ウェディングドレスやお色直しのカラードレス、和装も♪など、結婚式や披露宴に何を着るかはじっくり考えていたけれど、そういえば二次会は何を着るか?まだコーディネートを決めていないというプレ花嫁さん。二次会におすすめのコーディネートと、合わせるジュエリーをご紹介します。
まったく考えていなかった!と言う方はもちろん、服は決めたけれど、スタイリングに迷っている花嫁さんもぜひ参考にしてくださいね。

二次会花嫁にこそ、ジュエリーが必要な理由

花嫁の二次会コーデはさまざま!披露宴と変わらないドレスを着る人もいれば、裾を引きずらないロングドレスを着用する人、ミニウェディングドレスやカラーワンピースなど、会場や二次会の趣旨によって衣装も異なります。
ただし、何を着るにしても花嫁らしい装いにジュエリーは必要です。フォーマルなドレスにはやはりジュエリーがないと手抜きコーデに見えてしまいますし、カジュアルな装いならばゲストと紛れてしまい、せっかくの主役が目立たず、お祝いの言葉をかけてもらえないことも。
二次会から参加するゲストの中には、花嫁と初めて会う方もいます。そのような人たちにも分かるように、花嫁らしく装うのもマナーです。
花嫁をよく知る友人たちは、どんなコーデをするのか楽しみにしているはず。失礼のないようにと、お祝いの席にふさわしく、めいっぱいオシャレしてきてくれる女性たちもいます。
ノーアクセサリーや雑貨店で購入した安いアクセサリーでは、花嫁らしいオーラを放つことは難しいもの。二次会であっても、集まってくれるゲストのために、ぜひ花嫁にふさわしいジュエリーでキチンと装いましょう。

二次会にふさわしいジュエリーとは?具体的コーデを考案!

二次会花嫁のシーンとドレス別に、お似合いのジュエリーを考案します。

ホテルでドレスを着用したパーティー形式の二次会

夕暮れからの二次会なら、キラキラした大振りのジュエリーを選んでみてください。昼は控えめでも、夜は華やかなジュエリーをつけるのが正装です。場所もホテルや格式のあるレストランであれば、女性はいっそう華やかに装うもの。花嫁もゴージャス感のあるジュエリーを身につけましょう。

カジュアルなレストランでミニドレスやワンピース

カジュアルなパーティー形式の二次会で、ミニ丈のウェディングドレスや白いワンピースで花嫁コーデを作るのならば、ジュエリーはシンプルなものでも大丈夫です。
定番のパールのネックレスやピアスも似合いますが、あえて好きなカラーを合わせるのもおすすめです。ミニドレスにデニムをはおり、ターコイズを合わせて個性的に。または淡いカラーのジュエリーをつけ、ホワイトコーデにアクセントをつけてもいいでしょう。
二次会だからこそ、遊び心のある花嫁コーデを楽しめるもの。ぜひ、自分らしいコーデを考えてみてくださいね。
K18YG ピンクトルマリン フラワーピアス

カラードレスを選ぶなら?

カラードレスならば、ジュエリーもカラーをそろえると、相乗効果によって存在感が増します。身に着けたいジュエリーを選び、似合うドレスを選ぶなんてコーデの仕方もオシャレで素敵なもの。お気に入りのカラーを身に着け、ハッピーな二次会を楽しみましょう♪

二次会ジュエリーは自分へのプレゼント!おねだりもアリ?

二次会に身に着けるジュエリーは、独身の自分から妻となる自分に贈る思い出のプレゼントとして選ぶのもおすすめです。結婚後は家計を共にし、自由にジュエリーを買う機会も少なくなるかもしれません。そんな節目に自分へのジュエリーを贈り、二次会のコーディネートに加えてみるのもおすすめです。
結婚式に身に着ける華やかでフォーマルなジュエリーは、普段は身に着けることができないものです。ですが二次会用ならば、これから先も利用できるデザインのため、決して贅沢過ぎるプレゼントには値しません。ささやかで記念になるような品を選んでみてください。
もちろん、旦那様となる彼におねだりしてみるのもアリです。独身最後のプレゼントとして記念のジュエリーをいただくのも素敵ですよね。結婚後にも身に着けることができるから、ジュエリーを身に着けた妻を見る度、幸せな二次会を思い出してしまうでしょう。
ご両親やきょうだい、親友からプレゼントしてもらうというのもアリです。この場合におねだりするのはさすがに失礼なため、「お祝いしたいけれど、何か欲しいものある?」と聞かれたときにリクエストしてみましょう。
二次会に身に着けるジュエリーなら、贈りがいもあるもの。特に女性同士なら、一緒にコーディネートを考えながら、どれがいいかを選ぶ楽しさもあります。遠慮のいらない気さくな仲なら、具体的な品物を指定された方が嬉しいものです。それが便利な生活用品ではなく、夢のあるジュエリーなら、一生の思い出として残すことができます。

挙式や披露宴だけでなく、二次会のコーディネートだって完璧なものにしたいもの。ぜひ、ジュエリーを添えて、一生忘れられない思い出を作ってくださいね。