鉱物という2文字から想像できるもの、きっとそれらはガラス光沢のクォーツやアメジストなどのクォーツを思い浮かべる方も多いはず。
ジュエリー、パワーストーンに原石、その楽しみ方はそれぞれですが、今回はその中でも特に希少で珍しい水入り水晶についてまとめていきたいと思います。

水入り水晶とは?なぜクォーツに水が入るの?

水入り水晶……、もはや説明することなく想像できるはず。そう、水晶内に水分が封入された水晶の事ですね。

玄人の好奇心を刺激して止まない水入り水晶、はたしてどんな過程を経て水入り水晶が生成したのかを一緒に考えていきましょう。

水入り水晶、英語名ウォーターインクォーツの不思議

水入り水晶は、英語ではウォーターインクォーツ名でも市場に流通しています。水入り水晶はその珍しさからも非常に高価で取引されるマニア向けアイテムであると共に、太古の液体を含んでいるというロマンからパワーストーンのビーズとしても珍重されているのです。

なぜ水晶などの鉱物に水分が入り込むのかという理由については明確な答えを導き出すのは難しく、通常2通りの定説があります。

まずはその鉱物が熱水の中で育成される中で、水分が閉じ込められたという説です。つまりは数千また幾億年というスパンのどこかで、結晶内に隙間がある場合に水が入り込み密閉されると水分入りの水晶になります。

それ以外に考えられる説は水晶が形成された後に、鉱物内に点在する細い孔を経由して雨水等が後天的に入り込んだものが考えられますが、どのような過程で水分が封入されるかは太古のロマンのせいにするのが一番適切なのかもしれませんね!

よく見られるケースとしてはロッククリスタル、アメジストなどに水が封入されたケースです。ただし必ずしも目に見えてわかるような水の動きを呈するという訳ではなく、言われてみなければ実感できない液状インクルージョンである場合も少なくありません。

しかし中にはその水分の動きをハッキリ確認できるレベルのもの、気泡が間隙に見られるもの、または炭素などのインクルージョンと共に水分が存在しているものなど興味深いヴァリエーションもいくつか見られます。

なおこの水入り水晶は前述の通りパワーブレスとして加工されたり、丁寧に研磨され水分の動きを目視できるようなリング、ペンダントとして売られることも少なくありません。

水入り水晶の偽物は存在する?!

水入り水晶の偽物がある、という噂を聞いたことがありますが、基本的に合成されたクォーツは存在していても、水入り水晶に限ってはその偽物の存在は疑問符がつくばかり。

つまりドリル等で穴を開けて水分を入れたとしても、自然にそれらが密封された環境が保持されなければ水分はいずれ蒸発してしまうはず。樹脂などでうまく蓋をしたとしても空気に触れる環境であれば水分を保持できない為、水入り水晶の模造宝石はないと考えられています。

天然石の証!オイルインクォーツもおさらいしてみよう!

水が封入される場合があるのなら、油分が含入されることもあるのかも……。という訳で、同じ水分は水分でも石油が入っている水晶も勿論存在しています。

水分以上に神秘的と言われるその理由は、オリーブ色のオイルがUVライトの紫外線に反応し、それは眩いブルーに輝くからです。美しく蛍光を発する性質は水入り水晶では確認できない特性であり、未知なるロマンを感じると鉱物マニアだけでなくファンタジー世界に夢を託す人々にも人気を博すことは言うまでもありません。
K18 アメジスト ピアス

飲めるの?水入り水晶の水を試飲したくなる人続出の訳

水分が入り込んだ水晶と聞いて、やっぱり気になるのが「それって、もしかして飲めるのかな?」という好奇心。

実際水晶を勝ち割って水分を舐める方はいないと思いますが、ここでは水入り水晶の中にある水分の謎について考察していきたいと思います。

結晶内の水分に不老不死の伝説あり

不老不死……、誰もが美しい姿のまま永遠の命を得ることができる時が来たのなら、それこそ人類の夢は叶います。しばし水入り水晶の中に閉じ込められた水分は、中国において不老不死に繋がる秘薬になるとの伝説が語り継がれてきました。

勿論科学的根拠は一切なく、太古の昔に育まれたという悠久のロマンが永遠の命と結び付けられたことは明白です。

なお中世には水晶内の水は、創造主が世界を作った時から結晶内に存在していると考えられたこともあり、貴石以上に高い付加価値を生んだこともありました。

水晶内の水を飲んだ際に起きること……

実際結晶に封入された水分はどんな成分なのか?という論点で解説していくと、珪素が含まれた水ということが分かっています。

なお日本でも珪素を含んだミネラルウォーターなどが販売されていますが、まず警告として水入り水晶内の水分は飲用ではないことをはっきりさせておきましょう。

ミネラルウォーターとしても流通するような成分ならば安全と思われますが、果たしてどの程度の珪素が含まれているのか、他にどのような成分で構成されているのかを明確にできない為、それを口にすることは大変危険です。

伝えられるところによると水晶内にある水分を好奇心に駆られて飲み、命を失ったということも聞きます。その真偽は不明ですが、やはり実際それを飲むことは推奨できません。
K18YG ローズクォーツ ティアドロップピアス

まとめ

今回は興味深い水入り水晶のお話をしてみました。普遍的で多くの方に馴染みがある水晶ですが、まさか水分が含入する場合もあったんですね!

もしクォーツの結晶などがある場合は、ぜひ細部まで目を細めて観察してみましょう。そこに数千年前に育まれた物語を見ることができるかもしれません。ただし水分を見つけた場合に関して、くれぐれも飲みたい欲求に駆られても、あくまで観賞用として楽しんでくださいね!