広々とした海は、いつ見ても心が落ち着くものですが、特に夏の季節になるとジュエリーで取り入れたくなります。
実は、宝石でも海にまつわる名前や海から生まれる宝石の種類、モチーフにしているものはたくさんあります。
今回はプレゼントする人にも、自分で選びたい人でもおすすめの海にまつわる宝石の種類と素敵なモチーフを紹介します。

素敵な意味がいっぱい海と海の動物モチーフ

海のモチーフは様々な種類があります。それぞれ、希望や愛、元気、といった様々な場面で取り入れることが出来る意味があります。プレゼントに渡す場合でも、たくさんあるので、その人にあったプレゼントとして渡すことも出来るので知っておいて損はありません。

まずは、海や海の動物を中心としたモチーフです。波・螺旋やイルカ、貝、クジラの尾びれというモチーフが代表的なラッキーモチーフです。

波のモチーフは、「波に乗る、順風満帆」といった、自分の運勢の波に乗るという意味があります。また、ハワイでは波は恋愛の意味も含まれているので、「永遠の愛」という恋愛で結婚に近いモチーフとして扱われています。
波に近い螺旋のモチーフも運気の流れや、エネルギーの流れを示し、マヤ文明では生とエネルギーのバランスを整えて運勢に乗るといった同様の意味を持っています。

イルカは、群れで生息し、昔から「愛と平和」を意味するモチーフとして知られてきました。加えて、イルカは癒しの象徴でもあり、緊張を解し、自分らしくという意味もあります。

貝は、昔日本や世界各地で貨幣が流通する前に、使用されていたことから、「金運アップ」のモチーフとして知られています。ですが、実は、巻き貝と二枚貝では意味が若干違います。巻き貝の場合は、「愛情運UP」や「勝負に勝つ」という意味があります。日本で戦の際には法螺貝吹いていますよね、片思いで恋愛運をあげたい人には特におすすめです。二枚貝の場合は、ぴったり重なるのは唯一つの貝殻として「結婚が長続きする」という意味があります。また、開く姿から「才能の開花」という意味も含まれています。

クジラの尾びれのモチーフは、「強運」を意味するモチーフです。クジラは体が大きい生き物ですがそう滅多に出会うことがない生き物です。偶然とはいえ出会うことが出来ると、ラッキーとされてきた動物です。そのため、自分の運勢を総合的にあげたい人にはおすすめしたいモチーフになります。

開運や強運がメイン船・碇・羅針盤モチーフ

海のモチーフは、海や動物だけではなく、海の中に進む船や碇のモチーフもマリンモチーフとして扱われます。

船のモチーフは「困難な難局を超える」という意味があります。波を乗り継いで新大陸を目指した時代、航海に出た人が無事に戻ってきた船は、縁起物となり帆船自体がラッキーモチーフとなりました。未知の未来に進む難しさは現代も変わっていません。努力をしている人や困難を抱えている場合に取り入れるのがおすすめのモチーフです。

碇もモチーフは、航海にでた船を止める為に必要な重りです。海に沈めて、船の動きを止める役割から「安定」や「絆」、「困難に打ち勝つ」という意味があります。努力して、不安を持っている、落ち着いた日々を過ごしたいという人にはおすすめのモチーフです。

航海時代に使用された羅針盤のモチーフは、「ゴールに導く」「迷いを消す」という勝利や厄除けの意味があります。その人の道標になるモチーフなので、支えを必要としている人におすすめしたいモチーフです。

海から生まれた宝石のパワーって?

海にまつわるジュエリーを選ぶ際にはモチーフだけではなくて、宝石もあります。海の動物から生まれた宝石で欠かせないのはコーラルと真珠の魅力を中心に紹介します。

コーラルとは、珊瑚を意味し、色はアイボリーから優しい赤とピンクの中間の色味がメインの宝石です。コーラルカラーは最近女性にも人気の色味で、化粧品にも使われています。
富と繁栄の意味があり、日本の古代遺跡でも装飾品として愛されてきました。世界中の国々でその色味の可憐さから、女性の装飾品としてお守りとしても持たされていた宝石です。
魔除けや恋愛運アップ、安産や繁栄と言った意味で、家で暮らす女性の身近な守り神扱いで使われてきた宝石なのです。3月の誕生石でもあり、水を意味するアクアマリンの色味とも相性抜群で、癒やされる色味に緊張を解すカラーセラピーの効果もあります。

真珠、パールは、古代は非常に貴重な宝石の一つでした。白でもオーロラをまとったパールの光は他の宝石では得ることができない色味のため非常に重宝された宝石です。クレオパトラはお酢に美貌を保つため飲んでいたという記載や、日本では大粒の真珠が取れたことからネックレスが出土しています。加工やしやすいが、取れる量が非常に少なく希少価値が高いのがパールです。パワーストーンの意味では、ネガティブな力を避ける力を持っており、加えて、癒やす力が強いことが知られています。また、災難除けという意味もあり、魔除けとして身につけるのも効果的です。母親にとっては、優しや親しみといった、余裕を作ってくれるパワーストーンと言われています。
6月の誕生石でもあり、優しさのある色味は一粒でも、複数の粒があるアクセサリーでも存在感があります。
女性のライフスタイル関係無しで、重宝され、色味も白で使いやすくプレゼントを渡す人でも選びやすい宝石です。シルバー・ゴールドの地金で雰囲気が大きく変わります。

まとめ

海が好きという人やプレゼントにしたいなら、それぞれの由来のモチーフの意味や宝石の意味を知っておくと非常に取り入れやすいです。

海のモチーフと言っても、水や生き物のモチーフは命をテーマとした優しさや愛といった意味が多く、海を渡る船を中心としたモチーフは困難を切り開く・勝負に勝つという意味が色濃く反映されています。

海の珊瑚・コーラルは優しい色味で、癒やしや安産・繁栄という意味を持ち、加えて女性の厄除けとされている宝石です。真珠・パールは、災難除けに加えて、普段のネガティブ思考をなくし癒す力を与えてくれる宝石です。

好きな海モチーフを取り入れて、日々の暮らしを彩るジュエリーを選びの参考になれば幸いです。
K18YG アコヤ真珠 スパイラルピアス

K18YG 珊瑚 ピアス

K18 アメリカンピアス