永遠の輝きにうっとり、ダイヤモンドは女性の憧れです。その透明感こそダイヤモンドの魅力ですが、実は様々なカラーヴァリエーションがあることでも知られています。今回はカラーダイヤの中で、特にシックな大人の魅力があるブラックダイヤモンドに注目!

オニキスとはまた異なる黒いダイヤモンド、気になるその生成の秘密から、ダイヤモンド評価まで、今回はブラックダイヤモンドの魅力を解説していきたいと思います。

何で黒くなる?ブラックダイヤモンドの秘密と希少価値

ピンク、イエローにブルーダイヤモンド、様々な色合いを見せてくれるカラーダイヤモンド。その中でも異色の存在感を誇るのがブラックダイヤモンドです。

ここでは誰もが気になるダイヤモンドが黒くなるその理由、そして市場価値という観点からその魅力を考察していきたいと思います。

ブラックダイヤモンド生成の謎

ブラックダイヤ、昨今特に人気を集めているカラーダイヤモンドの一つです。ダイヤモンドに限らず鉱物が何かしらのカラーリングを呈するには、様々な要因が考えられますが、ほとんどの場合は含有する元素とその組み合わせ、割合に由来すると考えていいでしょう。

今回ご紹介するブラックダイヤモンドの黒さの秘密は、黒鉛、鉄鉱石等の内包物がダイヤモンドそのものを黒く見せているからです。

ただしそれらのインクルージョンがきれいな黒色を見せる確率は低く、ブラックダイヤモンドに分類されるその多くは、まばらな黒色、まるでシミ・そばかす肌のような状態だということはあまり知られていません。

ブラックダイヤは希少価値がある?それとも?

ブラックダイヤモンドはしばし工業分野に多く使われ、宝飾品としてはあまり利用されないということを聞いたことがある方も少なくないはず。

ファンシーカラーダイヤモンドの1つではありますが、漆黒のダイヤモンドを覗いてみても、あまりファンシーなキラキラ感は感じません。しかしカラーダイヤモンドが注目を集めるようになり、味わい深い黒色がジュエリーにも利用されるようになっていきました。

質の悪いブラックダイヤモンドは前述のとおり、主に工業用途で利用されていますが、天然のものでムラの無いブラックダイヤモンドは非常に高い価値を誇ります。しかし天然で高品質なブラックダイヤモンドが産出されることは稀で、その多くはトリートメントと呼ばれる加熱、照射処理を行い美しいブラックを引き出す場合がほとんど。

ある種の人口処理を行ったブラックダイヤモンドもそれなりの価値を誇りますが、化学処理が一切ないブラックダイヤモンドは大変高額な値段で取引されています。

もちろんこれらの情報は宝石鑑定機関によって発行される鑑別所に記載されているので、ブラックダイヤモンド購入を考えている方はチェックしてみてくださいね。

なお世界でも有名なブラックダイヤモンドは、インド原産のオルロフのブラックダイヤモンド。様々な言い伝えが残るブラックダイヤモンドは、67.5カラットの巨大ダイヤでロシアの王女二人の手に渡った後は、ダイヤモンドディーラーによって分割され、現在はアメリカ自然史博物館、ロンドン自然史博物館に所蔵されています。

大人のメタリックブラック!男性、女性、ユニセックスに人気の秘密とは?

黒く輝く宝石として代表的なものは、オニキス、ブラックスピネルにブラックサファイア、過去にさかのぼれば、マルカジットと呼ばれる六面体にカットした鉄鉱石などが挙げられます。

しかしこれらの鉱物を差し置き、ブラックダイヤモンドが人気を集めるその訳は、漆黒の表面に光が当たることで見せる鈍い反射。

ここでは大人の男女が思わず身につけたくなる、そんなブラックダイヤモンドが映える理由についてお話したいと思います。

メンズジュエリーにブラックダイヤモンドがピッタリ!?

光物にあまり関心を示さない男性陣にも大きな支持を集めている宝石、それこそがブラックダイヤモンドに他なりません。ダイヤモンドという宝石の王様を身に着けているという自負、そして派手すぎない、煌びやかすぎない、そんなシックで控えめな輝きがメンズに受けているのです。

ダイヤモンドのような宝石に興味はあるけれど、無色透明、または他のカラーダイヤはフェミニンすぎるという男性が、シンプルそしてスタイリッシュに楽しめる。結婚指輪にブラックダイヤモンドをセッティングしたり、はたまたブラックダイヤのピアスでニヒルにオシャレを楽しむ男性も増えています。

また石言葉「至宝の輝き」が示すように、仕事の成功や何者にも屈しない力を、漆黒のブラックに託す男性も少なくありません。
Pt900 ブラックダイヤモンド 一粒ピアス

オシャレな貴女にオススメ!コーディネートのし易さが自慢

ブラックダイヤジュエリーはリングだけでなく、ビーズネックレスも非常に人気が高くなっています。(特にブラックダイヤのビーズネックレスは、ブラックコーディネートに映えるんです!)黒い宝石はちょっと使いにくいかも、と思う方もいるかもしれませんが、実は正反対!

実際はコーディネートの幅も広く、なおかつブラックダイヤモンドというオリジナリティーが女性をより妖艶に見せてくれるもの。小粒のカラットでもついつい目が行ってしまうそんな存在感、そして他のリング、ネックレスとの重ね付けにも大活躍!

ダイヤモンドの評価要素クラリティー(透明度)こそブラックダイヤでは図ることができませんが、そのオリジナリティーの高さと官能的な黒い輝きは、付けた者にしかわからない魅力があるのです。

まとめ

様々なジュエリーデザインにブラックダイヤモンドが利用されるようになってきて以来、その人気は鰻登りに上がってきています。

好みがはっきり分かれるカラーダイヤモンドではありますが、一度工業用ダイヤモンドという概念を捨て去り、まずはブラックダイヤモンドの唯一無二の輝きをあなた自身で確かめてみてほしい。

世界のセレブリティーが夢中になるその理由、あなたもきっとそのハートで思い知ることでしょう。
K18YG ブラックダイヤモンド ピアス