ジュエリーでたまにみかける、馬の蹄モチーフ「馬蹄」。
実は幸運をもたらすジュエリーとして、古くから愛されてきました。
でも、なぜ馬蹄が幸運をもたらすのか由来が気になりますよね。
今回は、馬の蹄にまつわる3つのストーリーについてまとめてみました。
開運効果や効果的な付け方についてもご紹介しているので、ジュエリー選びのご参考になれば幸いです。

馬蹄とは

蹄とは、歩行するのに都合良くできている一種の爪のこと。
馬だけでなく、牛や象などにもあるのが特徴です。
まずは、馬蹄に関する基礎知識についてご解説します。
馬の蹄につける「蹄鉄」のこと

馬の蹄は爪の一種ですが、ジュエリーに用いられているモチーフは厳密にいうと「蹄鉄」です。
蹄鉄とは、蹄に付ける鉄の金具のことで「馬蹄」と言われ、
歩行によって蹄が摩擦してしまうのを防ぐためのものです。
人間でいうところの、靴のような役割を果たしているんですね。
そのため、英語では「ホースシュー」と言います。
海外では幸運のホースシュージュエリーとして、大人気のモチーフです。

馬の蹄にまつわる3つのストーリー

馬蹄が、幸運の象徴になっていることには理由があります。
日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、海外では古くから愛されてきたモチーフです。
ここでは、馬蹄にまつわる3つのストーリをご紹介します。

1.U字型が幸運を受け止める

馬の蹄といえば、個性的なU字型が印象的ですよね。
その形状から、馬の蹄は「幸運を受け止める」と捉えられてきました。
U字型の蹄にどんどん幸運が貯まっていく様子を思い浮かべると、何だか素敵ですよね。
ヨーロッパでは蹄鉄を、幸運のお守りとして持ち歩いていたという歴史もあります。
このお守りをより手軽に楽しめるようにと、蹄鉄モチーフのジュエリーが誕生したわけです。

2.蹄鉄を直して収入を得た村人

イタリアでは、こんなストーリーもあります。
昔のイタリアは貧富の差が激しく、権力者はたくさんのお金を抱え込んでいました。
一般人は貧しく質素な生活を送っていましたが、とある村人にある日チャンスが訪れます。
壊れていた権力者の馬の蹄鉄を直したことで、大きな収入を得たのです。
この話は多くの村に広がり、馬の蹄鉄は金運・幸運の象徴として親しまれるようになりました。
幸運と金運がアップするなんて、素晴らしいモチーフですよね。

3.蹄鉄を打ち付ける時の釘の数

鉄蹄は、蹄の底に直接釘で打ち付けて着用させます。
釘の数は決まっており、内側に3本、外側に4本です。
この数を合わせると7本になるので、「ラッキーセブンで縁起がいい」と評価されてきました。
このことからジュエリーの中には、蹄鉄に7個の小さな宝石が埋め込まれていることもあります。
幸運の象徴となるようなストーリーがこんなにもたくさんあるなんて、すごいですよね。

馬の蹄がもたらす開運効果

馬蹄には、幸運をもたらすたくさんの由来があることが分かりました。
開運効果抜群の馬蹄モチーフ、ぜひジュエリーとして身に着けたいですよね。
ここからは、馬の蹄がもたらす開運効果についてご紹介します。
幸運を受け止めて逃さない

U字型には、幸運を受け止めて逃さないという意味があります。
強い意志を感じられるモチーフなので、野心に溢れている方に最適です。
また、目の前の幸せを必ず手にする、継続するという効果もあります。
そのため、結婚願望がある方や恋愛成就を望む方にもおすすめ。
とにかくポジティブで力強いモチーフに、あらゆる開運効果が見込めます。

金運がアップする

馬蹄は、金運アップの象徴としても有名です。
特に、ゴールドの素材と組み合わせることでその効果は増大。
また、金運アップにはキラキラしたものとの相性も抜群です。
小さなダイヤなどが付いているものを選ぶと、さらに効果が高まります。
商売をしている方や、貯金を増やしたい方などに最適です。
K10YG ダイヤモンド 馬蹄ネックレス

魔除けとしての役割

馬は、とても頼もしく力強い動物です。
馬の蹄には人間に幸運をもたらしてくれたさまざまなストーリーがあるので、古くから魔除けやお守りとしても愛用されてきました。
ヨーロッパなどの海外では魔除けとして、馬の蹄鉄を玄関に飾る風習があったそうです。
これは、本物に限ったことではありません。
馬の蹄鉄をモチーフにしたものであれば本物ではなくても効果があったようなので、ジュエリーとしてでも十分な開運効果が見込めます。

馬蹄ジュエリーの効果的な付け方

馬蹄モチーフは、U字型の開いている方をそのまま上向きに付けるのが一般的。
しかし、下向きに付けても別の効果があると言われているのをご存知でしょうか。
最後に、馬蹄ジュエリーの効果的な付け方をご紹介します。

上向きに付ける

まずは、一般的な上向きの付け方です。
馬の蹄はU字型であることから、幸運を受け止めるものとして評価されています。
そのため、最も開運アップの効果が高くなるのはやはり上向きの付け方。
ほとんどのジュエリーは、この向きで販売されています。
馬の蹄ジュエリーを、上向きに付けるのがおすすめなのはこんな方です。

・今ある幸せを逃したくない方
・野心があってチャンスを掴みたい方
・これからたくさんの幸運を授かりたい方
K18YG 淡水真珠 馬蹄 ピアス

下向きに付ける

馬蹄のジュエリーを下向きに付けてしまうと、幸運が逃げてしまうと言われています。
そのため、あまり推奨されていません。
しかし、中には最初から下向きで販売されているジュエリーもあります。
これは間違いなのかというと、実はそうではありません。
U字型を下向きに(反対に)すると、Ωのような形になりますよね。
この形には、邪気やマイナスなものから自分を守るという意味があります。
馬蹄ジュエリーを、下向きに付けるのがおすすめなのはこんな方です。
・魔除けやお守りとして身に着けたい
・マイナスなものを寄せ付けたくない
・現在の悪い状況から脱して新たな自分になりたい

馬の蹄に込められた意味と想い【まとめ】

馬の蹄は、古くから幸運の象徴として愛されてきました。
お守りや魔除けの役割もあるので、ジュエリーとして身に着けるには最適です。
幸運を授かりたい人、金運を高めたい人はぜひ馬の蹄モチーフのジュエリーに挑戦してみてくださいね。