近頃ブームのきざしを見せるグレイヘア。60代や70代の女性があえて自然な白髪スタイルを活かし、ナチュラルでオシャレなヘアスタイルを楽しむようになってきました。
早い人だと50代からグレイヘアに挑戦することも。そんなグレイヘアをオシャレに見せるためのコツについて、ご紹介します。
まだまだ白髪染めはやめられないけれど、年を重ねたら素敵なグレイヘアにしてみたいと憧れている方もぜひ参考にしてみてください。

グレイヘアは移行期間が大切!上手に調整する方法

ただ白髪染めを止めるだけで、ナチュラルでオシャレなグレイヘアが完成することはありません。白髪はある日突然、黒い髪が全部白くなるわけではありませんよね。
そのため、白黒まじってまだらになってしまう期間は、染めることを止めない方がいいでしょう。黒髪や茶髪に白髪がまじっていると手抜きをしているように見え、オシャレ度が半減してしまいます。
濃い色が多いのならば濃い色に合わせて染め、白髪が増えてきたら明るいカラーにチェンジします。信頼できる美容師と相談し、白髪への移行期間を上手に調整してみましょう。
時間をかけて似合わせていくことで、徐々にファッションやメイクを変えていくことができます。自分の白髪だけでヘアスタイルが楽しめるときがきたら、誰よりも似合うグレイヘアを手にすることができるでしょう。

染めないだけじゃダメ!グレイヘアを楽しむコツ

ナチュラルなグレイヘアを手に入れても、それだけでオシャレになるわけではありません。ただ、染めない人とグレイヘアを楽しんでいる人はまったく違います。
手抜き感のあるカジュアルなスタイルやスウェットを着用すると、一気に年齢以上に老けて見えてしまうでしょう。選ぶアイテムが重要になりますが、決して難しいことではありません。
質の良い服を選ぶこと、毛玉や汚れのある服は着ないこと、シワのあるくたびれた服を着ないことです。高価な洋服を購入しなくても、服のメンテナンスに人一倍こだわるだけで十分です。
清潔感のある洋服を着ること、汚れや損傷のない靴を履くだけでキチンとした印象は作れますし、さらにキレイなグレイヘアを合わせれば、それだけでハイセンスに見せることができます。
徐々に似合う服を買いそろえ、コーディネートを楽しむことでますますセンスが磨かれていくでしょう。

白髪になると似合うファッションとメイクが増える?

髪の色が大きく変化した分、選ぶ服もガラリと変えてしまってください。髪の色を変えてしまうことで、似合う服やメイクの色も大きく変わるでしょう。
派手だと思っていた色や柄が不思議と似合うようになり、違う自分を楽しめるようになります。髪の色が変わることでパーソナルカラーが変わり、選べる色の幅が広がったという人もめずらしくないのです。
ビビッドな赤やクールな青、個性的な紫がしっくりなじむようになり、今だからこそ似合うファッションやメイクを見つけられる人も多々います。
眼鏡のフレームをあえて個性的な色と形にしてみると、白髪と相まってオシャレに見えるようになるでしょう。
グレイヘアにしたら、ぜひ冒険をしながら似合うアイテムを見つけてみてください。

グレイヘアをより似合わせる!ジュエリーの魔法

グレイヘアをより似合わせるのなら、ジュエリーがあるととても便利です。ファッションとの統一感をもっと持たせたいけれど、派手なメイクはしたくない。そんな時にはピアスが使えます。
たとえばワインレッドのワンピースに同じカラーのピアスを合わせれば、統一感が生まれます。メイクがナチュラルでも、ピアスとワンピースが大人っぽくも鮮やかな印象を与えてくれるでしょう。
美しいグレイヘアがほどよく明るさを足してくれるため、深みのある赤が沈み過ぎることはありません。大人らしいコーディネートを作ってみてください。
K18YG ガーネット ティアドロップ フックピアス

カジュアルスタイルを好む方ならば、小さなネックレスやイヤリングを持っていると便利です。手抜きに見えそうな普段着スタイルでも、ジュエリーを添えるだけで魔法のように、雰囲気はガラリと変わってしまいます。
もちろんヘアスタイルも手抜きをせず、ゆるめのワックスでほどよく整えておきましょう。トップにフワリとボリュームを持たせ、毛先を保湿しておくだけで大丈夫です。
シャツとジーンズというスタイルでも、さりげないヘアスタイルとジュエリーがエレガントさをプラスし、特別な存在に見せてくれます。
K18 ダイヤモンド ダンシングストーン ネックレス

まとめ

グレイヘアを誰よりも似合わせるコツは、実践しやすいものばかり。ナチュラルに白髪を楽しめるようになったら、ぜひファッションやメイクでおおいに冒険をしてみましょう。
髪の色が変わるまでには、どんなファッションにしようか考えながら、ぜひお気に入りのジュエリーを見つけておいてください。まだまだグレイヘアを検討するには早いという世代の方も、ぜひ将来、役立ててください。