エメラルド、その深い緑林を思わせる色合いは多くの女性たちを魅了しています。メディアでもエメラルドは度々取り上げられますが、今回はエメラルドと何かと比較されがちなグリーンベリルについてお話したいと思います。

さてエメラルドとグリーンベリル、同じ仲間であっても実はこんな相違点があったのです。

グリーンベリルとは?エメラルドと別つ緑色の違いを解説

各国王室のロイヤルジュエリーには必ずといっていいほど大粒の、それはアップルキャンディーのようなエメラルドが鎮座しています。皆さんも大なり小なりエメラルドをあしらったジュエリーをお持の方も多いことでしょう。

透き通るエメラルドグリーンが美しいエメラルドですが、同じ緑色のベリルであってエメラルドとは異なる宝石があるのをご存知でしょうか?

ここではエメラルドとその仲間の一つであるグリーンべリルとの違いについて解説していきたいと思います。

エメラルドとグリーンベリルは緑系ベリルの異なる宝石

緑色系列の宝石と言えばグリーントルマリン、デマントイドガーネット、ペリドットにモルダバイト……挙げれば切りがありませんが、その中で王道の人気、美しさを持つものはやはりエメラルドです。

エメラルドという宝石はベリリウムとアルミニウムを含むケイ酸塩化合物で、その鉱物種はベリルに属しています。つまりベリルの中の緑色に輝く宝石がエメラルドなのですが、実はグリーンなのにエメラルドになれない子もいるのです……。

そう、それが今回の主役のグリーンベリルです。まず明確にしておかなければならないことは、エメラルドとグリーンベリルは同じ鉱物種であり、同じような緑色であるにもかかわらず、独立した別個の宝石として扱われるということ。

なぜ同じ色を分かち合うのにエメラルドとグリーンベリルの分かれるのか、事項でその秘密を解説していきたいと思います。

グリーンベリルとエメラルドを分ける境界線は金属イオン!

まずグリーンベリルもエメラルドもピンキリありますが、非常に美しい宝石であることには変わりありません。ベリル属であることも変えようがない事実なのですが、何故同じ鉱物で別々の宝石になるのかのカギは発色原因にあります。

まずエメラルドの主張の強いグリーンはクロムが含まれていることに起因します。産地によっても異なりますがコロンビア産はクロム発色の緑ですが、最近人気が出てきているザンビア、中国産エメラルドはバナジウムによる発色です。

つまり基本的なエメラルドの発色要因は金属イオンとしてクロムまたはバナジウムが関与している石のことを言います。

しかしグリーンベリルはといいますと……、クロムの発色要因ではなく基本的に鉄イオン(二価、三価)が含有することで緑色を呈するようになるのです。(バナジウムが含まれることもあります。)

グリーンベリルとエメラルドの違いはその淡いグリーンの色合いにあります。基本的にグリーンベリルは黄色トーンが含まれたライトグリーンといえばいいでしょうか、ペールグリーンが特徴的で、コマーシャルネームとしてミントベリルまたはライムベリルと呼ばれることも少なくありません。

素人目で見てもエメラルドグリーンというよりは、もっと爽やかな色合いですが、中にはグリーンベリルの緑色なのにクロム由来の鑑定書があるからエメラルド!というケースはしばし報告されています。

エメラルドもグリーンベリルに関してもいえることですが、その発色は含まれる金属イオンそしてその濃度によってかなり幅があることを忘れてはなりません。くすんだ灰色に若干グリーンの影を落とすようなグリーンベリルはカボションにカットしてブレスレットへ、そして目を見張るようなペールグリーンの宝石品質の石はファセットをつけてジュエリーに加工されます。

なお質の低いグリーンベリルは500度前後で加熱処理を加えることで色のはっきりした空色のアクアマリンができあがることも覚えておきましょう。

K10WG エメラルド ダイヤモンドネックレス

気になるエメラルドとグリーンベリルの価値の相違を考察

エメラルドはベリル属の中でも圧倒的に高価な価値を誇りますが、果たしてグリーンベリルの価値はどの程度のものなのでしょうか?

お金の価値だけで測れない魅力、それが宝石としての愛で方、本質ではありますが、やっぱり気になる!ということでその評価についてもお話していきます。

宝石としてのバリューは圧倒的にエメラルドの勝利

ベリル属の中ではレッドベリルという気高いラズベリーレッドの色合いを持つ宝石が非常に高く取引されますが、その次に高価なベリルは勿論エメラルドです。

何度もいうようにその含浸処理の度合いやインクルージョン、カラットに産地でその評価額は異なりますが、最高品質のGota de Aceiteと呼ばれるコロンビア産エメラルドはルースだけでも1000万以上するものも少なくありません。

基本的にエメラルドはコロンビア産が非常に価値のあるものと認知されています。

透明質の色が濃いグリーンベリルは高価で取引

グリーンベリルの評価ポイントは透明度が比較的高く、その色合いがクリーンで濃い石です。そして忘れてはいけない人為処理が施されていないもの。

実際グリーンベリルと評価される宝石であっても、ほぼ無色に近い石からそれこそ澱んだネズミ色のような石まで様々ですが、グリーンベリルが高く評価されるには特にそのカラークオリティが重要になります。

エメラルドに比べるとやはり価値は随分急降下しますが、それでも宝石質の色が良いものは数カラットのルースでも数十万で取引されることがあります。

Pt900 エメラルド 1.6ct 一粒 ピアス

まとめ

知れば知るほど面白くなる、それがエメラルド、グリーンベリルを要するベリル属です。

今回は同じベリルの異なるグリーン系宝石を取り上げてみましたが、エメラルドとは異なる緑色を持つグリーンベリルも評価、価値では測れない美しい魅力があることを忘れてはなりません。

「あっ、こんな澄んだグリーンなんだ!」と思わず関心するグリーンベリルも少なくなく、意外にもリングやピアス、イヤリングに加工されることも多いので、ぜひグリーンベリルもあなたの宝石箱のコレクションに加えてあげてくださいね!