トップスにはネックラインと呼ばれている首回りの形がいろいろあります。
ネックラインの形によって感じる印象は少しずつ違うもの。スッキリとシャープに見えるものや、華やかで女性らしいものなど様々です。
また、人それぞれお顔の輪郭や肩幅などによって似合う形が違ってきます。そしてそれらの中にはネックレスが映えやすいネックラインと合わせにくいネックラインがあります。
今回はネックラインをテーマに、トップスの形ひとつずつを取り上げ比べてみることにしました。

定番のカタチ 「ラウンドネック」と「Vネック」

まずは代表的な形が「ラウンドネック」と「Vネック」です。定番の形なので持っていないという人はいないのではないでしょうか。

ラウンドネック(丸首)

ごく一般的に見掛けるネックラインのひとつ。首回りが丸くカットされているデザインのもの。開きの大きさはデザインによってそれぞれ違いますが、大きく開いているほどネックレスがアクセントとして効いてきます。シンプルな形なので基本的にはネックレスとの相性の良いものが多いです。

Vネック

アルファベットのVの字のように首回りが空いているもの。スッキリとシャープな印象を与えます。Vの形が深くなるほど顔が小さく首が長く見える効果があります。スタイルがよく見えると人気のネックラインです。
デコルテ部分が少しだけ見える、そのバランスが美しいものを探してください。より色っぽさと大人っぽさを表現できるのでおすすめです。
こちらもネックレスとの相性はOK。チェーンの長ささえ意識すれば取り入れやすいアクセサリーです。

シンプルイズベスト 「ボートネック」や「スクエアネック」

次はシンプルですがその中に少し個性を感じさせてくれる「ボートネック」や「スクエアネック」をご紹介したいと思います。

ボートネック

船底の形のように横に広く浅い開きの首回りが特徴のネックライン。露出が比較的少ないため、ボーダーカットソーなどカジュアルなスタイルによく取り入れられている形です。その中で鎖骨がチラリと見えるなど、露出の少なさに反して女性らしさを感じるネックラインです。開きが浅いためチェーンの丈によってはネックレスのチャームを隠してしまいますが、そのさりげなさもステキです。

スクエアネック

シンプルながらかなり個性を感じるカット。首回りが四角に開いて首を長く見せてくれます。丸顔タイプの人によく似合う形で、ピリッと引き締め顔周りがスッキリと映ります。
わりと広めに開いていることが多いスクエアネック。ネックレスが似合いやすいネックラインと言えるでしょう。

次にデザイン性の高いネックライン

次にデザイン性の高いネックラインを一部ご紹介します。「カシュクールネック」や「オフショルダーネック」「キーホールネック」などがあります。

カシュクールネック

着物の前合わせのように前身ごろにおいて生地が左右から交差するデザイン。デザイン性が高く華やかな印象を与えてくれる形です。品の良い抜け感がある形なので大人の女性スタイルにピッタリです。また首回り自体はVネックと近い形になりますので、小顔効果も同じく期待できます。

オフショルダーネック

両方の肩が出るほど深く開いているネックライン。若さを感じる形です。
またドレスなどでも使われる形で華やかな印象が残ります。肩を露出することで女性らしい華奢な雰囲気も感じます。お洋服そのものが全体的に華やかに見えるためワンポイントのチャームネックレスなどがおすすめです

キーホールネック

少し聞きなれないか言葉かもしれませんが、キーホールとは鍵穴のこと。鍵穴の下半分を形にしたラインがラウンドネックにプラスされ切り込まれています。複雑なカットですが、さりげないキーホールネックなどもたくさんあり、最近よく見かけるデザインのひとつです。
一部分だけ切り込みが深く感じられるため、さりげなく女性らしさを際立たせるところが人気の理由。複雑なカットのためペンダントはシンプルなものがおすすめです。

冬の定番「ハイネック」や「タートルネック」

最後にご紹介するのは冬のイメージがあるネックラインです。「ハイネック」や「タートルネック」などがあります。ハイネックはサマーニットにも使われる形です。

ハイネック

ハイネックは襟を立たせたネックラインのこと。その襟は折り返すことなくコンパクト。
きゅっと締まったバランスはワイドなボトムスとも高相性です。
首は詰まっていますが、形はシンプルなためチェーンの長いネックレスなどは合わせやすいですね。

タートルネック

日本では昔からとっくり襟と呼ばれ親しまれてきた、定番で人気のあるラインのひとつ。立てた襟を折り返して着用することが多い形です。
色によっては顔が膨張して見えることもあるので気を付けなければいけませんが、やはり暖かいため寒い季節を中心に大人気の形です。どうしてもお顔の大きさが気になる場合は「オフタートルネック」という折り返す立て襟が少し顔から離れたものもあるので、そちらを選ぶとよいかもしれませんね。
またこのネックラインは首元にボリュームが出るため、ネックレスは不向き。スッキリと縦に伸びるラインのピアスやコンパクトに耳に寄り添うピアスなどのアクセサリーの方が合わせやすいと言えるでしょう。

いかがでしたか。一般的によく見かけるネックラインを取り上げましたが、実はもっとたくさんのネックラインが存在します。お洋服のデザインは無限。それと同じくアクセサリーのデザインも無限です。
その組み合わせを考える楽しさはオシャレの醍醐味なのかもしれませんね。