家族や友人・知人の一生に一度の晴れやかな舞台、結婚式。

お呼ばれした私たちはそんな彼・彼女らを心からお祝いする側にまわるわけですが、そんなときに気をつけるべきなのが結婚式につけていくアクセサリーのマナーについて。
結婚式に着ていく洋服に関するマナーを気にする人は多いのですが、意外とチェックが甘くなってしまいがちなのがアクセサリー類なんです。
「何気なくつけていったアクセサリーが実はマナー違反だった…!」なんてことも珍しくありません。
そこでこの記事では、結婚式にお呼ばれしたときに最低限知っておくべきアクセサリーのマナーについて紹介していきます。
幸せな新郎・新婦に不快な思いをさせないためにも、事前にしっかりと確認しておきましょう。

これだけは覚えておきたい基本的なアクセサーに関するマナー

まず初めに、全てのアクセサリーに共通する基本的なマナーについてみていきましょう。
ピアス、ブレスレット、指輪など結婚式につけていくアクセサリーにはさまざまな種類がありますが、これから紹介していくマナーは全てのアクセサリーに共通するものなので、ぜひ覚えておくようにしてください。

花嫁と同じものは避ける

結婚式では参加者全員がビシッとフォーマルな格好できめてくるのでついついこちらも気合が入ってしまいがちですが、あくまで主役は花婿と花嫁です。
そのため、主役である花婿と花嫁より目立ってはいけないのが暗黙のルールになっています。
これはアクセサリーにもあてはまり、花嫁のアクセサリー類より華やかなものであったり、花嫁が身につけているアクセサリーと被るようなものを選んでしまうのは絶対に避けるようしてください。

ネガティブなイメージをあたえるものは避ける

これは意外と知られていないマナーなのですが、動物の皮を使用したものやアニマル柄のアクセサリー類も基本的にNGです。
というのも、これらの素材を使用したアクセサリー類は「動物を殺して作られたもの」というネガティブなイメージをあたえてしまうからです。
めでたい場にわざわざネガティブなイメージをあたえるものをつけていく必要もありませんよね?
なので、動物の皮を使用したものやアニマル柄のものはできるだけ避けるようにしてください。

フォーマルでないものは避ける

最近はカジュアルな格好で参加する結婚式が増えてきたのでそういった結婚式であれば問題ありませんが、通常の結婚式に身に着けていくアクセサリーはできるだけフォーマルな装いに合うものを選びましょう。
カジュアルな普段の装いのときに使用するようなチープなアクセサリー類は、結婚式の場にはふさわしくありません。
また、フォーマルな格好にも合わず浮いてしまったりするので、カジュアルなアクセサリーは避けるようにしてください。

アイテムごとのマナー

結婚式につけていくアクセサリーの基本的なマナーを抑えたら、アイテムごとのマナーについても抑えておくようにしましょう。
結婚式につけていくアクセサリーにはアイテムごとのマナーもあるので、実際につけていく予定のアクセサリー類についてのマナーもしっかりと把握しておく必要があります。

ピアスのマナー

結婚式につけていくピアスは白いパールのものが定番でおすすめです。
また、昼間の結婚式では写真の撮影時に光が反射してしまうので、できるだけ控えめなものを選ぶようにしてください。
逆に夜の結婚式ではある程度華やかなものがおすすめです。
K18YG/WG アコヤ真珠&ホワイトサファイア ピアス

こちらのピアスなんかピッタリですね。
適度な大きさと装飾で、目立ちすぎずにおしゃれさと華やかさを演出できます。
もし結婚式に和装で参加するときにはアクセサリー類を身につけないのが一般的なので、つけないように気をつけましょう。

ブレスレットのマナー

結婚式につけていくアクセサリーとしてブレスレットを取り入れるときには大きすぎず太すぎないものを選ぶようにしましょう。
大きいものや太さのあるものは主張が強すぎて目立ってしまうのでおすすめできません。
心葉 ルビー ホワイトトパーズ フラワーブレスレット K10

こちらのブレスレットのように、華奢で女性らしいデザインのものを選ぶようにしましょう。

指輪のマナー

結婚式につけていく指輪についてはあまり細かなマナーというものはありません。
ジャラジャラと複数つけたり、よほど派手なものでなければ基本的に問題はありません。
結婚式につけていくアクセサリーとしてブレスレットを取り入れるときには大きすぎず太すぎないものを選ぶようにしましょう。
大きいものや太さのあるものは主張が強すぎて目立ってしまうのでおすすめできません。
K10WG ダイヤモンド 0.13ct ピンキーリング

こういった控えめなデザインのなんかおすすめですね。
また、結婚指輪や婚約指輪は外さなくてもマナー違反にはなりませんので気にしなくて大丈夫です。
結婚指輪や婚約指輪は和装のときでも外す必要はありません。

まとめ

結婚式にお呼ばれされたときにつけていくアクセサリー選びは、今回紹介してきたマナーを参考にして選ぶようにしましょう。
基本的なマナーを抑えたアクセサリーを選ぶのはもちろんアクセサリーの種類によっても守るべきマナーがあるので、それらのマナーをしっかりと把握しておくようにしましょう。
「アクセサリーなんて誰も気にしないでしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、結婚式には多くの方が参加するので、見る人は意外と見ているものです。

あなたはもちろんあなたを招待した新郎・新婦の評価にも影響してくる可能性があるので、最低限のマナーは守るようしてくださいね。