6月といえばジューンブライドですね。新婦さんたちの幸せそうな笑顔が見られる時期になりました。
結婚にジュエリーは欠かせないもの。エンゲージリングにマリッジリング。新郎から贈られる指輪がクローズアップされる、人生の中でもスペシャルなビッグイベントです。その輝きは言うまでもありません。それは結婚する新郎新婦の幸せを象徴するかのような美しさです。そしてリングピローにもこだわるなど、結婚式において指輪はウェディングドレス同様とても大切なもので誰もが準備に力を入れるポイントです。ですがそれとは別に当日身に着けるアクセサリーの存在を忘れてはなりません。

最近はウェディングドレスをレンタルする新郎新婦がずいぶん多くなりました。ドレス選びには納得するまで多くの時間を費やし、そのほかにもブーケにヘアスタイルなど決めることがたくさん!新婦は当日まで大忙しです。そんななかアクセサリーはというと「決まったウェディングドレスに似合うもの」とザックリ勧められた中でレンタルする方も多いようです。ですがこの一生の思い出に寄り添う瞬間、自分にピッタリなアクセサリーを自分で探すのもステキなこと。よい機会ですので購入を検討してみてはいかがでしょうか。
レンタルしているドレスは返却するわけですが、自分で探して購入したこだわりのアクセサリーはそのあとずっと残りますよ。

アップヘアをよりいっそう華やかに魅せる耳元のジュエリー

ドレスに合わせてヘアスタイルをアップにする新婦さんもおられますよね。そんなときスッキリとした顔周りを華やかに彩ってくれるようなピアスがおすすめです。
ウェディングドレスとの相性やヘアスタイル、新婦さんの雰囲気などを考えて選びながらも、自分にとって「これだ!」とピンとくるものを探せるのはレンタルでは無理があるかと思います。こだわることができるのは購入ならではのメリットですね。
また舞台映えしそうないかにもイミテーションアクセサリーをレンタルするより、小ぶりながらも華やかなジュエリーなど後々も使えそうなものを選べるところもいいですね。
K18YG オパール 淡水真珠 ハートピアス

こちらのピアスは、3種のジュエリーがミックスされたデザイン。全てのジュエリーがホワイトカラーで、違う種類の輝きを放ちながらも決して騒がしくありません。かわいらしいAラインのドレスによく似合いますよ。ホワイトベースのジュエリーはドレスの色を選ばないためお色直し後のカラードレスにも使えますよ。

大切に育ってきた真珠を選ぶ。その後の家族の歴史にも寄り添ってくれるジュエリー

真珠の輝きには背筋をピンと正すような品格があります。真珠は海の中で長い時間をかけて生まれ育ったジュエリー。そこからは生命の神秘と揺らぎない力強さを感じます。そのパワーと気品はまさに主役である新婦にぴったり。
真珠は冠婚葬祭全てにおいて人気のジュエリーです。この機会にこの後もずっと使えるものをひとつ新調するのもいいのではないでしょうか。
K18YG/WG アコヤ真珠&ホワイトサファイア ピアス

こちらにピアスは8㎜のパールが動くたびに揺れて存在感を発揮しています。また耳に沿ったダイヤモンドがさりげなく3連になっていて上品さ抜群のピアスです。
2色のベースカラーが選べるのでドレスのカラーによって考慮してみてはいかがでしょうか。シャンパンベースのホワイトならゴールドが、純白のドレスならシルバーが色馴染みよいでしょう。

「統一」は安定の美しさ!ネックレスとピアスを同じジュエリーで揃える。

ブーケとヘアセットに使われるお花を統一するなどと同じように、アクセサリーのデザインを揃えることも美しさを演出するひとつの方法です。もちろんデザインは違ってもジュエリーの種類を揃えるといった方法もおすすめです。輝きが統一されることで自然と調和のとれたスタイルになりますよ。
また結婚式の後に使用する際には華やかすぎると感じたならそのファッションやTPOに応じてどちらかを使うこともでき選択の幅が広がります。
K18YG オパール エチオピア産 1.6ct ピアス

K18YG エチオピアオパール ネックレス

オパールは見る角度によってさまざまな色で輝く不思議なジュエリーです。そのきらめきは華やか。ラウンド型の優しい雰囲気と重なって新婦を美しく引き立ててくれるでしょう。

最高の一日に華を添えるジュエリーはその後も輝き続ける……

周りの人たちから祝福されてハッピーな気持ちが溢れる結婚式。そんな時間を共有したジュエリーにはその幸せの記憶が刻まれさらに美しい輝きを放ってくれることでしょう。
日常的に身に着けるマリッジリングとは違って、そのジュエリーを身に着けるたびにこの日の輝ける瞬間をふと思い出すのもいいですね。

時代の変化で結婚式自体が今は比較的シンプルになりました。ドレスは購入しなくてもたくさんオシャレなものが揃っています。打ち合わせをしっかりすればマリッジリングひとつであとは何とかなる時代です。
その分結婚式までの打ち合わせは大変!当日を目指して準備することはたくさんあるかと思います。「あれもこれもと選ぶこと決めることがたくさんあってなんだか流されるうちに当日になってしまった……」なんて声も聞こえますが、もし余力があるならぜひ自分のジュエリーを購入し身に着けることをおすすめします。
きっとこの先続く家族の歴史の中で大切なアイテムのひとつとなることでしょう。