成人式や結婚式など、特別なタイミングで着ることの多い着物。

日常的に着物を着る人は別ですが、それ以外の人にとって着るタイミングが年に数回あるかないかの着物は特別感のあるアイテムだと言えます。
そんな特別感のあるアイテムならできるだけ上手く着こなしたいものですよね?
そこで気になってくるのが、「着物を着るときのピアスのマナー」について。
そもそも着物とピアスは組み合わせてしまってもいいものなのでしょうか?
そこで今回は、着物を着るときのピアスのマナーについて詳しく解説していきます。

近々着物を着る機会があるけれど、そのときにピアスをしていいのかどうかについて気になっているという方はぜひ参考にしてください。

着物にピアスをつけるのはマナー違反?

まず初めに気になるのが、「そもそも着物を着るときにピアスをつけてもいいのか?」についてだと思いますが、基本的に着物を着るときにはピアスなどのアクセサリー類は身につけない方がいいとされています。

というのも、着物が日常的に着られていた時代にはピアスなどのアクセサリー類がまだあまり一般的ではなかったからです。
そのため、着物とピアスの組み合わせに違和感を覚える人が多くなってしまっているわけです。
結婚式などは年配の方が一定数参加する場所なので、その傾向が特に強くなってしまいます。

着物とピアスに対する考え方が少しずつ変わってきている

着物にピアスに違和感を覚える人は多いと解説してきましたが、最近では割とそういった風潮も弱まっており、着物にピアスなどのアクセサリー類を合わせて参加する方も増えてきてはいます。
よほど厳粛な場でない限りは注意されるようなこともないので、つけていても問題ないでしょう。

とはいえ、いくら「着物にピアスを合わせるのはNG」という風潮が弱まってきているとはいえ、どんなピアスを合わせてもいいというわけではありません。
着物に合わせるのがNGなものと問題ないものとがあるので、実際に着物にピアスを合わせる際にはその点に注意しつつ合わせるようにしてください。

着物に合わせるのがNGなピアスの種類

着物にピアスを合わせる場合、派手な装飾やデザインのピアスはできるだけ避けるべきです。
ドレスであればある程度ボリュームのあるものや派手なデザインのものの方が映えますが、着物だとそういった主張の強いピアスだとどうしても違和感が生まれてしまいます。
また、TPOに合わせて選ぶのも大切です。

特に注意しなければいけないのが結婚式です。

結婚式では幸せな二人の門出に水を差すような縁起の悪いことやものが嫌がられる傾向にあります。
代表的なもので言えば、「お祝儀を割れる金額にしない」などがあげられますね。
ピアスには揺れるデザインのものや垂れ下がったデザインのものがありますが、そういったデザインのピアスは「気持ちが揺れる・気持ちが落ちる」ということを連想させるので結婚式につけていくべきではありません。

着物にピアスを合わせるときには、こういったNGな種類のピアスは選ばないようにしてください。

着物に合わせても問題ないピアスの種類

着物にピアスを合わせる場合、大き過ぎるものや派手なデザインのものは選ばないようにと解説してきました。
では、どういったものを選ぶべきなのでしょうか?
着物に合わせるピアスは小さくて主張の強くないものを選ぶようにしてください。
また、揺れたりするようなデザインのものではなく耳たぶにぴったりとくっつくようなデザインのものを選ぶようにしましょう。
K18WG エチオピア産 オパール 一粒ピアス

こういったものや、
Pt900 アコヤ真珠 8mm 一粒ピアス

こういったものがおすすめです。

こういったピアスであれば着物に合わせても違和感がないので、嫌がられてしまうこともないでしょう。

その他に気をつけるべきポイントは?

ここからは、着物に合わせるピアスを選ぶときに意識してほしい2つのポイントについて紹介していきます。

着物との「格」を合わせることも大切

日本人の正装である着物には、「格」という考え方があります。

格というのは着物の価値のようなものです。
帯やバッグなど着物に合わせるアクセサリー類は着物と同等の格のものを選ぶのが基本となります。
そのため、着物にピアスを合わせるときにも格をある程度意識しなくてはいけません。

ピアスは元々着物に合わせる文化があるアクセサリーではないので細かく定められているものではありませんが、ファッションピアスは避けておくのが無難です。
そのため、できるだけ先ほど紹介したようなしっかりしたピアスを合わせるようにしてください。

色もできるだけ違和感のないものを選ぶ

着物にピアスを合わせるときには色にも気をつけましょう。
着物の色と宝石類の色が合っていなかったりするとどうしても違和感が生まれてしまいます。
とはいえ、伝統的な色が使われることの多い着物には合わせた色のピアスを選ぶのは結構難しいので、この場合も先ほど紹介したようなオパールや真珠のピアスを選ぶようにすると良いでしょう。

まとめ

着物にピアスを合わせるときのマナーについて詳しく解説してきました。

ひと昔前までであれば着物にピアスを合わせるのはマナー違反だと考えられてきましたが、現在はその風潮も変わりつつあります。

とはいえ、大きなものや派手なものなど着物と合わせるのを避けるべきタイプのものもあるので、今回紹介してきた内容を参考にピアスを選ぶようにしてくださいね。