ジュエリーやアクセサリーを贈ろうと考えているのであれば、「誕生石」が留められたジュエリー・アクセサリーは選択肢の一つですよね。ルビーやサファイア、エメラルドやダイヤモンドなど、輝き華やぐ宝石はプレゼントとして、贈られたのであればとても嬉しくなってしまいます。12月にそれぞれ当てはめられた誕生石ですが、もし贈るとすればどのような選び方をするのが良いのでしょう?

贈られる方の誕生石に合わせて

誕生石を誕生日に贈る

 一番スタンダードな選び方は、贈られる相手の誕生月の誕生石を選ぶということです。1月であればガーネット、5月であればエメラルドなど、月によって変わる誕生石はとてもパーソナルなもので、着けているだけでお守りのような存在となってくれそうですよね。もう既に持っているという方にも、持っているアイテムとは別のアイテムを選ぶことで、同じブランドでなくとも統一感が生まれ、毎日着けたくなるような特別なジュエリー・アクセサリーとなることでしょう。誕生石は1月に1石ではなく、2石以上ある月もあるので、例えば10月の場合はピンクトルマリンを持っているのであればオパールを贈るなど、異なる誕生石を選んでみるのもひとつですよね。
K10PG ガーネット ダイヤモンドネックレス

異なる国の誕生石を選ぶ

 そしてもう一つ、異なる国の誕生石を贈るということもユニークで素敵です。実は誕生石というのは国によって異なっており、同じ月でも異なる誕生石が当てはめられていることもあるのです。元はアメリカが誕生石を制定したのが最初で、そのあとにフランスやイギリス、日本などが、国のカラーを反映した誕生石を制定したということなんですね。日本の場合、翡翠(ひすい)や珊瑚が誕生石として定められていますが、これは自国で産出する宝石だから取り入れられたと言われています。
 話を戻しまして、同じ月でも異なる誕生石があるということですが、例えば3月の誕生石はフランスではアクアマリンではなく、ルビーであり、アクアマリンは10月の誕生石と定められているのです。好みの石でなかったり、少しヒネリを加えたプレゼントをということであれば、他の国の誕生石をチェックしてみても良いかもしれませんね。好きな国があれば、その国の誕生石を贈るのも素敵です。
K18YG ルビー ハート ピアス

贈る月に合わせて

 誕生石は贈られる方の誕生月に基づいて、というのが一般的な選び方ですが、誕生石の楽しみ方はそれだけではありません。
 特におすすめをしたいのが、誕生日プレゼントではない何気ない日のプレゼントや、記念日などの特別な日のプレゼントとして、その月の誕生石を贈るということです。結婚記念日が2月であれば深みのあるワインカラーが艶やかなアメシストを、12月のクリスマスプレゼントには夜空を思わせる深い青のラピスラズリを。自分の誕生石でなくてもとてもロマンティックであり、そしてその宝石を見るたびに贈られた時の情景を思い出すことでしょう。宝石をすでにたくさんお持ちであれば、誕生石を月ごとに、お洋服を変えるように変えるという楽しみ方もできるので、いつ贈りたいかによって誕生石を選んでみましょう。
K18YG ラピスラズリ フープピアス

宝石言葉を添えて

 誕生月に基づいた選び方以外で、もう一つおすすめなのが宝石言葉で選ぶということ。宝石は色味やカットなど、外観的な印象で選んでしまいがちなのですが、その宝石に込められた思いや言葉に注視してみることで、その宝石の魅力が再発見できるはず。
 内側から滲むような輝きが心惹かれるパールは、健康・長寿・富を石言葉に持ちます。いつまでも健やかに、共に生きたいと願うパートナーに贈る最上の言葉ではないでしょうか。仲睦まじい二人の関係をと願うのであれば、夫婦間の愛・幸せを石言葉に持つ、テリのある明るい緑が美しいペリドットを贈るのも素敵ですね。ブライダルで贈るダイヤモンドは4月の誕生石ですが、「純真無垢」という宝石言葉が、花嫁に相応しい言葉の輝きも併せ持っていますね。まだ結婚は先というカップルでも、二人の将来を考えているのであれば、ダイヤモンドも素敵な選択肢の一つになることでしょう。
K18YG アコヤ真珠 ロングピアス

組み合わせて

 誕生石の様々な選び方をご紹介してきましたが、どうしても一つに絞れないという時には組み合わせて贈ってみてはいかがでしょう?一つは誕生月から、もう一つは石言葉から選んでみることで、サプライズ感の溢れる特別なプレゼントとなることでしょう。また、一つのアイテムにいくつかの誕生石を組み合わせたデザインのジュエリー・アクセサリーもあるので、お気に入りのデザインを見つけてみるのも選ぶ楽しさとなります。
 例えば、7色の誕生石をあしらったアミュレットネックレスは、ラテン語で「加護」を意味する「Amuletum」が語源であり、身に着けると厄を払い幸運をもたらすと言われるなど、デザインの美しさはもちろん、組み合わせによって意味が変化するのも面白いですよね。組み合わせる石の選び方としては、一つの石を強調させたい場合はダイヤモンドのメレの入ったデザインを選ぶと良いでしょう。ダイヤモンドならではの輝きが、誕生石本来の美しさを引き立たせ、より洗練された印象となります。
 気持ちを込めるに相応しい誕生石のジュエリー・アクセサリーはjewelry ROLAで。目を、そして心惹かれるアイテムと出会えるはずです。
K18WG アミュレット フープピアス