本格的な夏を迎え、各地で花火大会が催される季節になりました。

せっかくなので浴衣を着てみようかな、と思っている人もいるのではないでしょうか。今回はこれから新しく浴衣を買おうと思っている人に向けて、自分に似合う柄を見極めるポイントと、おしゃれアップアイテムなどのおすすめテクについて詳しく説明していきます。

浴衣にも合う合わないがあるの?

好みで柄や色味を選ぶ前に、実は浴衣にも似合う、似合わないがあるってご存じでしたか?肌の色や体型別にぴったりの浴衣をご紹介していきますので、基本的な方向性の指標にしてみてください。

肌の色味に合わせてベースを選ぼう!

まずはご自身の肌と相性の良い色味を選んでみましょう。同じような柄でも肌なじみが良いかどうかで顔回りの印象が大きく変わってきます。たとえば少し小麦肌の人や健康的な日焼け肌の人ならハッキリした色味が良く似合います。黒や黄色、紺などの原色カラーはインパクトがあって印象にも残りやすいのでおすすめです。反対に色白さんは基本的にどのようなカラーも似合うので、ご自身の好みに合わせてピンクや水色など淡いものから濃い色まで、おしゃれの幅が広がります。最近では特に白地のものが人気なので、思い切ってチャレンジしてみると良いかもしれません。

体型別でも似合う柄がある!

ベースの色味が決まったところで、次は柄です。まず、ご自身の全体イメージを想定してみてください。身長が高めという人は浴衣も大柄なものを選ぶとスタイリッシュになり、より魅力的な印象を与えてくれます。背の高さを存分に活かし、かっこよく着こなしてみましょう。小柄な人は、小さめで繊細な柄を選ぶと全体的にすっきりまとまって見え、上品さがアップします。もしもすらりとした印象を与えたいなら、ストライプのものを選ぶのがおすすめです。また、ふくよかさを隠したい場合も同じくストライプの縦長効果が相性抜群です。反対にスレンダーな人は全体的に淡いトーンで儚い柄を選ぶと膨張感が増し、女性らしいイメージを演出することができますよ。このあたりは普段着のチョイスにも似てくるお話ですが、せっかく浴衣を買うなら自分の体型と相性が良く、おしゃれに見えるものを選ぶようにしたいですね。

おしゃれ小物で差をつけよう!

さて、新しい浴衣が決まったところでここからはちょっとした小技テクをお教えします。小物をバランスよく取り入れることで、周りと差をつけつつ、おしゃれ度もアップさせることができるので大変おすすめです。アイテム別にみていきましょう。

最近では流行に合わせて、現代的な浴衣や小物が増えています。中でも帯は結び方を変えることで簡単にアレンジすることができるので、浴衣初心者にもとってもおすすめです。最近では帯飾りがお花やリボンなど可愛らしいデザインのものが多く販売されいているほか、レースの帯揚げなどおしゃれの幅がどんどん広がっていますので、迷ったらまずは帯周りのアイテムを検討すると良いでしょう。浴衣の着付けについては造り帯や上下セパレートしているものなど誰でも着やすいよう工夫がされている商品もたくさんありますので、苦手意識がある人はお助けグッズもぜひ視野に入れてみてください。

髪飾り

こちらも比較的取り入れやすいおしゃれアイテムです。髪飾りはお花をあしらったものであればどんな色味、柄の浴衣でも合わせることができます。特に古典柄やレトロな浴衣であれば、かんざしや櫛などを積極的に取り入れると全体のバランスがとてもよくなるのでおすすめです。最近はYouTubeやSNSでもアレンジ方法が紹介されており、簡単に着けることができるので参考にすると良いでしょう。

アクセサリー

ネックレスやピアスなどのアクセサリーは一見浴衣には合わないと思われがちですが、上手に取り入れることで品よく大人っぽさを演出することができます。特におすすめのアイテムはピアスと指輪です。ピアスはまとめ髪アレンジの際に耳元を華やかにしてくれます。特に色石が一粒のものやシンプルなデザインのものを選ぶと派手になりすぎず、バランス良くまとめることができます。また、指先から覗く指輪も華奢なデザインでリングが細いものをチョイスすることで、女性らしさをしっかりアピールできるのでとってもおすすめです。
Pt900 エメラルド ピアス

K10YG オパール リング

バッグ

浴衣を着る際は巾着を持たなければ、と思っている人もいるかもしれませんが、最近では和装にも合うような”かごバッグ”がたくさん販売されています。特に荷物が多くなりがちな人はかごバッグの方が使い勝手が良くて安心ですね。どんな浴衣にも合わせたいのであれば、なるべくシンプルかつ色味がないバッグを選ぶことをおすすめします。もちろん、従来の巾着もデザイン性が高いものや比較的容量が大きいものなどたくさんの種類があるので、気になった人はチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか。
浴衣と聞くと、準備するものが多くて着付けも大変だと思われるかもしれませんが、一年の中でも限られた期間しか着られないからこそ、自分なりのおしゃれをめいっぱい楽しみたいですね。

お友達や恋人とのひと時がより良いものとなるよう、ぜひ参考にしてみてください。