3月3日は桃の節句です。言わずとしれた「ひなまつり」、女の子のお祝いの日ですよね。
初節句では盛大に祝うという地域もあるかもしれません。ですがその後も毎年やってくるひなまつりを暮らしに取り入れ、季節を感じるのはいかがでしょうか。今回はひなまつりについてまとめてみました。

節句とは?季節ごと年間に5回ある節目の行事

節句とは季節の変わり目に5回訪れます。奇数月のゾロ目が基本的には節句の日にあたる(1月だけは7日になっています)ためおぼえやすいですね。
① 1月7日「人日(じんじつ)」の節句…春の七草(せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ)から自然の芽吹きをいただき無病息災を願います。七草がゆが一般的です。
② 3月3日「上巳(じょうみ)」の節句…別名桃の節句と呼ばれているのは有名ですね。桃の花やひな人形を飾り、ちらし寿司や白酒などを食べたり飲んだりして女の子の成長と幸せを願います。
③ 5月5日「端午(たんご)」の節句…五月人形やこいのぼりを飾り、かしわ餅やちまきを食べてこどもの成長や幸せを願います。別名菖蒲の節句とも呼ばれ菖蒲が描かれた飾りが多いのも特徴です。
④ 7月7日「七夕(しちせき)」の節句…五色の願いを描いた短冊や飾りを笹につるし、星に祈ります。奈良時代にはすでにそうめんのルーツともいわれる「麦縄」が食べられていたことがわかっています。今でもそうめんを天の川に見立てて食べる習慣があります。
⑤ 9月9日「重陽(ちょうよう)」の節句…菊の花がキレイに咲くころで別名菊の節句とも呼ばれ、薬効がある菊の花を用いて長寿や無病息災を願います。

年間で計5回ある節句。これらは合わせて五節句と呼ばれ、江戸時代に幕府が公的な行事として定めたのが起源とされています。五節句で認知度にばらつきはあるものの、今でも大切にされている行事になっています。

初節句とは?どのようなお祝いが一般的?

男の子は5月5日の端午の節句。そして女の子は3月3日の桃の節句を祝います。初節句は赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句を意味し、その子が健やかにスクスクと大きくなることを願って周囲の人で祝います。

ひなまつりにハレの日としていただくごちそう

ひなまつりでは特別な着物を着て特別な食事を神様にお供えしました。神様の心が宿った食事を家族で分け合っていただく。その感謝の気持ちを大切にしたいものですね。
ひなまつりにいただくお食事として一般的なのものはちらし寿司とハマグリのお吸い物です。そのほか女の子の節句らしく、かわいらしくインスタ映えするようなものもたくさんあります。丸くてパステル調のひなあられもキュートだし、3層カラーが美しいひし餅や星の粒のような金平糖もかわいいですよね。お食事でもちらし寿司の中にれんこんや人参などを桃の花の形に仕立てたり手毬型のお麩をお吸い物に加えたり。見た目にもあでやかなものを作り出して楽しむことができます。

自分のひな人形を飾る

その土地によって風習に少しずつ違いがあるのがひな人形です。立春を過ぎたころから3月3日までの期間飾り付けるところもありますが、旧暦の節句に合わせて3月3日頃より飾るところもあります。また、お内裏様(お殿様とお姫様)の位置が左右どちらかというのも土地柄によって違いがあり、いかにも民衆の暮らしに根付いた行事であるということが見てとれます。
ひな人形といえば豪華な7段飾りを思い浮ぶ人もいるかもしれません。でも今は住居の形に合わせてコンパクト化しているものも多く、お内裏様(お殿様とお姫様)のみを飾る家庭が一般的になってきました。いわゆる日本人形のようなしつらえのものの他にも木彫のものや陶芸のものなど、各種様々なものがあるので素敵だなと思うものをゆっくり探してみてはいかがでしょうか。

ひなまつりらしいピンクがかわいい花のジュエリー

あちこちで花が咲き始め、春の訪れを感じる行事だからこそ、ひなまつりには花をモチーフにしたジュエリーはいかがでしょうか。フラワーモチーフは「女性の愛や幸福をつかさどる象徴」とされ、ジュエリーデザインとしては一般的なデザインです。女性らしさを感じ、周りがパッと明るくなるような優しく華やかなジュエリーがたくさんあります。
心葉 ルビー&ホワイトトパーズ フラワーブレスレット K10

さりげなくても凛とした様子で目を惹くブレスレット。手元を明るく照らし、優しく華を添えてくれるようなデザインです。リバーシブルで装いに合わせて選べるところもおすすめです。

K18PG ルビー フラワーピアス

愛らしいデザインですが、身に付けるとルビーの深い赤がアクセントになる一品。フラワーのバランスがよく、かわいらしい中にもスッキリとして見える形になっています。

K18YG ピンクトルマリン フラワーピアス

柔らかなピンクで桃の節句にピッタリなピンクトルマリンのピアス。ピンクトルマリンは愛をはぐくむパワーを備えているジュエリーとされ、自分へのご褒美としてもおすすめです。華やかながら、全体的に小さめデザインで肌馴染みの良いピンクなので派手過ぎません。

まとめ

初節句として盛大にひなまつりを祝う機会は少なくても、毎年やってくるひなまつりだからこその楽しみ方がありますよね。花のジュエリーを身に付けながら自身の健康を願い、暮らしの中で季節の行事を楽しんでみてはいかがでしょうか。