大切な母が還暦を迎えるそのときに

これまで自分に対したくさんの愛情を注いでくれた母が還暦のバースデーを迎えるとき。日頃の感謝を込めて特別なプレゼントを贈りたいと考えてる人も多いのではないでしょうか。最近では旅行やお食事会などを企画することも多いようですね。
思い出に1ページを加えることもステキですが、贈り物はいつの時代でも貰うと嬉しいもの。では形に残るプレゼントは一体どういったものがいいのでしょうか。

お母さんの姿を思い描くと好きなものや趣味がよくわかる人もいるかもしれません。お料理が好きならちょっといいお鍋。体を動かすことが好きならスポーツウェアなど実用的なものもいいでしょう。
ですがこんな時にこそぜひおすすめしたいのがジュエリーです。還暦といっても今はまだまだアクティブに動くことができる世代。子育てもひと段落し仕事もリタイアするなど時間にも余裕があり、体は元気なある意味一番動きやすい世代ともいえます。
まだまだ人前に出る機会も多いでしょう。何よりいくつになってもジュエリーのプレゼントは格別に嬉しいもの。そして本物の輝きを持つジュエリーは老若男女問わず人を虜にする魅力があるものです。

還暦のお祝いにこそ輝くジュエリーの出番。ジュエリーのようにこの先も元気に楽しくキラキラと過ごして欲しいという願いを込めてプレゼントしてはいかがでしょうか。

赤は魔除けの色!還暦に赤いジュエリーを贈る

還暦といえばやっぱり赤い印象のある人が多いようです。今の時代、還暦だからと「赤いちゃんちゃんこ」を着る人はどれほどいるのでしょうか。
赤は魔除けのパワーがあるとして昔から身に着けるのがいいと考えられています。そして還暦では60年で生まれた年の干支に戻ってくることから、赤ちゃんが身に着ける産着をイメージした「ちゃんちゃんこ」へとつながり定着したようです。
とはいっても赤いちゃんちゃんこはその日限りのイベント要素が高いですよね。それなら普段でも身に着けやすいアクセサリーを選びませんか?赤は赤でもは深みのある落ち着いた色が美しいガーネットは色合わせもしやすく身に着けやすいジュエリー。60代の肌にもなじみやすく上品に見えますよ。

こちらのペンダントはガーネットとダイヤモンドの両方があしらわれたデザインです。ガーネットには前向きなパワーがあるとされていて、この先元気に若々しく過ごしてほしいという願いとマッチします。
滑らかなラインの美しさは女性らしくダイヤモンドの華が加わったデザインで目を惹きますが、ガーネット特有の深みのあるカラーで派手すぎません。
K10PG ガーネット ダイヤモンドネックレス

慶事にぴったりなゴールド。おめでたいことを心より祝う

金という色は縁起も良くお祝い事には昔から使われているカラーです。ゴールドは「成功」を意味し、人生一区切りのこのタイミングで贈るのにぴったり。また「深い知性」を表すともいわれ、いろいろな経験があり本当の幸福を知る年齢だからこそよく似合うカラーではないでしょうか。
ゴールドの華やかさは顔映りも明るくします。元気に生き生きと過ごすパワー溢れる60代にとてもよく似合うジュエリーなのです。

こちらのピアスは一見ゴージャスにも見えますが、その小ぶりな大きさは品がよく60代の耳元を知的に彩ってくれることでしょう。カットの方向が様々で輝きがよりわかりやすいデザイン。着る服やヘアスタイルを選ばないので日常使いもしやすく出番の多いアクセサリーになりますよ。
K18YG フープピアス

ジュエリーのご加護を…。母の誕生石で選ぶ

還暦という言葉が先に立ちますが、還暦とは60歳の誕生日のお祝いにあたります。王道ですが誕生石を選ぶのもオリジナリティあって嬉しいものです。
誕生石となると60年生きてきた中ですでに1つ2つ持っていることもあるかもしれません。ですがその時代時代で流行がありデザインは少しずつ違うもの。シンプルなデザインでも時代を感じたりするものです。そこであらためて今風にデザインされた誕生石を贈ることは意味のあること。昔のものもいいですが、今のものを身に着けるとどこかあか抜けてオシャレに見えますよ。

こちらは8月の誕生石「ペリドット」をあしらったペンダント。柔らかいグリーンのカラーがさりげなくワンポイント華やかに魅せてくれます。
月ごとに数種類の誕生石あるので、本人に似合いそうな石をチョイスしてください。どれが似合いそうかなと考えることを含めてステキな贈り物となることでしょう。
K18YG ペリドット ネックレス

人生の一区切りに贈るジュエリー。そこに感謝の言葉を添えて…

還暦を迎えるということはとてもおめでたいこと。人生の一区切りになるそのときを周りの人に祝ってもらうことができたら、それは何よりかけがえのない時間になることでしょう。母がいて自分がいて、ひょっとするとその先子供、孫…と続く人もいるかもしれません。
脈々と続く樹形のような大きな流れの中の一員として自分が刻まれているのを再確認できるその日を、ジュエリーのプレゼントでさらに彩ってはいかがでしょうか。

日頃の感謝やここまでお世話になったお母さんへのお礼、これからもよろしくというご挨拶。親しすぎるからこそ改めて口にすることは少ないかもしれませんが、ステキな贈り物を渡すそのときはきっと言いやすい瞬間です。たくさんの会話を楽しみながらおめでたいひとときを過ごしてください。