華やかな輝きがあるゴールドのジュエリーはいつの時代も人気の素材です。
ゴールドジュエリーきは、「K24」や「K18」などの金の純度があり、色の種類はホワイト・イエロー・ピンクなど豊富に揃っています。
ゴールドのジュエリーを選びたいけど、種類や違いについて詳しく知らないという方は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、ゴールドジュエリーの種類と選び方についてご紹介しましょう。

ゴールドジュエリーの種類

ゴールドジュエリーにはまず金の純度と色の種類があることを知っておきましょう。
ゴールドは美しい黄金色の光沢があり、酸化しにくく安定した金属なのですが、他の金属と比べて非常に柔らかい素材です。
そのため、アクセサリーにするためには割り金と呼ばれる他の硬質な金属(銅や銀)と混ぜ合わせて作られます。
ゴールドジュエリーは金と他の金属の配合率に合わせて、K18またはK14が主流となっています。
いわゆる純金と呼ばれる「K24」のジュエリーは柔らかく変形しやすく、傷も付きやすくなるのでアクセサリーにはならず、銅や銀との合金が使われることが多いです。

そして、ゴールドにはイエロー・ホワイト・ピンクなどカラーがありますが、これは合金に使う金属の違いによって色が変わるのです。

金の純度

純金「K24」のアクセサリーは、柔らかすぎて型崩れや傷が付きやすいのであまり製品化されません。
金の延べ棒(金塊)はもちろん純金ですが、ゴールドジュエリーには「K18」や「K24」が主流です。
「K18」の金の配合率は75%、それ以外の金属は25%を含む合金です。
金は柔らかいので他の硬い金属と混ぜやすく、合金することで耐久性を高め、カラーバリエーションも増やすことができるのです。

K18の特徴

「K18(18金)」は金含有率75%となっており、耐久性に優れていて変形しにくいのが特徴です。
金のほかに含まれる金属は銀や銅、パラジウムがあり、配合する金属の種類や割合によって、イエロー・ホワイト・ピンクなどのカラーに仕上がります。

K14の特徴

「K14(14金)」は金含有率58.5%となっておりその他の金属は41.5%と高めの合金です。
混ざっている銀や銅の分量が多いため頑丈で耐久性がアップして、リーズナブルな価格になるのがメリットです。
ただし、金色は薄まり銀や銅が変色を起こすためこまめなお手入れが必要になります。
そして、金属アレルギーの方は配合金属のニッケルは避けるようにしましょう。

ゴールドのカラーの違い

ここからは、ゴールドのカラーの違いについてみていきましょう。

イエローゴールドの特徴

イエローゴールドは、金のほかに銀・銅を1:1で混ぜた合金のことで、まさに「金色」に輝くカラーです。
純金に近く、イエローベースの日本人の肌に馴染みやすいカラーです。
華やかな印象を与えて、明るくゴージャスな雰囲気を演出してくれます。
銀や銅の比率によってイエローゴールドの色合いは変わってきます。
プラチナと同じくらいの硬度があるため、日常使いのジュエリーとしても人気があり、結婚指輪のプラチナとの重ねづけも素敵です。

ホワイトゴールドの特徴

ホワイトゴールドは、ニッケルまたはパラジウム、少量の銀などを混ぜ合わせて作られています。
ちなみにホワイトゴールドは白金(プラチナ)とはまったく別の金属です。
ホワイトゴールドは、プラチナよりも黄色みがかっていて変色や変質に強い白の合金です。
ホワイトゴールドにロジウムという金属でメッキ加工を施すと見た目がプラチナに近い白になります。
メッキ加工したホワイトゴールドは長年使用するとメッキがはげてしまい、地金が見えてしまうのが弱点ですが、再メッキ加工すれば元の輝きは戻ります。
最近は、プラチナの代わりとして金75%とパラジウム25%のホワイトゴールドが主流です。
欧米では普段使いのジュエリーとしてホワイトゴールドが大人気です。

ピンクゴールドの特徴

ピンクゴールドは多めの銅とパラジウムを少量混ぜたものです。
他のゴールドに比べて銅の比率が高いため、赤みがかっており、銅を増やすことでより赤味が増していきます。
ピンクゴールドは淡く優しい色合いのため女性らしい印象与える人気のカラーです。
肌に馴染んで自然なカラーなのでシックで落ち着いた雰囲気を演出してくれるのが魅力です。
ピンクゴールドは強度が強く耐久性がありますが、銅が酸化して変色を起こしやすいデメリットがあります。
そのため、こまめなお手入れと輝きを取り戻すメンテナンスが必要です。

まとめ

今回は、金の種類やゴールドジュエリーの選び方をご紹介しました。
ゴールドジュエリーはゴージャスで高価なイメージがあるかもしれません。
しかし、欧米では耐久性が高く普段使いのジュエリーとしてカジュアルにも幅広く愛用されています。
18Kにこだわらなくても14Kのリーズナブルなゴールドジュエリーや様々なカラーのゴールドを試して、ファッションの幅を広げてみてはいかがでしょうか?