女性にジュエリーを贈るときに細かなポイントを見落としがちですが、学生や主婦で昼間アクセサリーをつけるおしゃれをする機会が少ない女性にはそのライフスタイルに合ったジュエリーを贈りましょう。
暗いシチュエーションや照明ライトを浴びて輝くジュエリーを選ぶことで、女性たちが身につける夜の時間帯に一番美しく見えるものが理想的です。
夜のデートが多いOLさんや水商売の女性にプレゼントを贈る場合にも、照明の暗いところでキレイに見える夜に映えるアクセサリーが魅力的と言えます。
贈る相手が身につける時間帯に合わせたジュエリーデザインを選ぶ配慮は、目の付け所の良い選び方で女性も細やかさや思いやりを感じてもらえるでしょう。

光を反射しやすいプレート付きジュエリー

光を受け止めやすいデザインのジュエリーは、女性が夜空や照明の下で魅力を発揮するための強い味方です。
その中でもプレート付きデザインのネックレスは、見た目もオシャレでどんなトップとも合わせられるので人気が高く、女性のポテンシャルを最大限に活かす美しさを引き出します。
夜はどこもかしこもライトアップされていて、金属プレートにライトが反射しキラキラと輝き魅力的です。
ですからプレート付きのデザインのネックレスを選んで、胸元を美しく演出しましょう。
夜デートが多い彼女には、メッセージを刻印したプレートをつけたジュエリーをプレゼントすると素敵です。
地金に合わせたシルバーやゴールドのプレートを、トップとの相性を考えながら形やサイズを決めると失敗のないデザインが選べます。
バランスの良いものを選ぶとトップだけのネックレスよりもゴージャスで、華やかな印象になるでしょう。

キラキラ輝くビジューがついたデザイン

小さな光の粒を散りばめたビジューのついたデザインもまた、夜の時間帯に魅力を発揮するキラキラジュエリーと言えるでしょう。
ビジューをあしらったアクセサリーは、繊細で女性らしい印象が素敵なものが多数あります。
女性のイメージに合わせたカラーのビジューを使ったジュエリーを選んで、その人らしいキラキラ輝く贈り物をしましょう。
大小の粒の集合でデザインされたビジューは、光をたくさん集めて柔らかで優しい光を放ちます。
ビジューデザインのアイテムの特徴は色や粒のサイズが違うものを組み合わせることで何千通り何万通りものイメージが再現できて、プレゼントする相手の雰囲気に合わせて無限に選ぶことができるという点です。
その人だけの輝きを再現してくれるビジュー素材のアクセサリーは、他と被らない美しさを演出してくれます。

明るい色の宝石やカラーを選ぶ

暗闇の中で映えるのは、やはり明るいカラーの宝石です。
ですから明るい色の天然石の中から、女性のイメージカラーにあった宝石をあしらったデザインのアクセサリーをチョイスしましょう。
指輪に宝石はどうしても高価なものという印象が強いかもしれませんが、ピアスやネックレスのデザインに宝石を使ったアクセサリーは比較的手に入れやすいアイテムもあります。
また天然石にはそれぞれ違った意味があり小さな石でも特別な存在感を放ち、持つ人にパワーを与えてくれるでしょう。
透明感のある輝きが夜の光を余すところなく集め美しい輝きに変えるダイヤモンドは、夜の似合う女性にとてもおすすめの宝石です。
一方同じ透明感のあるトパーズも光をキラキラと反射させてくれる天然石の一つで、ダイヤモンドよりも安価なことから注目を集めています。
さらに透明以外のカラーがあるのも魅力の一つで、照明の暗い店で働く接客業の女性やムーディーな飲食店でのデートにピッタリです。

大きめのアクセサリーをチョイス

サイズが大きめのアクセサリーも光を取り込みやすく、薄暗いシチュエーションには最適です。
月明かりに照らされながらのデートやコンサート会場や映画館でのデートには、ちょっとビッグサイズのジュエリーをチョイスすることでより魅力的な女性になれるでしょう。
また大きめのアクセサリーは夏の雰囲気にもぴったりなので、花火大会や夜のドライブにもおすすめです。
フープピアスなど金属パーツがたくさん使われているデザインが、ライトや照明に反射して輝きを生み出しやすいので良いでしょう。
キラキラするジュエリーを身につけた女性も笑顔は夜空の下でも一段と輝きを増して見えるので、大切な女性に思いを込めた煌めくジュエリーを贈ってみるのも素敵です。

揺れるデザインで光を取り込む

揺れるピアスなど動くアクセサリーのデザインはとても魅力的で、男性の本能に訴えかけて視線をくぎ付けにすることでしょう。
またゆらゆらと揺れることで様々な角度から光を取り込み素敵な光に変える揺れるアクセサリーデザインは、女性の本来持つ美しさをより輝かせてくれます。
チェーンの先で揺れる小さな天然石やビジューが、照明の落ちた場所でも存在感を放ち魅力的な女性に見せてくれるでしょう。