キティちゃんファンの方、可愛いキュートなアクセサリーをお探しの方、お待たせいたしました。「ジュエリーショップROLA」では本格的な開運ネックレスが取り扱われています。ハローキティと開運キャラの見事なコラボレーションが施されたネックレスをご紹介しましょう。

人気不動のハローキティ~キティラーなら集めたいグッズの数々

ハローキティのお誕生日、11月1日生まれだということは知っていたのですが、実は1974年生まれのジミー&パティ―と同じだということにプチサプライズを受けました。ところで、サンリオが流行しだしたのは1975年~80年代ですが、この頃子供時代を過ごされた方は、ワクワクしながらサンリオショップへお買いものにお出かけになったのではないでしょうか。当時から文房具を中心にサンリオグッズは大流行しました。お誕生日会など、子供達のイベントでのプレゼントと言えば、サンリオグッズというくらいメジャーでしたね。いくつか懐かしんでみましょう。

  • バンドエイド
    →カバンに入れておくだけで幸せな気分になれましたね。使うのが勿体なかったような。
  • 棒付きペロペロバー、マシュマロ、ラムネやスナックなどのお菓子
  • →お菓子の袋がとってもキュートでした。例えばマシュマロ。昔懐かし駄菓子屋さんでは1個10円など安く買えていた時代、サンリオのマシュマロは6個150円という高価なアイテム。高いだけあり、薄いピンクや水色のカラー付きのきめの細かいフワフワマシュマロでしたね。中には当時はめずらしかった生チョコも入っていたような。お菓子1つでもサンリオは大人気でした。キティ好きな方はご存じでしょうが、最近では、明治とサンリオの期間限定コラボでマリービスケットがキティちゃんのデザイン入りで発売されスーパーに並んでいました。あまりにも懐かしいので、思わずキティちゃん部分だけを切り取り、セリアのマグネットシートに張り付けて、冷蔵庫にペタッと飾ってしまいました。

  • スタンプ
    →4センチ×5センチくらいのゴム印の面でできた大型スタンプで、キティちゃんの他、風の子さっちゃん、マイメロディー、キキララなどが各面にあり、回転させて使う本格タイプのスタンプでした。
  • 可愛いカバーに入ったはさみ
    →プラスチックのはさみカバーは、はさみの持ち手部分と同じカラー。カラーはキャラクターによって決まっていました。もちろん、キティは赤でした。
  • ミニタイプのセロハンテープ
    →ミニセロハンで、プリントされている絵とカットする入れ物がとてもキュートで使わずに眺めていたのを思いだします。
  • スティックのり
    →幼稚園の頃に初めて手にした時、リップと間違えて口に塗ってしまったのでした。いい香りでした。
  • 鉛筆
  • 当時大流行のカンペンケース
  • レターセット
  • 手動のコンパクト鉛筆けずり
    →この鉛筆けずりで削った鉛筆さえ、キラキラしているような気がしましたよね。
  • 給食用マグカップ
    →おねだりして買ってもらった記憶があります。
  • 消しゴム
  • プールの時のタオル、サンダルやバッグ
    →サンリオ系アイテムを持っている子は、お洒落系でしたね。
  • 遠足の時のリュック、おしぼり、レインコート
    →お洒落さんはサンリオのリュックを持っていました。おしぼりは、キキララでハートのケースだったのが可愛かったですね。
  • ポーチ
  • など

今もお子様のためにサンリオショップに出かけたのにもかかわらず、可愛いアイテムに思わず欲しいと思ってしまう事もあるかも知れません。

ハローキティが今も愛される理由

現代になっても、ハローキティが子供から大人まで人気があるのには理由がありそうです。いくつかあげてみましょう。

  • 表情がないところが可愛い
    →大人が持っていても、幼稚さがないことが人気の秘密です。幼稚さがないキャラクターとして成立しているのは、ディズニー、北欧の癒し系キャラのリサラーソングッズなどもそうですね。キティちゃんの場合、お口がないけれど、目がキュートなので表情的には無表情に見えますが、そのあどけない微笑みが人気のようです。キャラクターものを持ち歩くのは苦手と言う方でも、キティちゃんグッズなら持ちたいと言われる方も多いですから。
  • 取り入れられるアイテムが幅広い
    →例えば、看護師さんグッズの文房具やウエストポーチなどはじめ、化粧ケース、座席カバーなどの車グッズやスマホケースなど、ハローキティは大人アイテムに沢山応用されています。観光スポットのお土産売り場やJRの駅のコンビニでのご当地キティのシャーペンをお持ちのコレクターも多いのではないでしょうか。

人気復活~昔ながらのハローキティ

現代のハローキティはよりメルヘン度が増しており、キラキラしたファンシーな薄ピンクがベースで軽い雰囲気になっています。時にはヘアアクセサリーがリボンではなく、バラやお花であったり苺耳のキティなどおめかし度もUPしていますよね。しかし、1980年代前半のハローキティと言えば、赤い背景にHello Kittyの白い文字や、白い背景に赤い文字そしてリボンは赤や黄色、服装はブルーのオーバーオールキティが主流でした。その理由は当時の人気キャラであるキキララがピンクを主体としていたため、イメージカラーとしてダブらないようにしていたのかも知れません。しかし、今は再び背景が赤、文字が白、リボンが赤(背景が白、文字が赤、リボンが赤)などで、おひげも長い昔ながらのあどけない表情のキティも復活し、大人女子を中心に人気を呼んでいます。メルカリなどでは、レトロなキティを探すことも出来ます。

サンリオ&ジュエリーは女性の永遠のメルヘン

キティラーやサンリオ大好きな1970~80年代生まれの方なら、サンリオショップでおもちゃのジュエリーリングやネックレスを購入された方もおられるでしょう。キティは赤、キキララはピンクの星形やハート形のプラスチックジュエリーケースが大人気でしたね。キキララかキティかを迷われた方も多いのではないでしょうか。

今、可愛いアクセサリーをお探しの貴女におすすめしたいのが、パーティー、デート、オフィス、旅行など公式の場にいつでも気軽につけられるキティちゃんネックレスです。そこで、今回はイエローゴールドの開運ネックレスをご紹介します。

子宝や創造力に恵まれたい~コウノトリ&ハローキティの開運ネックレス

昔から幸運を運んでくれる鳥として知られているコウノトリが運んでくれる幸運とは、ずばり子宝です。「ジュエリーショップROLA」ではほっこりキュートなデザインのコウノトリが籠の中に入った赤ちゃんを運んでいる10金イエローゴールドのネックレスがゲットできます。もちろん、カゴの中ですやすや眠っている赤ちゃんはキティちゃんです。いつもお目目パッチリなキティちゃん、眠り目のキティはレアアイテムなんです。ひと目みたら胸キュンで絶対欲しくなるはず。
ハローキティ 開運お守りネックレス「こうのとり」

商売繁盛・仕事・受験・資格祈願に~ふくろうになったハローキティのネックレス

すでに子を授かっておられる方や、夫婦二人だけで楽しみたいと思われる方もおられるでしょう。とにかく運をつけたいという方には「不苦労」とも言われている幸運を呼ぶふくろうがおすすめです。さらに、金アイテムのふくろうだとさらに開運効果が上がると言われています。「ジュエリーショップROLA」では10金イエローゴールドのキティちゃんがふくろうになった金のネックレスです。キティちゃんとフクロウで開運効果UPですね。
ハローキティ 開運お守りネックレス「ふくろう」

金運や良縁に恵まれたい~ハローキティの招き猫ネックレス

とにかく金運や良縁に恵まれたいと思っておられるキティラーの方におすすめしたいのが、ハローキティが招き猫になったネックレスです。キティラーでない方の中には、
一般的に、招き猫は左手をあげていると人に恵まれ、右手をあげているとお金に恵まれると言われています。「ジュエリーショップROLA」の招き猫キティは、左手を上げながら右手に小判を抱えたデザインになっています。招き猫の中でも、小判を抱えている招き猫は、特に金運に恵まれると言われているので、招き猫キティネックレスは人・金の両方の運をまねく10金イエローゴールドの高級感あるネックレスになっています。
ハローキティ 開運お守りネックレス「招き猫」


今回ご紹介した幸運をもたらす金のハローキティの開運ネックレスは8m~13.5mとプチサイズなのでさりげない美しさが演出ますので、デート、女子会、パーティー、オフィス、旅行、買い物などあらゆる場面で付けられそうです。キティちゃんパワーと開運キャラのコラボネックレスで運気倍増してみませんか?