綺麗な先生に憧れていたという男性も多くいるのではないでしょうか。
そして、学校の先生として働く女性は、信頼感や誠実さが伝わる格好を求められます。
子どもたちや保護者から信頼を得るためにはアクセサリーに気を遣うことも多いです。あまり派手なアクセサリーをつけることはできませんし、かといって先生だってオシャレはしたい。そんな教職員として頑張る彼女にはどんなアクセサリーが喜ばれるのか悩んでいる人におすすめのネックレスと避けるべきアクセサリーをお伝えしていきます。

ネックレスをプレゼントに選ぶ

ジュエリーといっても色々あります。ピアスや指輪なども多数ありますが、生徒指導などで「ピアス」を禁止している学校もありますし、指輪をしていった日には、「結婚するの?」と生徒や児童に聞かれてしまうかもしれません。
そんな教員の先生には、ネックレスが最適なアイテムではないでしょうか。

ネックレスがプレゼントとして喜ばれる理由は、送られた相手が気軽に身につけられるからです。顔まわりに近く、胸元でさりげなく輝くアクセサリーは、上品で教員の方にも抵抗なく付けられます。

実は、大切な人にネックレスを贈る習慣は古く、石器時代からの習慣でした。当時ネックレスをプレゼントすることは、「相手の無事を願う」「幸せを祈る」というお守りのような意味が込められていたそうです。
現代でも、大切な人にプレゼントをするという幸せなアイテムとして親しまれています。

誕生日の彼女に送りたい。誕生石ネックレス

彼女の誕生日にプレゼントとしてあげたい男性は多いでしょう。その中で誕生石を使ったシンプルなデザインのネックレスはいかがでしょうか。
誕生石には、それぞれ石に込められた願いなども含まれていますので、彼女さんの願いや好きな色に合わせてプレゼントするのも一つの方法です。
例えば1月は赤い石「ガーネット」です。この石のパワーで自信や活力が溢れ、成功に繋がると言われています。

華やかな18Kイエローゴールドの輝きに、一粒の宝石が煌めくネックレス。シンプルながらも、宝石の周囲には細やかな細工が施されており。品が良い洗練されたデザインに仕上がっています。どのような服装にも合わせやすいので、フォーマルな洋服を着こなす先生にも嬉しいネックレスです。
K18YG 誕生石 ネックレス

入学式や卒園式に付けられるピアス

おすすめが入学式や卒園式にも付けられるような、真珠のネックレスはいかがでしょうか。「女性の美」の象徴のパールは、年代を問わずに身に着けられ、女性を美しく惹き立ててくれます。落ち着きと、清らかなイメージのある真珠は、年齢を重ねても似合うので末永く愛用して頂けます。
子どもたちのハレの舞台に映えること間違いありませんし、保護者や同僚からの信頼も得られるのではないでしょうか。
その他、デートや食事などにも万能に使えるところも嬉しい限りなので、一つ持っていて損はありません。
K18YG アコヤ真珠 ネックレス

一粒のダイヤモンドのネックレスで愛を伝える

ダイヤモンドを表す言葉に、「純愛」「誠実」があります。ダイヤモンドの高い硬度から変わらない心を表していると言われています。
ダイヤモンドというと派手な印象を持たれる方も少なくないと思いますが、小ぶりなものを選べば、浮いたりしません。何より、女性の憧れであるダイヤモンドを身につけて仕事することで、自信を持って教壇に上がって授業ができるのではないでしょうか。
心葉 天然 ダイヤモンド ネックレス K10

なるべく避けたいアクセサリー

・ゴールドなど派手なアクセサリー
同僚や保護者などの印象を考えるとあまり派手なものは選ばない方が安心です。

・ブランド品
中学生・高校生の女子生徒ですと、流行に敏感ですので明らかにブランド物のアクセサリーは避ける方が無難です。

ジュエリーショップの店員さんに相談することも一つの手

何を選んだら良いか分からないと言う方は、ジュエリーショップの店員さんに相談することが一番ではないでしょうか。「シンプルで上品なもの」「小ぶりのピアス」「教員の女性におすすめ」などしっかり要望をお伝えして相談してみてはいかがでしょうか。プロの視点で一緒に探せるので、迷ったときは相談してみることがおすすめです。
その際、彼女の要望をさりげなく聞いておきましょう。好きなデザインや色、ピアスは空いているのかなどもリサーチはしっかり行っておきましょう。せっかくなので、彼女が喜んでくれるものを身につけてもらいたいですね。

日常の中でプレゼントをしてみる

自分のことよりも、子どもたちの為に頑張る彼女。どうしても自分のことより、子ども優先になってしまうでしょう。クラスの問題や進路指導、保護者との関係などどうしても無理をしがちです。そんな彼女にも自分にもたまには目を向けて、女性としてもっと輝いてほしいですよね。だからこそ、彼女が喜ぶジュエリーをプレゼントすることで、もっと素敵に輝いてくれます。
誕生日や記念日でなくとも、日常の中でさりげなくプレゼントして、彼女との絆をより深めてみませんか。