こんにちは。
大学生になると、時間的にも余裕ができ、その分アルバイトなんかもできるので金銭的にも余裕が出ますよね。さらには、年齢に応じてお酒も飲めるようになったりと、少し大人になった気分になることも多いでしょう。
そんな大学生の皆さん、大切なことを忘れてはいませんか?貴方をここまで育ててくれた、お母さんへの感謝の気持ち、しっかり持ち続けていますか?
今年の母の日は、日頃は恥ずかしくて伝えることができない感謝の気持ちを伝えてみませんか?そこで、今からお伝えする内容は、そんなお母さんに感謝を伝えるための、「大学生の母の日プレゼント予算」についてです。

この文章を読むことで、きっとあなたは、お母さんへの感謝の気持ちを伝えるために、まずはお金を準備しよう!と母の日が待ちきれなくなることでしょう。

母の日のプレゼントは必要?

母の日は、日々の「ありがとう」をしっかり伝えることが何よりも重要。だから、プレゼントの有無はあまり関係ない!
という考えの方が多いのではないでしょうか。実際に、世のお母さん方も、母の日にプレゼントを貰いたい!と強いこだわりをもっているわけではないでしょう。
しかし、世のお母さん方が、母の日にプレゼントを期待してないからこそ、プレゼントを贈る効果は絶大。とっても喜んでくれることでしょう。そして、貴方からの感謝の気持ちを、ひしひしと感じること間違いありません。
ですから、母の日に感謝を伝えたいのであれば、プレゼントは贈るに越したことはないんです。
また、大学生であればアルバイト等でお金を貯めることは容易いですよね。高価すぎるプレゼントは必要ありませんが、気持ちばかりのプレゼントを用意してみましょう!

大学生が贈る、母の日のプレゼント予算は?

予算は5,000円~10,000円が適当でしょう。
なぜならば、母の日の感謝の伝え方として、毎日ご飯を作って育ててくれているお母さんに、一食美味しいディナーをご馳走する、というものをよく耳にします。特別なレストランでディナーをご馳走するとなると、ざっくりこのプレゼントと同様の価格帯となるでしょう。
ですから、ディナーの代わりに、今回の母の日はプレゼントを贈ろう!と考えるのであれば、ご飯と同様のこの価格帯が適当でしょう。
いつもより少しアルバイトを頑張ってみたり、1つくらい飲み会を我慢することで、捻出できる価格ですよね。長年の感謝を伝えるために、母の日のためにお金をしっかり貯めましょう!

大学生が贈る、母の日のオススメプレゼントは?

ずばり、「ピアス・イヤリング」です。
なぜこれがオススメなのか、順に説明致します♪

母の日のプレゼントの定番はフライパン、包丁、エプロン等ですよね。
それらはすべて、「母親」としての貴方のお母さんが喜ぶものです。しかし、考えてみてください。貴方のお母さんは、母親である前に、一人の女性です。貴方はもう大学生。あと少しで社会に羽ばたいていきます。この事実は、貴方のお母さんの「子育て卒業」も意味します。
このタイミングの母の日だからこそ、お母さんの「子育て卒業」へのお祝いの気持ちも込めて、お母さんの、女心をくすぐるプレゼントが粋ですよね。「母親」としてのお母さんが喜ぶプレゼントではなく、「女性」としてのお母さんが喜ぶプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。

そこでオススメが、アクセサリー。中でも、ネックレスなどは、「子育て期間」でも付けているお母さんが多いですが、イヤリングやピアスは、少なくないでしょう。
ですので、「ピアス・イヤリング」が、大学生が贈る母の日のプレゼントにピッタリといえるでしょう。

母の日のプレゼントにピッタリの「ピアス・イヤリング」は?

では、どんなデザインの「ピアス・イヤリング」が良いのでしょうか。
今回の母の日の目的は、「女性」としてのお母さんを喜ばせることですよね。つまり、女心をくすぐるようなデザインが良いといえるでしょう。

そこでオススメなのが、揺れるデザインのものです。耳元で綺麗なジュエリーが輝きを放って揺れていて、女心をくすぐられないことは、まずないでしょう。
K10YG スーパーキュービックジルコニア ピアス

こちらの商品ですと、お母さんの年代でも使いやすい派手過ぎないデザインである上に、揺れるデザイン、且つ、予算内にも収まりますよね。

まとめ

今回は、母の日に、大学生が贈るプレゼントの予算について主に考えてみました。
貴方が産まれたときから、お母さんはずっと貴方を愛し、育ててくれました。大変なことも、眠れない夜もあったでしょう。それでも、力強く貴方を育てたお母さんに、今年の母の日こそは、想いを伝えてみませんか?
素敵な「ピアス・イヤリング」を贈ることで、きっとお母さんは、「子育て、頑張ってよかった。」と心の底から感じるでしょう。
この記事が、貴方と、そして貴方のお母さんにとって幸せな一日のきっかけになれたら幸いです。
しっかり「ありがとう」を伝えてみてくださいね。