れやクセによってヘアアレンジの難易度も大きく変わります。そもそもなぜ、梅雨に髪が広がるのかというと、空気中の湿気が髪の傷んでいる部分から入り込み、さまざまな形に膨張することで、うねりや縮みとなって現れてしまうのです。そんな傷み対策に有効なのがトリートメントです。パーマやカラー、紫外線などのダメージを受けている髪に定期的にうるおいを与えてあげることで、過剰な膨張を防ぐことができます。最近は洗い流さないタイプのトリートメントもあるので、時間がないという人もより簡単に取り入れることができますよ。オイル成分が多めのものを選ぶとしっかりとダメージ部分をカバーしてくれるので、特におすすめです。

ヘアオイルを取り入れよう!

ヘアアレンジのツールとして人気が高まっているオイルですが、もちろん日常的なお手入れにも抜群の効果を発揮します。特にドライヤーをかける前にヘアオイルを馴染ませておくことで、摩擦や熱ダメージから守ることができます。仕上がりがサラサラになるものからしっとりするものまで、さまざまな商品が出ているのでお好みのものを選んでください。ただし、保湿のためといって付けすぎるとベタつきや不快感の原因にもなりかねないので注意してくださいね。また、朝のヘアアレンジの直前にも少しオイルを馴染ませてあげると、保湿効果を上げつつスタイリングもしやすくなるため、一石二鳥です。これまであまり使ったことがなかった人は、梅雨が本格化する前に検討してみてください。

ドライヤーはかけ方で仕上がりが変わる!

ドライヤーをかける方向や順番によっても、大きく仕上がりが変わります。基本は根本から毛先に向かって、上から下の方向に風を当てるようにしましょう。もしもボリュームを出したい場合は下から上に風を送ってあげるとふんわりした質感を出すことができます。ポイントは長時間かけすぎないこと。完全に乾くまでブローし続けてしまうと、熱が髪にダメージを与えてしまいます。根本は乾きつつ、毛先はややしっとりしているくらいで止めておくと良いでしょう。また、ブロー中も適度に冷風を入れてあげることで余計な熱を逃し、よりうるおいを保った状態で乾かすことができますよ。

長さ別!簡単ヘアアレンジ方法!

しっかりケアできたところで、いよいよ梅雨にぴったりのヘアアレンジ方法をご紹介します。長さ別に簡単にできるアレンジ方法をお伝えしていきますので、苦手な人も安心してくださいね。

ロング

ロングはうねりや髪の広がりを感じやすいため、全体をさっぱり見せるためにはポニーテールを意識してみましょう。今話題の“くるりんぱ”や一本三つ編みなどは時間がなくても、簡単におしゃれ感を出すことができるのでおすすめです。ほかにはお団子にさっとまとめたシニヨンなども、首回りがすっきりしてべたつきを防ぐことができます。きっちりくくりすぎるのではなく、梅雨特有のクセやウェーブを生かしてゆるめにくくると、ラフっぽくて垢抜け感がグンとアップします。もしも顔回りが少し寂しいと思った時は、デザイン性のあるピアスなどを着けるとしっかりバランスが取れますよ。
K18YG マルチストーン ピアス

ミディアム

ミディアムヘアには相性の良いハーフアップがおすすめです。毛先は適度に遊ばせつつ、トップの髪をしっかりまとめることでボサボサ感をなくすことができます。よりこなれ感を出すためにはただのハーフアップよりも毛束をねじりながらまとめてみたり、適度におくれ毛を出すと良いでしょう。また、可愛い印象にしたい人は前髪を編み込みにするのもおすすめです。キュートさが上がるだけでなく、垂れてくる髪を煩わしく感じることもありません。TPOに合わせて髪留めをゴムやバレッタなどいろいろ変えることで、おしゃれ上級者を演出することもできます。

ショート

ショートの人はヘアピンを積極的に取り入れていくと良いでしょう。特にうねりが気になる部分をピンで固定すると、細かい部分も簡単に整えることができ、顔回りもすっきりします。最近はパールをあしらった上品なものや、ゴールドやシルバーなどシンプルかつゴージャスなヘアピンもたくさんあるので、大人っぽく見せたい時でも活躍してくれます。トップのボリュームを少し減らしたいという人は、カチューシャやヘアバンドを着けるとしっかりとボリュームダウンできますよ。

まとめ

いかがでしたか。

どんな髪型であっても、ポイントを押さえたお手入れとヘアアレンジを心がけることで、簡単に湿気対策をすることができます。

梅雨は気分も滅入ってしまいがちですが、こんな時期だからこそ、毎日の気分をよりハッピーに盛り上げていきたいですね。

これまでは季節柄対策を断念してしまっていた人もこれを機に前向きに検討してみてくださいね。