夫婦喧嘩なんてよくあることと分かっていても、実際に自分たちがしてしまった際には、気分が落ち込むもの。特に妻の機嫌がなかなか直らず、気が重いという方もいるでしょう。長引く夫婦喧嘩は、生活が破綻する危険をはらんでいるため、早急に対処したいもの。ですが、長引くほどに仲直りしにくいものですよね。
そんな方に、平和な解決へと導く方法をご紹介します。
夫婦喧嘩の仲直りで大切なのは、原因究明ではなく、妻の気持ちを知ること。ぜひ参考にしてくださいね。

夫婦喧嘩の終息は意外と短い!長引いたら危険のサイン

夫婦喧嘩をしてしまったとき、仲直りのタイミングを逃して、長引かせてしまったことはありませんか?たいがいの夫婦喧嘩は、短い時間で終了してしまいます。長くて一日なんて夫婦も。
一緒に暮らしている大人同士のため、ケンカしても早くに仲直りするのが賢明と、お互いが認識しています。ところが、何日たっても妻の機嫌が直らない、まだ怒っているなんてケースもありますよね。
仲直りは早いほど良いと分かっているだけに、長引くほどに状況は悪化してしまいます。こんなとき、妻の機嫌を直し、早々に仲直りする方法を覚えておきましょう。

約束を破ったときには?

夫婦の約束をうっかり破ったり、頼まれごとを忘れたりしてしまったことはありませんか?大したことでもないのに、おおいに怒られてケンカに発展・・・という夫婦も多いでしょう。または、記念日を忘れてしまうなんてことも。
約束を破って、妻が機嫌を損ねてしまったとき、本当は怒っているのではなく、寂しいと感じていることも。約束を破るような、ルーズな人柄に怒っているのではなく、「私との約束なんて、どうでもいいと思っているでしょう?」という、妻への関心の低さに腹を立てています。
仲直りするきっかけを失い、ケンカ状態が続いているときには、二人でゆっくり話し合う時間を設けましょう。「話すことなんてない」と突っぱねられることもあるかもしれません。そんなときには「話し合いがしたいのではなく、君の話を聞きたい」と言ってみてください。
コミュニケーションを深めるように努めると、妻の気持ちも穏やかになります。必要とされていると分かれば、たまにうっかり約束を忘れても、軽いケンカで済むようになります。

ひどい言葉をかけてしまったとき

家族だからと、ついひどい言葉をかけてしまうこともあるでしょう。「関係ない」と言った一言から、「関係ないなんて言い方ヒドイ!」と、ケンカが始まることも。
男性側はひどい言葉のつもりでなくても、受け取る女性には強く聞こえてしまうことがあります。こんなときにはいったん距離を置き、お互いに頭を冷やす時間をとりましょう。謝っても許してもらえないときは、時間をかけ、関係の修復をはかってください。
毎日声をかけること、なるべく距離を詰めて隣に座ること、一緒に寝ることを続けるようにしてください。傷ついて怒っていても、いつでも側にいてくれる人と分かれば、だんだん怒る気持ちもなくなってきます。

妻には優しい一言とプレゼントが喜ばれる

結婚して夫婦になると、女性は家族と見られることが、嬉しいようで寂しくもあるもの。「もう家族だから」と遠慮や気遣いをしてもらえなくなることが、女性としての魅力を失ったように感じ、不安になることもあります。
小さな不安を胸にためておくと、些細なことで爆発し、ケンカに発展しやすくなるでしょう。男性側にしてみれば突然のように感じ、「なんでそんなことで怒るの!?」とビックリしてしまうこともあります。
普段から妻を女性として扱い、優しく気遣う態度を見せれば、平穏な気持ちで過ごすことができるもの。最近、妻を褒めていない、気遣っていない・・・なんて方は、優しい一言をかけてみてください。
「髪型変えた?とってもよく似合うね」「体調悪い?買物行ってくるから欲しいものあったら言って」など、何気ない一言に助けられる女性は多いのです。
ケンカしてしまったら、「ゴメン」の一言とともに、小さなジュエリーを贈ってみてください。美しいものをプレゼントされると、女性として扱われていることが分かり、嬉しくなってしまいます。
「絶対に許さない」なんて怒っていた妻も、プレゼントまで用意されてしまうと、子供じみた態度を反省してしまいます。本当は、仲直りするキッカケを待っていたのかもしれません。
「プレゼントをする、喜んで受け取る」という流れになれば、お互いにスッキリと許し合えそうですよね。
K18YG スーパーキュービックジルコニア ピアス

環境も人格も違う二人が暮らすのは、想像以上に大変なこと。さらに女性はホルモンの関係で、気分や体調が左右されやすいものです。デートのときにはコントロールしていても、生活を共にすると無理が利かなくなります。
気遣いを忘れずにうまく距離をとり、たまには女性らしいプレゼントを贈って、不安な気持ちを取り除いてあげてくださいね。ケンカをしても仲直りしやすくなるよう、日頃から良好な関係を築けるようにしてみましょう。