ゾクゾクするような美しいレッド。柘榴のようなガーネットでもない、柔らかなピンクのトパーズでもないし、どこかルビーを思わせる強烈な赤。

今回ご紹介する宝石はルベライト!あまり聞いたことがないという方も多いと思いますが、知れば知るほど深い自然のマジックに畏敬の念を抱かずにはいられない、そんな魔法にかかったような美しさがある宝石でした。

トルマリンの仲間!?深紅のルベライトってどんな宝石?

あなたはトルマリンが好きですか?

ガーネット同様に強力なファン層を持っているのがトルマリンです。電気石と呼ばれるように焦電効果、圧電効果を持つ特異な宝石。昨今はブラジル、モザンビーク、ナイジェリアなどで採掘されるパライバトルマリンが世界的な人気を集めていますが、今回ご紹介するのはそれに次ぐ人気と価値があると考えられるルベライトです。

果たしてどんなトルマリンなのか、ここでじっくり解説していきたいと思います。

リチア電気石の一種ルベライトの特徴を見てみよう

ルベライトは電気石、つまりはトルマリンの仲間であることをまず最初にお伝えしておきましょう!トルマリンはケイ酸塩鉱物であり、ホウ素、アルミニウム、フッ素、鉄、マンガン、リチウムなどを含有しており、それらの量と組み合わせの違いで多くのグループに区別されます。

それを詳しく解説するとコラム数回分にまで及ぶので割愛しますが、今回皆さんにお話しているルベライトは、リチア電気石と呼ばれるエルバイトに属する宝石の事です。

トルマリンは緑、黄色に赤、ブルーに様々な色合いを見せますが、ルベライトは真っ赤なルージュを思わせるレッドが特徴!勿論一言でルベライトと言っても、薄いピンクからオレンジ色を帯びた石もありますが、それは含有するイオンの量と種類が異なるのが原因なのです。

ルベライトはパライバトルマリン同様にその産出量が少ないこともあり高価な宝石として認知されています。通常内包物が多く混入していますが、硬度は7~7.5程度と中程度、比較的脆い宝石と言えますが、その美しさを引き出すファセットカット以外にもカボションカットしたルベライトも少なくありません。

ルベライトのカラー発色原因について

トルマリンを特徴づける色は、含有する陽イオンに起因します。ルベライトの深い赤色はマンガンイオンに起因し、その量が多い程まるで静脈を流れる鮮血のような赤色を見せるのです。

なお鉄イオンが含まれる場合も赤い色を見せるものがありますが、マンガン由来のものと比べると、どちらかというとくすんだ赤、赤紫のような色合いが特徴的です。

価値と相場!ルベライトの鉱物的評価はどれくらい?

前述で少し触れましたが、トルマリンの中でもパライバトルマリンに次ぐ評価がある宝石と言えます。ただしどの宝石に関してもそのインクルージョンの有無、色合いの具合によって価値は随分と異なる点は否めません。

価値が高いルベライトというものは、言うまでもなくくすみのないクランベリーの果実を思わせる赤色です。つまりマンガンイオンを多量に含有するトルマリンのこと。

しばしルベライトとピンクトルマリンの相違点を聞かれますが、赤~濃いピンク色までがルベライト、より色味が薄いピンク色を呈するものがピンクトルマリンになります。ルビーとピンクサファイアも区別が難しいですが、同様にルベライトであるかないかでその相場価格も異なってきます。

ただしクランベリーレッドの高品質ルベライトでも同様の色合いを持つルビーと比べると経済的に手にすることができるので、ピジョンブラッドは無理だけど……という方は最高級ルベライトという選択肢をチョイスするのもいいかもしれませんね!
K10YG ピンクトルマリン&ダイヤモンド ネックレス

人気急上昇!リングにピアス、ルベライトジュエリーの楽しみ方

ルベライトはルビーよりもダイナミックにリングやピアス、ネックレスに加工されることが多く、非常に宝飾映えする宝石です。

その存在感を誇示するような攻めた前衛的デザインのジュエリーも多く見かけます。ここでは赤色宝石の中でもレアなルベライトジュエリーの人気の秘密について迫ってみたいと思います。

思わずキスをしたくなるクランベリーレッド!ビビットゴージャスが人気の秘密

恋愛を呼び込む、そんなラブパワーが溢れてくる……。ルベライトの石言葉は「貞節」、「広き心」ではありますが、女性にとっては異性に対しの愛情を育み、そして良縁に繋がる宝石として重宝されています。

ルベライトは前述のようにルビーと言っても過言ではないような深い赤色がゆえ、宝飾品としても非常に人気が高くなってきています。

ファセット以外にも透明度の低い、または多量のインクルージョンを含む宝石に施されるカボションカットを施したルベライトも多く、非常に美しい赤色が、まん丸のカボション中に覗きます。

ルベライトジュエリーを選ぶ方が増えている理由として、まずはルビー様の強いコケモモ色のインパクトが強く、女性の首、耳元、指先を壮麗に彩ってくれること。そして引けを取らない美しさを持っているにも関わらず、お値段も良心的であることが人気の秘密です。

ピジョンブラッドルビーを購入しようとすれば、それこそ定期預金を解約し、更にボーナスをつぎ込むくらいの出費が必要ですが、クランベリーレッドのルベライトであればそこまでの覚悟をすることなしに購入が可能!

特に赤味の強いルベライトレッドは、どんなジュエリーデザインにも映えることは言うまでもなく、シンプルな覆輪止めの指輪にカクテルリング、ピアスやブレスレットなど思った以上に宝飾加工のラインが広いことも自慢です。

ピジョンブラッドルビーを思わせるルベライトのゴージャスな輝きは目で見て、身に着けて楽しめる最高級のジュエリーとして活用できるはず!ルビージュエリーは既に持っているという方でも、ぜひルベライトの輝きと見比べそしてその色合いを堪能してみてはいかがでしょうか?
K10WG ピンクトルマリン ダンシングストーンネックレス

まとめ

あなたはグリーン、レッドもしくはバイカラー、どんなトルマリンに魅力を感じますか?鉱物としても非常に奥の深い宝石で、過去にはその美しき赤色がゆえに、ルビーとして扱われたという興味深い歴史もある宝石です。(レッドスピネルとルビーと同様のストーリーがありますが……。)

ルビーに比べても美しさは引けを取らず、しかしながらその価値はルビーよりも下回るので、赤色の宝石を手にしたいという方はぜひルベライトジュエリーを考慮にいれてみるのもいいかもしれませんね。
K18YG ピンクトルマリン フラワーピアス