しっかりとした印象を与えるパールジュエリーは、結婚式やセレモニーのイメージが付いていませんか?確かに歳を重ねた方が、大きいパールのネックレスや指輪を付けていることが多いですよね。
しかし、実際のパールジュエリーは種類が豊富で、年齢を問わず、日常でも楽しめるアイテムの一つなのですよ!
今回は、パールの個性と日常でも楽しめるパールジュエリーについて紹介していきます。

パールはどのシチュエーションでも使えるアイテム

パールジュエリーというと、糸でパールを連ねたシンプルなネックレスが頭に浮かぶと思います。その連なったパールのネックレスは、冠婚葬祭だけだと思っていませんか?
実は連のパールネックレスは、柔らかさと、高貴さを演出してくれて、普段でも取り入れやすいアイテムなのです!

連なったパールのネックレスは、柔らかい雰囲気の服を選びやすい春や、厚手のニットなどシンプルで濃い色の服装をしやすい冬などに、とても合わせやすいでしょう。
最近では、ロングネックレスやピアスなど、パールの個性を活かしながら、いろいろなデザインのパールジュエリーが増えてきています。

特にロングネックレスは、存在感のあるアイテムなので、ゴージャスさを演出できます。カジュアルオフィススタイルや、シックでシンプルな服装でも、ロングネックレスを付けるだけでぐっと華やかな雰囲気に変えることができます。

パールの個性的な形も楽しめる

パールは丸いものと思う方が多いと思いますが、そもそもパールは貝が作り出す自然のものなので、真円の形のものを揃えるのは大変なことです。少し形が歪んでいたり、傷があったりすることが普通です。

丸いパールを作るには、貝に丸い核を入れ、核の周りに貝が自分を守るために分泌する液が蓄積し、真珠層ができ、パールが作られていきます。丸いパールを作るために、丸い核を入れるのです。
一方バロックパールというものがあります。バロックパールは歪な形のパールのことを指し、ひょうたん型だったり、平べったい形だったり、丸くないものです。しかし、その形から出される個性的な輝きから、丸いパールではできない個性的なデザインのジュエリーを作ることができます。
他にも、ケシといって、核を入れずに、たまたま貝の中に何か異物が入って、貝がその異物の周りに真珠層を作ってできる、天然のパールもあります。このケシは無核真珠とも呼ばれ、こちらも形は悪いことが多いのですが、その天然の貴重さと個性的な輝きから好んで身に着ける人もいます。

パールはアイテムごとの種類が豊富

パールジュエリーは、連のネックレスとセットのピアスまたはイヤリングのみでなく、実はいろいろなデザインで日常でも楽しめるアイテムがたくさんあります。
パールには、色や形など、それぞれ個性があるため、その個性に合わせてネックレスやピアスなどをデザインして作られる場合があります。

ネックレス

定番の糸やワイヤーで繋ぐ連のパールネックレスだけでなく、チェーンのトップに1粒だけチャームとしてパールを通すシンプルなネックレスや、ロングネックレスに多い、パールとパールの間が開いているステーションネックレスなど、ネックレスだけでも豊富なバリエーションがあります。
K18YG アコヤ真珠×ダイヤ・ルビー ネックレス

特に、ワンポイントのシンプルなパールネックレスは、その優しく高貴な輝きで、さりげなく上品さを演出してくれるので、どんなファッションにも合わせることできます。

ピアスorイヤリング

ピアスやイヤリングも一粒パールをそのままつけるのではなく、デザインが豊富にあります。
大ぶりなデザインで、顔を華やかに演出したり、小さめなパールを使って、さりげなく可愛さ演出したりするのが可能です。パールに合わせる地金も、金・白金どちらでも合うので、気分に合わせて楽しめるでしょう。
K18YG アコヤ真珠 スパイラルピアス

最近では、ピアスのキャッチにパールを使ったものも人気ですね。さりげない細かい所のオシャレです。

K18 あこや真珠 ピアスキャッチ

パールを長く楽しむために普段からできること

パールは、ダイヤやサファイアと違って、貝から生まれる有機物です。そのためパールは酸に弱い性質があり、化粧品や汗などの影響を受けやすいのです。
パールジュエリーを使用した日は、取り外した時にやわらかい布で拭って、汚れを取り除きましょう。汚れを放置したままだと、どんどんパールの表面が溶けてしまい、パールの輝きが失われてしまいます。
特に、ネックレスやロングピアスはお手入れに気を付けてあげると良いです。ロングピアスは宙に浮いているデザインですが、顔の近くで揺れるので、意外とファンデーションなどの化粧品が付いてしまっていることがあります。

まとめ

パールジュエリーは、デザインが豊富で日常の中でも楽しめるアイテムの一つです。そしてパールそれぞれに個性があり、その個性を楽しむことも可能です。パールは汗などに弱いので、身に着けた日にはお手入れを欠かさないようにしましょう。
日常でもいろいろなパールジュエリーを楽しんでくださいね!