私服で働けるオフィスでジュエリーを愛用している方、お仕事のシーンによってコーデを変えてみませんか?仕事に集中したい日、お客様と接する日、気合いを入れたい日、ちょっと疲れがたまった日など、シーンや気分によって洋服のコーディネートを考える方もいますよね。
または、セレモニーや大切な行事、VIPなお客様をお迎えするなど、必要に応じて服装を整えなくてはいけない時もあります。
お仕事のスタイル別のコーデとジュエリーをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。お仕事の効率もアップするかもしれません。

仕事に集中したい日にはラピスラズリ

納期に追われている、大量の仕事を抱えてしまった!そんな集中力を高めたい日には、直観力や判断力を補うことができる、ラピスラズリを合わせてください。
ラピスラズリの深い青色は、集中力を高めるカラーとしても最適。ブルーをベースとした服をコーディネートし、より集中力を高めてみましょう。さらにヘアは顔にかからないよう、アップスタイルにまとめておけば、作業にも集中しやすいもの。知恵をもたらすラピスラズリですから、ピアスとして頭部に近い位置に身に着けるのがおすすめです。また、耳を出すことでラピスラズリのピアスが光を受け、より石の持つパワーが発揮されやすくなります。
集中力を高めた全身コーデでお仕事している姿を見れば、邪魔する人もいないでしょう。一生懸命な姿を見て、協力する人が現れるかもしれません。
仕事が大変でパニックになりそうな日こそ、落ち着きのあるカラーを取り入れて、冷静さを取り戻してください。
K18YG ブルートパーズ ピアス

大切な日にふさわしいのは、やっぱりパール

普段はお目にかかれない目上の方、決して失礼があってはならないお客様と接する機会があるときには、失礼のない装いでお迎えしたいもの。大切なセレモニーに出席しなければいけないときなど、緊張感を伴わなければいけない日には、パールのジュエリーがおすすめです。
ジュエリーが与える印象や好みには個人差があるものの、パールに好印象を抱く方は多くいます。
昔から冠婚葬祭に使用されてきたパールは、とてもフォーマルな印象を与える宝石。身に着けるだけで自分を格上げし、相手への誠実な気持ちを伝えることができます。
スーツやワンピースを着用するのならば、胸元に短めのネックレスを合わせてみてください。ピアスを合わせるのならば、耳たぶで揺れないものがおすすめです。
お辞儀をするたびに揺れ動くジュエリーは、お堅い場では不要な動きに見えてしまうもの。体にフィットするジュエリーの方が、真摯なイメージを与えることができます。
感情を安定させ、穏やかにしてくれるパワーがあるパールですから、身に着ける人のフォーマル性を高めながらも、緊張した心をほぐしてくれる役割もあります。お仕事が滞りなく済むよう、お守り代わりとして身に着けるのもいいでしょう。

活気が欲しいときには目立つジュエリーを

仕事であっても、少しだけ華やかさを取り入れて、職場や自分に活を入れたい日もあります。そんな日には少し目立つジュエリーを合わせて、アクセントとして目立たせてみましょう。
服はあえてシンプルな配色に。ただしカジュアルになりすぎないように、質感の良いものを着用し、バランスをとります。
活気を入れたときには、明るい服装で分かりやすく表現する方法もありますが、職場によっては浮き過ぎてしまうことも。洋服のお仕事スタイルを崩し過ぎず、ジュエリーで表現してみましょう。
たとえば、赤や黄色などの目立つカラーを取り入れてみてください。深みのある赤が特徴的なガーネットには華やかさがありますが、努力による成果を実らせるという、堅実な意味があります。また、明るい黄色に目を奪われるシトリンには、コミュニケーションを豊かにする作用があります。どちらも強い色でありながらも、働く場所にふさわしいパワーを持つ石です。また、洋服には取り入れにくくても、小さなジュエリーなら、自然と飾ることができます。
カラーレスなジュエリーを取り入れるのならば、曲線で形作られたものや、邪魔にならない程度の大ぶりのジュエリーを取り入れてみてください。職場の服装にある程度自由がきくのであれば、目立つタイプのジュエリーも有効です。
躍動感のあるデザインや、存在感を放つものにもパワーがあります。身に着けることで気持ちが膨らむ、見ることで心が躍ることを期待し、ここぞというときには、ジュエリーでアクセントをつけてみてください。
18金イエローゴールド フープピアス

今回ご紹介したお仕事スタイルは、あくまで一例です。お仕事の内容や会社の雰囲気により、自分なりにアレンジしてみてください。
洋服のコーディネートを考えるのが楽しいように、装うジュエリーを選ぶ楽しさも取り入れると、仕事に行っても活き活きとした自分を楽しめるはずです。
マンネリコーデに飽きてしまった方、お仕事にもっとやりがいを感じたい方、職場にいる自分を変えてみたい方は、ぜひジュエリーのパワーを試してみてください。